schema.orgとは

schema.orgとは、HTMLへのマークアップにより、Googleなどの検索エンジンに正確な情報収集としてもらい、ユーザーが得たい最適な検索結果を提供するものです。

例えば調理のホームページに使う場合、構造化データを使ってレシピコンテンツをGoogleなどの検索エンジンに使えて、ユーザーがレシピを見つけやすくするように使える役割を担っています。調理の時間や準備時間、栄養成分、レビュー投稿者の評価などの、ユーザーが知り合い情報を提供します。提供すると、Googleなどの検索エンジンがレシピを近いしやすくなり、ユーザーが得たい情報内容で表示ができるようになります。

HTMLでは伝えきれないさらに詳しい情報を、マークアップによりクローラーに伝えることを目的としたものです。

schema.orgの3つの記述方法

schema.orgの記述の方法は、3つの方法があります。JSON-LD、RDFa Lite、microdataの3つがあり、Google推奨しているのがJSON-LDです。JSON-LDを使った構造がデータが最適と言われており、様々なマークアップ種類があります。どのようなマークアップ種類があるのか、以下にご紹介致します。

企業や組織

公式サイトにて企業の構造化データをマークアップすることにより、企業名をユーザーが検索した際にGoogleナレッジパネルに連絡先の情報が表示されるようになります。また、ロゴマークや業種、対応地域、電話番号などの伝えたい追加情報の表示も可能です。

記事

ニュース記事やブログ投稿、技術記事などの区別が可能となります。ニュースの項目や調査報告書の一部を含むことができるので、わかりやすい記事表示とすることができます。

ハウツー記事

近い将来には、ハウツー構造化データによりハウツー記事のマークアップが出来るようになります。ハウツー用の準拠した新しい構造化データが、ワードプレスブロックエディターにはあります。そのため、段階的なプロセスに従うことにより、簡単にハウツー記事のマークアップが可能となります。

イベント

正しいEVENTでイベントリストをマークアップすることにより、イベントを検索エンジンが検索結果に直接表示することがあります。ナイトクラブや海上、定期的なイベント開催の場合、構造化マークアップによりイベントを検索結果へつなげることができるので、便利です。

求人情報

求職のウェブページに求人情報の構造化データを追加することにより、リクルートや採用に関する検索に対応できるSEO対策が可能となります。雇用形態や勤務時間、給与、勤務条件などの追加したい情報を含めることもできます。

本、書籍

本や書籍の構造化マークアップにより、タイトルや作成や、受賞した賞などの伝えたいプロパティの種類のマークアップができます。本の表紙だけでは表すことができない、伝えない情報のマークアップが可能です。

商品、製品

商品の構造化データというのは、企業や組織のSchema.orgと同様に重要です。
Product Schema.orgを使って、リッチスニペットへ提供するためのデータを検索エンジンにより商品の情報を提供とすることができます。また、価格やレビュー、在庫状況などの追加情報も含めることができます。

動画

タイトルや監督、映像などの詳しい情報表示が可能であり、伝えたい情報をわかりやすくアピールさせることができます。さらにGoogleでは、AMPなどの検索結果をビデオ表示させる、新しい方法にも取り組んでいます。

音声検索

現在Googleでは、公開している英語コンテンツに対し話せるSchema.orgの実装テストを行っています。このコードを使うことにより、検索エンジンにGoogle Assistantのようなデジタルアシスタントが読み上げるためのコンテンツ制作をすることが可能となります。近い将来には、他の言語でも音声検索に対応予定となっています。

schema.orgを利用することで得られるメリット

schema.orgを利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。目を向けるべきメリットを、以下に3つご紹介いたします。

検索エンジンでリッチニスペット表示が可能

schema.orgはmicrodataでマークアップすることにより、クローラーがページの内容を解析しやすい状態となります。それにより、検索エンジンにリッチスニペットを表示が可能となります。

将来的にSEO対策になるといわれている

構造マークアップを行うことにより、検索結果の上位表示が可能となるのかという疑問がありますが、現在はそうなってはいません。Googleのスタッフは、構造化データのマークアップをランキングアルゴリズムに組み込むかもしれないと発言しました。
そのため、SEO対策仕様になっていくことが期待されています。

より詳しく検索エンジンに情報を伝えることができる

検索エンジンにより詳しい情報を伝えることができ、Googleがクロールして読み取れない大事な情報を認識させます。人間と会話しているかのように1つ1つの意味を細かく正確に伝えることができ、コンピューターと意思疎通するような細かさを検索ユーザーに伝えることができます。

schema.orgのデメリット

schema.org には、いくつかのデメリットがあります。ご利用する際には、デメリットも把握した上で検討することをおすすめします。schema.orgのデメリットは、以下が挙げられます。

マークアップする手間が発生する

当たり前のことですが、マークアップさせることで手間が発生してしまいます。しかし、簡単な手間で設定が可能ですので、実際にはそれほど多くの時間はかかりません。少しの手間でサイトの大改革になるので、必ず行うべき設定です。

Googleエンジン側の采配によって表示が変わる

Google検索エンジンがあなたのサイトのリッチスニペットを検索結果として表人しても、目的としている100%の表示をするかどうかはわかりません。しかし、アクセスアップには必ず役に立つプラグインですので、必ずマークアップすべき価値はあるといえます。

ワードプレスの構造化データプラグインおすすめ7選
ワードプレス構造化データプラグインとは SEO対策に対して最も重要なポイントとなる構造データです。「Schema」や「microdata」と、呼…