レモーラリスティングとは

ウェブサイトを閲覧していると、様々な広告を目にする事があるかと思います。このあいだウェブサイトで検索をかけて閲覧していた商品が、広告としてあがっているな…そんな風に感じたことはありませんか?レモーラリスティングとは、ウェブサイト内に広告を出稿するシステムです。では早速、レモーラリスティングについて、チェックしていきましょう。

レモーラリスティングのターゲティング配信

レモーラリスティングでは、ターゲットを絞って広告を配信することができます。

ユーザーの検索結果を利用して、キーワード毎に配信する広告を変更することができる検索連動型広告と、検索傾向を統計し、ユーザーをカテゴリに分け、広告を配信することができるサーチリターゲティング、ウェブサイトへの訪問回数を把握した上で顧客に興味がある広告だけを配信することができるサイトリターゲティングなどのターゲティング配信があります。レモーラリスティングでは、これらすべての情報を活用し、見込み客へ広告を配信する事も可能となっており、非常に高い広告効果を得ることができます。

多くの企業では、Google広告Yahoo!広告にプラスしてレモーラリスティングを導入しており、約80%の企業で、他リスティング広告と、レモーラリスティングとを一緒に登録し、様々なウェブサイトへ広告配信を行っています。

レモーラリスティングの場合、広告の入札単価が低く、GoogleやYahooに比べて低い入札額で広告を表示することができるという特徴があります。

レモーラリスティングの審査とは

広告文を作成した時や既存の広告文を編集した時、キーワードを設定する時には、審査を受け、審査に通過しなければ広告文を掲載する事は出来ません。審査状況は、アカウント画面から確認することができます。IDとパスワードを入力してログイン後、審査の項目をクリックすると、審査状況を確認することができます。レモーラリスティングの広告審査は、審査が通りやすいとされています。中には、レモーラリスティングでも審査に通らないというような人もいるのですが、レモーラリスティングは、情報商材による広告出稿はNGとなっていますから、必ず物販の広告を作成するようにしましょう。

レモーラリスティングの配信先

Yahoo!やGoogleは、独自の広告枠を利用しており、それぞれYahoo!広告、Google広告と契約をしないと、Yahoo!やGoogleへは広告を配信することができません。ですが、レモーラリスティングは、様々なウェブサイトへの広告掲載が可能になっており、検索連動型広告の場合には、

  • goo
  • ocn
  • ビッグローブ
  • ニフティー
  • Excite
  • ハイホー
  • so-net
  • ODN
  • oricon
  • My JCOM
  • SANNET
  • Bizloop

に配信することができます。リターゲティング広告の場合には、

  • 教えてgoo
  • OKWave

に広告を配信することができます。独自の広告枠を用意しており、他のアドネットワークを利用している企業であっても、入札が重複してしまう心配なく広告を配信することが可能です。

スマホへの配信も可能

パソコンを利用してウェブサイトを閲覧している時だけではなく、スマホを利用している時の広告配信にも、レモーラリスティングを活用することができます。スマホの場合には、

  • goo
  • 教えてgoo
  • ocn
  • D2C

に広告を掲載することが可能となっています。パソコンとスマホ、別々にキーワードの登録を行う必要はなく、どちらも同じキーワードで広告を出稿することができます。スマホの場合、ショート広告文として、短い広告文を利用した広告配信が利用できますし、OSを指定した上での広告配信にも対応可能となっています。その他、パソコンだけ、スマホだけ、どちらにも配信と選ぶ事も可能です。

レモーラリスティングの費用

レモーラリスティングは、クリックにより料金が発生します。

広告が表示されるだけであれば、料金が発生することがなく、ウェブサイトを閲覧しているユーザーがクリックする事で、料金を支払う仕組みとなっています。初期費用は掛からないのですが、事前入金により広告を配信することができるため、まずは3千円以上の入金を行う必要があります。

入札額やキーワード設定により、配信される広告枠が変わってきます。どの位のキーワード単価に設定すれば良いかわからないというような場合には、レモーラリスティングのウェブサイト内に、キーワード単価見積りツールがありますから、これを活用し、どのくらいの単価であると、どの位の回数広告が表示されるのかをチェックしてみると良いでしょう。予算は1日毎の上限設定で決めることができますから、予算をオーバーしてしまう事はありません。

レモーラリスティングの申し込み方法

まずは、レモーラリスティングへ登録をします。仮登録後、メールが送られてきますから、メール内のURLをクリックして本登録を行います。本登録を行うと、アカウントが開設されますから、広告費用を支払う事で、広告の掲載をスタートさせることができます。

キャンペーン設定では、広告毎の入札単価や、ターゲティング設定などを決めたり、編集したりすることができます。キャンペーンの編集方法としては、まずはIDとパスワードでログインします。ログイン後、キャンペーンのタグをクリックすると、キャンペーン一覧が表示されます。キャンペーン毎に、

  • 予算
  • 掲載期間
  • 単価
  • ブロックするキーワード
  • 広告表示最適化の設定
  • ステータス変更
  • 全体のインポート、エクスポート

の設定を行う事が出来ます。キャンペーンの管理を楽に進めるために、広告をグループ毎に分けて管理する事も出来ます。広告グループの設定では、

  • グループ名
  • ステータス
  • 掲載期間
  • 単価一括変更
  • ブロックキーワード編集
  • 広告最適化

が可能となります。キャンペーンのページ下部からグループ設定ができます。キーワードの編集も、キャンペーン設定の画面、広告グループをクリックする事で可能です。

  • キーワード追加
  • インポート、エクスポート
  • 単価、ステータス、グループ移動の設定
  • キーワード個別編集

の変更が可能となります。その他にも、広告文の変更や広告文の新規作成もキャンペーン画面から行います。

広告効果を測定する

レモーラリスティングでは、アカウント画面から、キャンペーン毎の広告効果を測定することができます。ログイン後、レポートと記載されている部分をクリックする事で、

  • 全体パフォーマンス…日毎、月毎に広告の掲載状況を閲覧可能。
  • 全体広告パフォーマンス…日毎、月毎に広告文の掲載状況を閲覧可能。
  • 全体キーワードパフォーマンス…日毎、月毎にキーワードの掲載状況を閲覧可能。
  • 配信設定の選択…スマホ、パソコン、合算なデバイスを選択可能。
  • 料金…日毎に発生している料金を確認可能。
  • グループ毎に広告効果を閲覧可能。

となります。広告効果と、日毎にかかっている料金を照らし合わせながら、どの位の予算を持っていくことで、目標値に近づけることができるのかを把握し、広告効果最適化を目指していきましょう。

以上、レモーラリスティング広告とはどんな広告なのか?出稿できる広告の種類や費用について詳しく見てきました。レモーラリスティングは、安い入札価格で広告を出稿することができるため、広告掲載を検討している多くの企業で活用されています。広告を出稿するのであれば、GoogleやYahooといった大手だけではなく、様々なウェブサイトへの広告掲載も検討しながら、CV率アップにつなげていくのがおすすめです。