Pixlr Editorとは?

写真編集をしたいと思った時、いつでもどこでもすぐに写真加工を行う事ができると便利ですよね。

Pixlr Editorは、ブラウザで起動して写真編集を行う事が可能となっており、専用のソフトやアプリをインストールすることなく利用できるため、思い立った時に写真加工を行う事が可能です。インターネット環境さえ整っていれば、Pixlr Editorのウェブサイトへアクセスするだけで写真を編集することができますから、自宅だけではなく、外出先、待ち時間、学校、会社など、様々なシーンで活用することが可能となっています。

では早速、Pixlr Editorの機能や利用方法について、チェックしていきましょう。

Pixlr Editorの機能

Pixlr Editorは、写真加工に必要な機能を全て兼ね揃えたブラウザで起動するタイプの写真加工ツールです。JPEG、PSD、PNG、PXDなど様々なフォーマットに対応可能となっており、いつでもどこでも様々なシーンで活用することができます。

カット、コピー、貼り付けといった基本的な編集機能の他に、特定の画像を選択しての切り抜き、塗りつぶしやグラデーションにより、写真を編集していくことも可能です。スポンジ、カラーツールにも対応可能となっていますし、色彩調整などにも対応しています。

Pixlr Editorの価格詳細

Pixlr Editorは無料で利用することができます。プロにも利用されている無料の写真加工ツールとなりますが、もっとシンプルで簡単な写真編集ツールとして、Pixlr expressや、背景除去が可能になる、BY PIXLR AIなどもあります。全てブラウザから無料で写真加工を進めることが可能となっています。

Pixlr Editorの利用方法

Pixlr Editorは、オンライン上で写真加工を行う事が可能となりますから、まずは、Pixlr Editorのウェブサイトへアクセスします。新規で写真加工編集を行う場合には、左側メニューの中から、新規作成をクリックし、画像を開くの項目から、デバイスに登録されている写真を選択するか、その下にあるURLを読み込むのどちらかから、写真をPixlr Editorへ取り込んでください。画像のサイズを設定する画面が開きますから、使用用途に合わせてサイズを決定しましょう。

画像を取り込むと、画面に写真が表示されます。左側に切り抜きや塗りつぶし、テキスト入力などの加工メニューが表示されており、上には保存や、エフェクト処理、色彩調整などのメニューが表示されています。

では、良く利用するメニューについて、利用方法をチェックしていきましょう。

テキストの入れ込み

画像の中には、好きなように、テキストを入れ込むことができます。左側のメニューに記載されているTのアイコンをクリックすると、画像の上にテキスト表示ができるようになります。好きな文字を入力し、画像の上にある色という項目で、テキストの色合いを設定します。一度入力が完了しているテキストでも、テキスト上でダブルクリックをすると、再度テキスト入力が可能になります。

テキストは、マウスをクリックしたまま動かせば、好きな位置に持ってくることができます。カラーの横に表示されているサイズの部分では、文字の大きさを変更できます。

サイズの右側に表示されているAのボタンでは、行間設定や文字間設定が可能になっており、太字、真ん中揃え、左端揃え、右端揃え、斜め文字などの設定も、こちらのボタンから設定できます。スタイルの横、Aと☆のマークでは、テキストの後ろ側を塗りつぶすことが可能となっており、背景のボタンにチェックを入れ、色を設定すると、テキストの後ろ側に枠を作ることができます。

画像のカット

画像内のいらない部分をカットする時には、左側メニューのはさみのアイコンをクリックします。残したい部分をマウスで選択すると、切り取ることが可能となります。画像の上部に表示されているメニューバーから図形マスクを選択し、右側の部分で形を選択することができますから、四角もしくは丸のどちらかで切り抜きができます。

図形マスクの右側にあるマジックマスクは、同じ色合いを消すことが可能となっており、背景などをなくしたい場合に、マジックマスクを選択し、背景をクリックすると、同じ色合いのみ消すことができます。描写マスクをクリックすると、消しゴムで消すように部分的に削除できます。右側にブラシの太さを決める項目があります。

エフェクト処理

写真の色合いを変える場合には、エフェクト処理により、加工することができます。上部メニューファイルから、エフェクトライブラリーを選択してください。様々なエフェクト処理がエフェクトライブラリーに入っていますから、選択するだけで、同じような加工が可能になっています。

選択したエフェクト処理は、どの位エフェクトをかけるのかを細かく設定することが可能となっており、エフェクト処理をクリックすると、スライドバーが表示されますから、左右に動かして調整してください。表示されている画像は、100%でエフェクトをかけた時の状態となります。

その他、Pixlr Editorには様々な加工が可能になっています。どの機能も試してみると簡単に設定することができる物ばかりとなっていますから、是非試してみてくださいね。