PhotoScapeとは

簡単で楽しいグラフィック編集プログラム

「簡単で楽しい」を基本概念としている、グラフィック編集プログラムです。デジカメや携帯電話で撮影した写真を簡単楽しく編集することができ、色調整や切り取り、サイズ変更、GIFアニメーション、印刷などの一般的な写真強化実行のためのシンプルユーザーフェイスを持っています。WindowsとMacで使うことができ、Linuxでは動作できません。Photoshopほどの機能はありませんが、十分すぎる画像編集機能が含まれています。無料版と有料版がありますが、無料版でも動作が軽くストレスフリーで使うことができます。

シンプルで直感的に使える

シンプルで簡単に使える機能ばかりで、専門用語が少ないのではじめて画像修正ソフトを使う方でも簡単に使い始めることができます。「ページ」が魅力的な機能であり、テンプレートで画像のレイアウトや装飾などを選択して任意がオズをドラッグ&ドロップで並べることにより、複数の画像をスクラップブッキング風に1枚の画像へと貼り付けることが可能です。様々なデジカメの写真を1枚の画像に綺麗に結合することができ、ブログ記事の写真などに使う際に便利です。

GIF画像も簡単に作ることができる

動画を作るほどではなく動きがある画像を作りたい、そんなアニメーション画像も作ることができます。画像にちょっとした動きを簡単に作ることができ、ブログに乗せたりなどとても重宝します。

PhotoScapeの使い方

PhotoScape公式サイトからインストール

PhotoScapeの公式サイトに行き、画面上部にあるメニューの「無料ダウンロード」をクリックします。ダウンロードのページが表示され、画面左側にある「Download Now!」をクリックするとダウンロードがはじまります。以降、ガイダンスに従ってインストールします。「ドキュメント」の中の「ダウンロード」にPhotoScapeのソフトが保存されていますので、ダブルクリックするとセットアップ画面の小窓が開くので、インストールをクリックします。日本語に対応していますが、一文文字化けしてしまうことがあります。その際は、日本語化パッチを使って直すことが可能です。

立ち上げ方と画像の閲覧と加工準備

デスクトップ画面にPhotoScapeのアイコンがありますので、ダブルクリックして開きます。ホーム画面から「画像閲覧」をクリックし、左のツリービューより保存されている画像のフォルダーを選択します。サムネイルの一覧が右側に表示されるので、任意画像をクリックすることで左下に画像がプレビュー表示されます。編集したい画像を見つけたら、中央のキャンバスにドラッグ&ドロップして配置します。これで、画像の加工準備となります。

画像サイズの変更

画像サイズの変更は、キャンバス下にある「ホーム」タブの中の「リサイズ」を選択します。ピクセルの大きさの変更ができる画面となり、幅や高さに任意の数字を入れることにより、オリジナル画像の大きさとすることができます。縦横比のアスベクト比を自由にしたい場合は、「アスベクト比を保持」のチェックを外すことで自由な縦横比とすることができます。

画像の編集

サイズの変更や明るさ調整、文字入れなどの様々な効果を行うことができます。サムネイル表示から画像をクリックして選択すると、右側に画像が表示されます。メニューが右下にあり、様々な編集ができます。トリミングやリサイズ、フレーム、ぼかし、文字入れ、レイヤー、結合、図形、ペイントブラシ、スポイトなど、おなじみな便利機能を簡単に使って編集することができます。

画像の保存方法

「保存」ボタンをクリックすると保存画面が出てくるので、希望にあった保存方法で保存をします。拡張子を変えることもでき、jpg画像をpngで保存したい場合は、画像ファイルの形式を変更して「名前をつけて保存」を選択します。

PhotoScapeのメリットとデメリット

PhotoScapeのメリット

1番のメリットは、無料で手軽に使い始めることができることです。有料版もありますが、無料版でも多くの便利機能が満載であり、自由で理想的な画像修正をすることができます。また専門用語が少ないので、誰でも直感的に作業を行うことができます。このような画像修正ソフトは専門用語が多くわかりにくいという方も多くいらっしゃいますが、PhotoScapeは誰でもわかる用語での内容となっていますので、はじめて画像修正ソフトを使う方でも安心です。さらに、高機能であり、やりたいと思う作業はほとんど行うことができます。Photoshopのような便利な機能がふんだんに取り込まれており、Photoshopのような難しさはありません。敷居が低く、どなたでも安心して使いこなすことができます。

PhotoScapeのデメリット

PhotoScapeの1番のデメリットは、日本語化されているソフトですが文字化けして日本語化とならない部分が発生してしまうことがあることです。日本語化パッチで日本語化することが可能ですが、わかりやすい構成で作られているので、英語のままでの無理なく使うことができます。また、ヘルプはオンラインのみですので、調べる際に少々時間がかかる場合があります。さらに、高度な機能には対応していなく、レイヤー対応をしていません。レイヤーは使えませんが、直感的に素早く作業ができる点は非常に便利といえます。

画像編集ソフトはどれを選べばいい?おすすめの画像編集ソフト7選
画像編集ソフトを選ぼう 画像編集ソフトはどんなソフトなの? 画像編集ソフトとは名前の通り、画像を編集するソフトです。見た人に対して印象のあるもの…