Markup (JSON-LD)とは

構造化データのマークアップの方法は様々ありますが、Markup (JSON-LD)は一般的なマークアップ方法です。Googleも推奨している、有名な構造化データマークアップ方法です。

JSON-LDは、「JavaScript Object Notation-Linked Data」の略です。アプリケーションの間でデータ交換フォーマットで使われる言語であり、似たような言語にXMLなどがあります。違う言語でも、JSONの形式で読み取ることができます。

JavaScriptのオブジェクトの表記方法を、ベースにしています。様々な言語の間でのデータ受け渡しに利用可能であり、幅広く使われています。機械で読みやすいだけではなく、人間が読んでも読みやすいという部分が大きなポイントとなります。

ただし、JSONは文字列の受け渡しは可能ですが、文字列に意味を持たすことはできません。そこでJSON-LDの末部についている「LD」が必要となり、LDがJSONで記述した文字列に意味を持たすことができます。JSON-LDはJSONが記述した文字列に、LDにより意味を持たせたものということになります。

Googleが近年推奨している構造化データのフォーマットなので、使っている方が非常に多くいます。

Markup (JSON-LD)の使い方

ウェブサイトでCMSを使っている場合、1つずつのページに構造化データを記述しないと、明確な情報をGoogleンの検索エンジン伝えることができません。ワードプレスでは、「Markup (JSON-LD) structured in schema.org(新しいタブで開く)」というプラグインを使うことで、構造化データを全てのページのheadのタグの中に記述することができるようになっています。

Markup (JSON-LD)の設定方法を、以下に説明致します。

Schema.org Config

1番最初の設定では、Schema.org Configの設定を行います。「Compress output data」の部分にチェックを入れるかどうかを選びます。チェックを入れることで、JSON-LDのデータ圧縮となります。

空白がなくなることにより、読み込みが早くなります。人間が見ると、わかりにくい状態となってしまいます。チェックを外すと空白が出来るので、人間が読むと読みやすい状態となります。しかし、読み込む速度は遅くなってしまいます。

Schema.org List

Schema.org Listは、投稿した記事を構造化する設定方法です。「Schema.org設定一覧」のページで、「Blog Posting」をクリックします。「Schema.org登録」のページへと移るので、「Enabled」と「出力ページ」にチェックを入れます。「image」では「[Set the first image in the content.]にチェックを入れます。これにチェックを入れることにより、記事に使用している画像が優先的にImageObjectで認識されるようになります。

カメラのアイコンをクリックしが増加記事に表示されていない場合は、ImageObjectをワードプレスの「メディア」から外部ストレージより選ぶようにしましょう。

「publisher」の欄には、任意の名前の入力となります。ブログ名を使っても、OKです。「publisher.logo」には、任意の画像をワードプレスの「メディア」か外部ストレージから選びます。画像の大きさは自由ですので、その画像の幅と高さを入力しましょう。AMPページの場合の画像の大きさは、幅600px掛ける高さ60pxの大きさにしなければいけません。

ここまでの設定ができたら、最後に「変更を保存」をクリックします。

構造化データテスト

最後に、プラグインの構造データが各ページへ埋め込みになっているかを、Googleの「構造化データテストツール」で確認しましょう。構造化データの作業が規定通り完了している場合、正規のブラウザ画面が表示となります。ただし表示には時間がかかり、1時間程度かかった方もいらっしゃいます。

Markup (JSON-LD)記述の際に使うウェブサイト

Markup (JSON-LD)記述の際には、以下の3つのウェブサイトを使うことが多くなります。どのようなウェブサイトなのか、以下にご紹介致します。

Googleの構造化データテストツール

Google提供の、構造化テストツールです。エラーが発生している場所を教えてくれるので、大変使いやすいツールです。今後はGoogleが管理運用していくツールではなく、schema.org が運用管理するツールへと移行する予定です。開発にはGoogleも今後関わっていき、所有物がschema.orgとなります。

Googleの構造化データテストツール

構造化データの解説やサンプルの提供をしており、誰でもわかりやすいように記載されています。構造化データに詳しくない方でも、簡単に設定しやすくなる情報を提供しています。

schema.org

構造化のデータをまとめている、ウェブサイトです。英語表記となっていますが、日本語翻訳することで分かりやすく読むことができます。2021年から、Googleの構造化データテストツールの所有者になることでも知られている企業です。

Markup (JSON-LD)を利用することで得られるメリット

Markup (JSON-LD)を利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。目を向けるべきメリットを、以下に3つご紹介いたします。

Google推奨のプラグイン

Markup (JSON-LD)は、Google推奨のプラグインです。そのため、検索する質が高くなると言われています。多くの皆さんが、Markup (JSON-LD)を使っています。

scriptタグを使って好きな場所に一括記述か可能

scriptタグの記述で、好きな場所に一括で記載ができます。そのため、ソースコードを汚すことなくシンプルに作ることができます。わかりやスク作成ができるので、プラグインに詳しくない方でも使いこなすことが出来ます。

CMSの場合も使うことが出来る

ワードプレスは高機能なCMSの問題はありませんが、直接HTMLを編集することができないCMSの場合は従来のMicrodata形式の記述は不可能でした。JSON-LDを使うことで、今までschema.orgの導入ができなかったCMSでもschema.orgの導入ができます。

Markup (JSON-LD)のデメリット

Markup (JSON-LD)には、いくつかのデメリットがあります。ご利用する際には、デメリットも把握した上で検討することをおすすめします。Markup (JSON-LD)のデメリットは、以下が挙げられます。

リッチスニペット非対応

今のところ、JSON-LDのschema.orgのマークアップはリッチスニペット対応となっていないものがあります。いくつかのリッチスニペットには、対応となっています。

コードの肥大化

JSON-LDオブジェクトの中には、コンテンツとは別に必要となる情報の記述をします。そのため、コードの肥大化につながってしまうことがあります。たとえば、1つのアドレスで記事をマークアップする場合、ブラウザに表示となる記事をJSON-LDのオブジェクトの中にも記述しないといけません。HTMLコードの中に、全く同じ記事が2つ登場することになってしまいます。記事が長い場合、モバイル回線を使ったスマホユーザーのページ表示の速度を落とす可能性があります。

パンくずリストをサポートすることができない

Googleは、schema.orgのパンくずリストをサポートしていません。そのため、schema.orgをパンくずリストのマークアップに使っても、リッチニスペットとして表示させることはできません。

ワードプレスの構造化データプラグインおすすめ7選
ワードプレス構造化データプラグインとは SEO対策に対して最も重要なポイントとなる構造データです。「Schema」や「microdata」と、呼…