キーワード選定は、一度アイデアを広げてから、その後絞り込むのが基本です。運営するウェブサイトと関連性が高く、より一般的に使われているキーワードを選ぶことも大切。そして何よりも大切なのは、実際に検索されているキーワードを選ぶことです。

なぜなら検索されていないキーワードで上位表示されても、だれもいない場所で商売をしているのと同じ。そして検索されているキーワードを知るためには、Googleが提供してている「キーワードプランナー」を利用します。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、Googleが提供している広告出稿者向けのツールで、SEO対策にも活躍します。広告出稿者は、検索回数を参考にしてGoogle広告に出稿しますが、この時に利用するのがキーワードプランナーなのです。キーワードプランナーは、基本的に無料で使えるうえに、Googleが提供しているツールのため、とても精度が高いのが魅力。SEOに関わる人の大半が利用しているツールです。

【公式】Google広告:https://ads.google.com/intl/ja_jp/getstarted/

キーワードプランナーの過去の名称はGoogleアドワーズと言います。現在のGoogle広告は、2018年まで「Googleアドワーズ」という名称なので、書籍やウェブサイトの情報では、Google広告ではなく、Googleアドワーズの表記も混在しています。もしGoogleアドワーズという表記があれば、Google広告のことだと理解してください。Google広告とGoogleアドワーズのサービス内容に、違いは何もありません。過去の呼び名か現在の呼び名かです。

キーワードプランナーで「キーワード」探す

SEO対策を行う上で1番大切なもの。それがSEO対策で上位表示させる「キーワード」です。このキーワードをキーワードプランナーを活用して探していきましょう。キーワードプランナーの主な機能を使用して探していきます。

キーワードの月間検索数が分かる

キーワードプランナーを利用すると、キーワードが月間でどれくらい検索されているのかを調べられます。一度に多くのキーワードの月間検索数を調べられるほか、関連性の高いキーワードを提示してくれる機能もあり、使いこなせるとかなり便利。スモールキーワードは上位表示しやすく、アクセス数を増やすために効率的なので狙っていくべきですが、あまりにも検索されていないとかえって非効率です。そのためキーワードを選定する場合は、精査の段階でかならず月間検索数をチェックします。

月間検索数が1,000回以上を中心に絞り込む

では、どれくらいの検索ボリュームのキーワードをターゲットにするべきかというと、1,000回以上のものです。1,000回以上の月間検索数を基準にして、コンテンツ製作で狙っていくキーワードを選定します。

ちなみに1,000回以下の月間検索数のキーワードは、ターゲットにしているキーワードで製作する、コンテンツの中で狙っていくのが基本です。月間検索数が1,000回以上のキーワードは、関連するさらに小さなキーワードが付随していることが多く、検索意図が同じなら同一のコンテンツにまとめて上位表示を狙います。そのため絞り込みの時点では、1,000回以上のキーワードがターゲットになるということです。

こちらの月間検索数は、サイトの方向性、攻める業種により100回以上をターゲットにすることもあります。あくまで最初の目安としてお考え下さい。ライバルサイトのデータを見たうえで狙う「キーワード」の「月間検索数」を決定していくのも良いと思います。

キーワードプランナーはGoogleに登録して使用する

基本的にキーワードプランナーは主に広告出稿者が見るものです。それをSEO対策に活用するのは下記のようなメリットがあるからです。早速、Google広告に登録してキーワードプランナーを使ってみましょう。

広告出稿者は詳細な数値が見られる

キーワードプランナーは、Google広告の出稿者でなければ、詳細な数値が見られず「100〜1,000」と曖昧な数字までしか表示されません。そのため詳細な数値をチェックするのであれば、わずかでいいので広告出稿が必要です。ほんのわずかな出稿でも見られるので、広告出稿も検討しているのなら、検索ボリュームを見るために使ってみるのもよさそうですね。もともと広告を出稿してもらうためのツールなので、仕方ないでしょう。

ざっくりとした検索ボリュームを知るだけで十分

検索ボリュームは詳細が見られるほど、精度の高い見込みのアクセス数を知ることができるので便利ですが、はじめのうちはざっくりとした数値でも十分です。少なくとも月間検索数が1,000回以上のキーワードは特定できるので、ターゲットにするキーワードの選定には問題なく利用できます。広告出稿する予定がまったくないのなら、無理をして詳細を知る必要はまったくありません。

Google広告のアカウントが必要

キーワードプランナーは、もともとGoogle広告に出稿するためのツールのため、アカウントの開設が必要です。アカウント開設に必要なのは、Gmailなどで利用するGoogleアカウントか、Google広告専用のアカウントのどちらか。

もしGoogleアカウントをお持ちであれば、そちらを使っても問題ありません。新規でアカウントを開設する場合は、「Google広告」で検索をしてアクセス後、まずは「ご利用を開始」をクリックし、手順に沿ってアカウントを作成します。アカウントの開設途中で、広告の出稿料の金額が入力・支払い方法の選択が求められるので、おどろいてしまいますが安心してください。出稿料は「最小の金額」を入力し、支払い方法は「振込」を入力しておけば問題ないでしょう。実際に出稿はしないため、出稿料を支払う必要はありません。

キーワードプランナーでターゲットキーワードの検索回数を調べてみる

Google広告に使えるアカウントが開設できたら、さっそくターゲットにするキーワードの月間検索数を調べてみましょう。

「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックすると、「キーワードを入力」の欄が表示されるので、ここへターゲットキーワードを入力します。一度に検索できるキーワードの量は数百以上なので、まとめて調査してみるのもよいでしょう。なお表記にミスがあるキーワードは、自動的に削除されます。

Googleと検索パートナー

検索回数を調べるときに「Google」単一と「Googleと検索パートナー」の場合を選択できます。デフォルトでは「Google」の単一となっていますが、「Googleと検索パートナー」を選択すると、Yahoo!・ニフティ・Gooなどの、Googleの検索エンジンを使っているパートナー企業の検索回数も合わせて表示が可能。調査の考え方にもよりますが、Googleと検索パートナーの合計値の方が、ウェブ検索全体のより正確なアクセス数の見込みを立てやすいでしょう。方針やリサーチ方法で、検索パートナーまで含めるかどうかを選択してください。

関連性の高いキーワードを新たに見つける

キーワードプランナーには、検索回数を調べる機能だけではなく、関連性の高いキーワードを見つけることもできます。キーワードは可能な限り自分たちで思考して考え出すのが理想ですが、どうしても行き詰まったら、このような機能を活用するのもよいでしょう。使い方はとてもかんたんで、キーワードプランナーのトップページから「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリーを使用して新しいキーワードを検索」を選択すると調べられます。「宣伝する商品やサービス」の欄に、キーワードをいくつか入力して「候補を取得」をクリックしてみましょう。すると関連性の高いキーワードの候補がいくつも出てくるため、ウェブサイトの製作に使えそうな単語がないかを参考にしてみてください。

Googleが関連していると判断してたキーワード

この方法で見つけたキーワードは、Googleが関連性があると判定しているものです。そのためキーワード選定がなかなか進まないときには、サポートに役立つでしょう。サジェストツールと組み合わせると便利ほかにも一般の方が公開している、サジェストキーワードを一括で取得できるサービスを利用し、一度に多くのキーワードの検索回数を調べるととても便利です。

機械的にキーワードが抽出されるため、あまりにもサジェストキーワードだけに偏ってしまうと、オリジナリティを損ないやすいのがデメリット。ですがサジェストキーワードの検索回数を一括で調べ、需要の有無やユーザーのニーズを考えるためには、とても役立ちます。またサジェストキーワードで、コンテンツの網羅性を上げることは、SEO対策にも有効です。(※「網羅性とは」もご参照下さい。)

以上が、Googleのキーワードプランナーの使い方とキーワードプランナーを活用してキーワードを探す・精査する方法になります。