Inkscapeとは

ベクター形式の画像作成可能な多機能無料ドローソフト

Inkscapeはベクター形式の画像を作成することができる、無料の多機能ドローソフトです。多くのプロのWebデザイナーが使っているソフトであり、Adobe lllustratoraと比較しても劣る所がない素晴らしい性能を持っています。

オリジナルのロゴや画像の作成、写真の加工などに便利なソフトであり、様々な用途のグラフィック創作に活用されています。WindowsやMac、GNU/Linuxで動作可能であり、フリーでオープンソースで使いやすいソフトウェアです。様々なファイル形式に対応インポート、エクスポートしており、SVGやAI。EPS、PDF、PS、PNG等に対応しています。一通りの機能とシンプルいなインターフェイスを兼ね揃えたソフトであり、多言語対応をしています。アドオンを使って機能のカスタマイズが可能であり、理想の内容で便利に使うことができます。多様な機能により、ロゴやパンフレット、ポスター、バナー、Webデザインのモックアップなどのデザイン作成が可能です。

初心者に使いやすく操作がわかりやすい

機能がシンプルであり、操作が簡単です。シンプルな画面となっており、機能選択も非常にわかりやすいです。用途や作業の複雑さがなく、誰でも簡単に使い始めることができます。モバイルアプリやWebサイトのアイコンの画像作成など、誰でも作成ができるソフトです。

完全無料ソフト

このようなドローソフトは無料お試し版があることが一般的ですが、Inkscapeは無料でダウンロードができ、有料のプレミアム版はありません。そのため、追加の費用を支払うことなく、ずっと無料で使い続けることができます。

Inkscapeの使い方

Inkscape公式サイトからインストール

Inkscapeの公式サイトに行き、上部の「DOWNLOAD」ボタンを押すとダウンロードページへと進みます。中央部分にOS別のDOWNLOADボタンがありますので、ご自分のOSのボタンを押すことでダウンロードがはじまります。Windowsの場合、32ビット版か64ビット版の選択が出るので、お使いのパソコンに合わせてクリックしましょう。その後、Windows Installer Packageをクリックし、ダウンロードがはじまります。ダウンロード後、exeファイルをダブルクリックし、インストールが開始されます。最新のバージョンは1.0ですので、必ず1.0をダウンロードするようにしましょう。公式サイトは日本語表記になっておりますが、英語表記になっている場合は上記にある言語変更のボタンをクリックすることで日本語に変換することができます。インストールが完了すると、Inkscapeのワークスペースが表示されます。
また、ポータブル版をUSBメモリーにインストールすることで、インストールされていないパソコンでもご利用が可能となります。ポータブル版の作成は、インストール先をデスクトップに指定し標準設定でインストールを進めるとデスクトップにInkscapePortableができるので、そのフォルダをUSBにコピーすることで持ち運びができます。使う際には、フォルダの中にexeファイルをダブルクリックすることでInkscapeを立ち上げることができます。

メニューの日本語化

メニューは初期設定で英語になっていることがありますので、日本語化にして使いやすくしましょう。メニューの日本語化の方法は、メニューバーの中の「Preferences」から「Interface」をクリックし「Languages」の中で「Japanese(ja)」を指定します。その後、Inkscapeを再起動すると、日本語表示となります。

初期画面

Inkscapeを立ち上げると、キャンバスが表示されます。キャンバスは絵を描くエリアであり、ページの規定はA4サイズとなっており、サイズ変更は「ファイル」から「ドキュメントの設定」で指定ができます。ルーラーは、水平方向と垂直方向の座標が表示されています。ルーラーの上でクリックしてキャンバスにドラッグすることで、ガイドラインを惹くことができます。メニューバーはシンプルな内容となっており、プルダウンメニューにて機能選択ができます。コマンドバーは、メニューバーの項目をショートカットアイコンにて使用が可能です。右にあるスナップコントロールは、スナップに合わせて使用します。ツールコントロールはツールをクリックすることで選択したツールに特有の機能が表示されて利用することができます。左にあるツールボックスは、描画機能を指定することができるアイコンであり、選択することによりツールコントロールに利用可能な機能などが表示されます。下部にあるカラーパレットは、描画したオブジェクトの塗布や栓の色などの指定が可能です。その下のステータスバーは、スタイルインディケーターやレイヤー情報、お知らせエリア、マウスポーインターの座標、ズームの表示をすることができます。

ズーム

ズームの拡大縮小率は2回繰り返すことで2倍や1/2となるように初期設定されています。変更は「ファイル」の中の「Inkscapeの設定」の中の「変化の間隔」の中にある「ズームイン/アウト量」にて変更が可能であり、初期値が141%となっています。ツールボックスの中にある「ズームツール」をクリックするとズーム用のツールコントロールが表示されます。

レイヤー

レイヤーごとに、「名前の変更」「表示・非表示の設定」「ロック・アンロック」「不透明殿設定」が可能です。レイヤーの操作は、メニューバーの中の「レイヤー」を開くとレイヤーダイアログが表示されます。それぞれのレイヤーは上下の順序を持っており、下のレイヤーの重なるように上のレイヤーが配置となります。レイヤー内に、サブレイヤーを作ることも可能です。レイヤーの名前変更は、レイヤーを選択してもう一度名前をクリックすることで変更ができます。

Inkscapeのメリットとデメリット

Inkscapeのメリット

Inkscapeの1番のメリットは、シンプルで使いやすいソフトということです。ボタンや画面構成がシンプルなので非常にわかりやすく、操作が非常に簡単です。複雑な作業がないので、慣れていない方でもサクサク操作ができます。また、無料版しかないので課金なく使い続けることができます。また、オープンソースソフトウェアなので、必要に応じプログラムの変更や再配布が可能となります。

Inkscapeのデメリット

Inkscapeの1番のデメリットは、CMYK書き出しに対応していないことです。しかし、近年はRBGでの入稿に対応可能な印刷会社が増えているので大きな問題ではないといえます。また、マニュアルが充実していないので活用しにくい難点もあります。さらに、Illustratorなどのファイル書き込みができないというデメリットもあります。

画像編集ソフトはどれを選べばいい?おすすめの画像編集ソフト7選
画像編集ソフトを選ぼう 画像編集ソフトはどんなソフトなの? 画像編集ソフトとは名前の通り、画像を編集するソフトです。見た人に対して印象のあるもの…