ワードプレスのコアは、柔軟性を保つために、不必要なコードで膨れがらないように設計されています。ユーザーそれぞれが、特定のニーズに合った様々なプラグインを利用して、カスタム機能を、取り入れられるように作られているのです。その中に、ワードプレスの画像圧縮プラグインがあり、Webサイトのコンテンツに、画像を追加する事で、トラフィックとコンバージョンを増加できます。しかし、プラグインを使わずに画像をあまり使用し過ぎると、サーバー上のスペースが無くなり、Webサイトのページの、速度が低下してしますのです。

この記事では、Webページの速度を落とさず、多くの画像を使う事ができる、おすすめの画像圧縮プラグインについて、解説していきます。

ワードプレスで画像圧縮することで得られるメリット

ワードプレスで、Webサイトを運用しているだいたいの人なら、画像を貼り付けたりなどして利用されていますよね。文字だけのWebサイトだと、ユーザーからすると見づらかったり、途中で読み飽きてしまって、別のサーバーへと行ってしまいます。そこで、画像圧縮プラグインを入れるメリットとして、SEO対策やサイトの軽量化に、効果が得られるのです。

SEO対策に効果的

画像を圧縮した事で、見た目や画質が悪くなる事はなく、この画像圧縮が、SEO対策にもなるメリットがあります。Webサイト内の画像は、ページをダウンロードする時の、データ量の多くをしめているのです。また、その画像を最適化する事によって、データ量がかなり削減され、サイト内のパフォーマンスが、向上する事に期待できます。

そのため、ブラウザが画像やデータなどを、ダウンロードが必要な、PCワークやスマホのブラウザで、コンテンツをダウンロードして、表示するまでの時間を、短縮できるのです。ですので、画像を圧縮して快適化する事によって、パフォーマンス向上に繋がり、その結果SEO対策もでき、Google検索エンジンからの、高評価も期待できます。

画像圧縮とは?画像圧縮は今や必須、画像圧縮するためのツールは?
画像圧縮とは? 画像が重いコンテンツは致命的 ウェブサイトを作るとき、文章だけでなく画像を盛り込むこともあります。ところが、この画像の使い方を間…

サイトが軽くなる

先程にもありましたが、画像を圧縮できれば、データ量も減りますので、読み込むデータ量が、少なくなり快適化する、という事はサイトが軽量化する。つまり、Webサイトが軽量化し軽くなると、ページの表示速度もかなり早くなり、訪問者のストレスもなくなって、他のサイトへ流れるのを、防止できます。それらの効果で、サイト内を回遊しているユーザーを、足止めして閲覧者数を、増やしていけば、Google検索エンジンの評価も、高まっていくのです。

特にサイトの表示速度は意識しましょう。SEOに1番有効とも昨今言われています。

サイトの表示速度を上げるには?「test my site」と「Pagespeed Insights」を活用してサイトの表示速度を上げる
サイトの表示速度を上げるには? なぜサイト表示速度が遅くなるのか サイト表示速度が遅くなる原因は色々考えられます。 まず一つ目は、ウェブサイト内…

スマホでも快適閲覧

昔までは、主にパソコンで、Webサイトを閲覧していましたが、今ではパソコンよりも、スマホの方が主流となっています。そのため、最近のWebサイトでは、Google検索エンジンも、モバイルユーザーが、使い勝手の良いサイト環境か、どうかを重要と考えているのです。そういった事から、パソコンだけでなく、モバイルでもストレスがない、Webサイトの環境作りがされています。

ですので、画像の圧縮をする事によって、モバイルユーザーでも、パソコンと同じように、画像の表示速度を短縮させて、快適に閲覧出来るのです。

ワードプレスのおすすめ画像圧縮プラグイン

ワードプレスのプラグインの中には、投稿する画像を綺麗に、カスタマイズしたり、Web内で表示される、画像の入れ替えなどができる、様々なプラグインがあるのです。ここでは、Webページの表示速度を、低下させる事なく、多くの画像を使用できるのを、手助けしてくれる、ワードプレスのおすすめの、画像圧縮プラグインを紹介します。これらの、プラグインを使う事によって、Webサイト内が快適化されるだけでなく、画像などの表示も、スムーズに行えるのです。

Compress JPEG & PNG images

Compress JPEG&PNG imagesは、画像ファイルを圧縮できるWebサービス、ワードプレス上で、使えるようにした、画像圧縮プラグインです。

1度インストールしてしまえば、Webサイトなどの、画像を圧縮する度に、TinyPNGにアクセスするよりは、とても効率がいいですね。このプラグインは、元画像の綺麗さを、しっかりと残した上で、ファイルサイズも軽減してくれます。また、画像によってはファイルサイズを、半分以下にまで減らしてくれる事も多いので、非常に優秀なプラグインだと、いう事が分かりますね。かなり便利なプラグインですが、Webサービスと同じで、無料で利用できるのですが、1ヶ月で利用できる、画像の枚数制限は、500枚となっています。ですが、500枚でも十分過ぎる量だと思いますし、もしオーバーしても、勝手に課金される事は、絶対にありませんので安心です。

Imagify

Imagifyは、ワードプレス内のブログに投稿した、画像のファイルサイズを、自動的に軽くしてくれる、画像圧縮プラグインです。

そのため、Webサイトにアップロードした、画像の読み込み速度を、早くするために、ファイルサイズを圧縮して、快適化してくれます。主にできるのは、画像の圧縮度合いを、3段階から設定でき、圧縮レベルを画像ごとに、変更出来るのです。また、Webサイトのファイルに、画像の占める割合は半数以上、という事が分かっているので、サイトの表示速度を、アップするためには、画像の最適化が重要となります。そして、画像の表示速度が、早くなるという事は、ユーザーの回遊率が、上がる事に繋がりますので、SEO対策にも効果的です。

EWWW Image Optimizer

EWWW lmage Optimizerは、投稿する画像を劣化させる事なく、アップロード時に自動で、画像サイズを圧縮してくれる、画像圧縮プラグインです。

Webサイトにアップした画像が、なかなか表示されなかったり、サイトが重いと感じれば、このプラグインを導入して、画像ファイルサイズを小さくすれば、表示速度が上がります。そのため、Webサイトの表示速度が向上すれば、ユーザーの回遊率もアップするため、その分離脱率も低くなるのです。また、このプラグインは、新規の画像をアップロードする場合、自動で画像サイズを、圧縮するだけでなく、アップし終わっている画像も、一括で圧縮してくれます。

SEOの教科書では「EWWW Image Optimizer」を利用しています。

ShortPixel

ShortPixelは、シンプルで使いやすく、画像の最適化と圧縮APIで、Webサイトの読み込み速度を向上させる、画像圧縮プラグインです。

画像処理はプラグイン上で、行われるため、ワードプレスサーバーへの負担がかからないため、劣化を押させて、圧縮できます。このプラグインは、画像の最適化をする場合、アカウントの圧縮ボタンを、クリックするだけで簡単にでき、圧縮レベルを設定する事が可能です。また、PDEも圧縮する事が可能で、通常プラグインですと、PNGやJPEGなどは、対応していますが、PDEを処理できる、プラグインは珍しいといえます。

Smush

Smushは、全ての画像の圧縮や最適化したり、サイトに散らばっている、大小の画像を適切な大きさに、変えてくれる画像圧縮プラグインです

見た目の質を下げる事なく、画像を最適化し圧縮してくれますし、自動的にWebサイトにある、画像なども最適化します。また、Webサイト上の全ての画像を、スキャンしてチェックするだけでなく、不要なデータを画像から取り除き、必要に応じて、サイズ変更と圧縮をしてくれるのです。そしてこのプラグイン、指定されたフォルダの、画像を圧縮する事ができ、プレミアム画像プラグインの、サポートまでしてくれます。

TinyPNG

TiunyPNGは、Webサイト上で、PNGやJPEG画像ファイルを、圧縮や画像を、ドラッグ&ドロップもしてくれる、画像圧縮プラグインです。

このプラグインでの、圧縮はとても簡単で、アップロードできる項目に、画像をドラッグ&ドロップするだけで、画像を圧縮してくれます。また、新しくアップロードした画像にも自動で最適化もして、画像圧縮のデータと総計を、監視するための、ダッシュボードウィジェットがあるのです。これによって、カラープロファイルを最適化し、画像をRGBカラープロファイルに、変更する事で、スペースを節約できます。

Optimole

Optimoleは、画像のサイズを減らす事で、Webサイトを快適にでき、優先サポートやカスタマイズもできる、画像圧縮プラグインです。

画像の圧縮に、このプラグイン利用すれば、見た目は変えず圧縮も可能、OptimoleはCDNを使用して、サイズを変更し圧縮します。また、有料版ですと15GBの画像が使用でき、無料版ですと1GBで、ブラウザなどに合われて、圧縮やサイズが調整され、モバイルエクスペリエンス、向上するのです。他にも、画像はデバイスや、モニタのサイズに合わせて、サイズ変更が可能です。

まとめ

以上の事から、画像圧縮プラグインは、サーバーの速度を落とす事もなく、画像を圧縮できたり、複数のWebサイト上で、画像を圧縮できるものもあります。高画質なノンレス圧縮や、非圧縮、現代的なダッシュボードや、自動最適化機能など、画像背景やサイト内を最適化するなど、優れた豊富な機能が、充実しているのです。これらの機能で、Webサイトの読み込みなどを、向上させる事ができるため、ワードプレスには、画像圧縮プラグインが、たくさんあります。