ホームページ作成とは?

 

ホームページは自社をPRするためのコンテンツ

インターネットが誕生する前はテレビCMや新聞広告、折り込みチラシ、ラジオのCMなどで自社をPRするために広告を出すのが一般的でした。時代は移り変わり、誰もが気軽にインターネットにアクセス時代になり、自社をPRするためにホームページを運営する会社が増えてきました。

自社で一からホームページを作るより、ホームページ作成を外注することで本格的で魅力的なホームページを運営することができます。今はホームページ作成を専門に扱う業者がいくつもあります。

これからホームページを作ってもらおうと勢いで作ってしまうと後になって後悔することも多いので、まずはホームページ作成を依頼する前に下準備を整えておきましょう。

まずは何を目的に運営するのかが大切です。ホームページ作成で自社の集客率を上げて売り上げにつなげたいとか、魅力的なホームページ作成を実現させて社員採用のために多くの学生にアクセスしてもらいたいなど目的を明確にしましょう。

このとき、ライバル会社より目立ちたいとか、見た目をもっとよくしたいなど目的がふわっとしている場合はホームページ作成しても失敗に終わる可能性があるので要注意です。

 

予算はハッキリさせておく

ホームページ作成にどのぐらい経費をかけることができるのか予算をハッキリさせておくことも大切です。例えば予算を100万円までなら用意できるとか、上限は200万円と具体的な数字を設定します。できるだけ安ければ助かるとか、どのぐらいの予算でホームページ作成が可能か問い合わせるというやり方はオススメできません。

なぜならホームページ作成は依頼主の希望に合わせて作り上げていくものなので、オーダーメイドで作成することが多いので、予算がハッキリしていないと具体的な案を出すことが難しいのです。予算の数字が分かっていれば、その予算内で収まるようにホームページ作成がなされて見積りを出すことができます。

 

納期はハッキリさせておく

こちらも予算同様、アバウトな指定はNGです。今年の5月6日にウェブサイトの運営を開始したいとか、4月中に納品してほしいと具体的な納期を示すことで、その納期に合わせてホームページ作成が進められます。出来るだけ早く作ってもらったほうが助かるとか、3月から5月にかけて納品してくれたらいいなどとアバウトな指定ではホームページ作成側も困惑してしまうので、例え完成を急がないのだとしても納期をハッキリさせておくことでホームページ作成側も計画的に進めていくことができます。

ホームページ作成を依頼する前に

 

社内の意見をまとめておく

ホームページ作成を依頼する前に社内の意見をまとめることはとても大切なことです。なぜなら社員だけで話を進めてしまったとき、すでにホームページ作成を依頼したあとに他の部署や上層部からコンテンツやデザインなどの変更の話がでてきたら対応が間に合わなくなります。

すでに依頼済みだった場合は形が出来上がっている可能性がありますので、一からやり直しを依頼することになります。予算的にも追加料金が発生する可能性がでてくるので、ホームページ作成の依頼前に社内の意見をまとめておくことはとても重要なことなのです。しっかり意見をまとめておけば本来払う必要のなかった追加料金を支払うことは経費削減の逆を行ってしまうので注意したいところです。

 

伝えたいことを依頼書にまとめておく

新たにホームページを作るときも、これまで運営していたホームページをリニューアルするときも、ホームページ作成業者に伝えたいことを依頼書にまとめておくといいでしょう。例えば新たにホームページを作るなら、どんなユーザーに的を絞ってアクセスしてもらいたいか、どんな商品やサービスをアピールしたいのか、アクセスしたユーザーにどんなアクションをしてもらいたいかなど、具体的な依頼をまとめます。

ホームページのリニューアルを依頼する場合は今現在運営しているホームページのどこを直したいのか、新たにどんな機能を追加したいのかなど具体的な案をまとめておくことで、ホームページ作成を依頼するときにこちら側の意思を伝えやすくなります。

 

下準備を整えておけば後悔しない

ホームページ作成を依頼する前に下準備を整えておけば、ホームページの出来上がりが理想に限りなく近い状態で仕上がることでしょう。

予め伝えておきたいことの要点をまとめておけば言い忘れることがありませんし、依頼書を作っておけば、ホームページ作成業者と打ち合わせをするときに手間も時間もかかりません。依頼する側と依頼される側で意思の疎通ができるので、伝えたはずとか聞いていないなどのトラブルを回避することができます。

依頼書があればホームページ作成業者側のスタッフで情報共有できるので、担当するスタッフが理想の形のホームページ作成に向けて足並みをそろえることができます。

ホームページ作成会社の選び方

 

実績があるかどうか

ホームページ作成に限った話ではないですが、やはり実績があるかないかは大きなカギを握ります。インターネットが広く普及したこともあり、ホームページ作成業界でダントツに知名度が高い会社と言われても思い浮かばないほどホームページ作成会社はたくさん存在しています。

その中から信頼できる業者を選ぶのですから、一番重要視したいのが実績でしょう。これまでどんなホームページを作成してきたのか実績を紹介している業者がほとんどなので、その実績を見比べて依頼する会社を選ぶといいでしょう。

その会社によってどんなタイプのホームページ作成が得意なのか実績を見れば一目瞭然です。例えば動画など動きのあるデザインが得意なのか、写真やイラストを使ったタイプが得意なのかなど知ることができます。

 

依頼主に説明するときの会話

ホームぺージ作成を依頼するとき、担当するスタッフがどのように説明するか、その会話に着目してください。ホームページ作成業界は専門用語が飛び交う世界なので、その職場での会話は部外者から見れば何を話しているのか分からない場面も少なくありません。

そのため、依頼主との打ち合わせで専門用語を使いたがるホームページ作成業者もありますが、すべての依頼主が専門用語を知っているとは限りません。依頼主としっかりコミュニケーションを取りたいという姿勢がある場合は専門用語ではなく一般的な用語を使って丁寧に説明してくれます。

お互いに意思の疎通ができなければ理想のホームページが形になるのは難しいでしょう。作成側の意思を押し通すような姿勢では依頼主側が我慢する場面が多くなる可能性が高いので、専門用語ではなく一般用語で説明してくれる会社かどうかも判断材料のひとつになります。

 

必ず確認しておきたい料金のこと

ホームページ作成会社はその会社によって料金体制に違いがあります。ひとつは初期費用だけ、もうひとつが初期費用と月額固定費、そして月額固定費用だけ、この三つが一般的です。

初期費用だけの場合は月額固定費用が必要ありません。ただし、途中でデザインを変えたり修正を依頼したり、コンテンツを追加するときはそれぞれに料金が発生する仕組みになっています。ホームページの運営で修正頻度が少ない場合は初期費用だけの料金体制がオススメです。

初期費用と月額固定費用の場合、ホームページ作成に初期費用を支払い、運営途中の修正やコンテンツの追加などは月額固定費用で支払います。修正頻度が多い場合はこちらのタイプがおすすめです。

月額固定費用は初期費用がないので一見お得に見えますが、初期費用を払うタイプに比べて月額固定費用が少々高めに設定されています。