Google Business Profileとは

Business Profileとは、Googleマイビジネスの中の1つの項目です。管理することにより、Google検索やGoogleマップなどで表示できるビジネス情報や写真、口コミへの返信ができる機能です。

Googleマップに公開となり、情報はGoogle検索でも表示となるのでユーザーの検索により目に留まることもあります。会社の履歴書みたいなものであり、企業の詳細を記載してアピールできる項目を強調して記載することでユーザーの目に付くアピールとすることができます。無料で利用することができ、あなたのショップの認知度を上げることが出来ます。

ショップの写真や営業時間、メニュー、支払い方法など、アピールできる情報を記載しましょう。ユーザーは一般的な情報以上のものを求めておりますので、存分にセールスアピールポイントを記載してユーザーの目に留まる最高の情報としましょう。

Business Profileの登録方法

Business Profileに登録して、ユーザーの目に付くショップ情報をアピールしましょう。Business Profileの登録方法は、マイビジネスの登録からとなります。マイビジネスの登録方法を、以下にご紹介致します。

登録していないのに既に情報がある場合

新しくBusiness Profileに登録する際、同じ場所に既にプロフィールが存在する場合があります。ユーザーのショップ情報の口コミなどにより登録となってしまう場合があり、登録していないのに登録になっているというおかしな現象がある場合は少なくありません。その場合は、そのプロフィールに情報を追加するのではなく、閉業マークを付ける情報編集にしましょう。この手続きにより、お客様が1から作成できるBusiness Profileとすることができます。

Googleマイビジネスへログイン

Googleマイビジネスに、ログインしましょう。

アカウントが無い場合は、アカウントを作成した後に「次へ」クリックします。アカウントはチェーン店用で使われるので、ビジネス用のドメインを使って登録をしましょう。お客様のビジネスやチェーン店の名前を、入力します。チェーン店の場合、入力の際に表示される候補よりチェーン店を選ぶこともできます。

店舗の住所を入力

地図上にあるお客様のビジネスやチェーン店のマーカー配置を、求められる場合があります。実在する店舗がなくサービス提供内にビジネス運営している場合は、代わりに「その地域」を入力します。その後「次へ」をクリックします。

Googleマップの表示の仕方選択/h3>
ビジネス拠点で接客する場合は、ビジネスの住所を入力し「次へ」をクリックします。お店やサービスの住所以外で顧客にサービスをする場合は、サービス提供地域の一覧にて表示させることも可能です。

ビジネス拠点の住所にて接客することが無い場合は、ビジネスの住所を入力して、下部にある「商品配達や出張型のサービス提供を行っている」を選択し「次へ」をクリックします。その後、サービス提供地域を入力後、「次へ」をクリックします。

業種や電話番号などの入力

店舗の業種を選択して「次へ」をクリックします。電話番号やウェブサイトのURLを入力した後「完了」をクリックします。

オーナー確認オプション選択

オーナー確認のオプション選択を行うことに先立ち、情報を確認することをおすすめします。丈夫にある赤―バナーの中の「今すぐオーナー確認」をクリックします。後で確認をする場合は「後で確認」をクリック後「後で」をクリックします。

ビジネス情報の確認

その後、ビジネス情報が正しいことを確認します。ビジネス情報の確認が完了したら、お客様の全ての情報がGoogleを介して表示となります。そのため、間違った情報が公開されないように、必ず事前に確認するようにしましょう。

Business Profileを利用することで得られるメリット

Business Profileを利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。目を向けるべきメリットを、以下に3つご紹介いたします。

最新情報を常にお客様に届けることができる

ショップの内容というのは、常に更新情報があります。そんな最新情報を、Business Profileで簡単に伝えることができます。最新の商品の写真や新商品の写真など、ユーザーに最新の情報を常に与え続けることができます。

顧客と繋がりやすいショップとなることができる

Business Profileには顧客がアクセスしやすくなるので、口コミの投稿やサービスの予約など利用しやすい店舗とすることができます。より顧客と近い関係になることができ、売上アップへとみちびくことが出来ます。

リピーターを増やすことができる

ショップをフォローしてくれている顧客に、直接特典を提供することができます。そのため、リピーターが多くなり、再移転へと繋げることができます。多くの顧客が集う、理想のショップとすることができます。

Business Profileのデメリット

Business Profileには、いくつかのデメリットがあります。ご利用する際には、デメリットも把握した上で検討することをおすすめします。Business Profileのデメリットは、以下が挙げられます。

Googleに登録しないといけない

Googleの機能なので、Googleに登録しないとご利用はできません。Googleの東麓は無料ですので、費用は一切かかりません。東麓にも手間はかかりませんので、大きな手間なくご利用ができます。

更新せず放置したままだと内容が変になってしまうことも

Business Profileを管理していないと、登録している位置情報が近くの道路のストリートビューとなってしまう場合があります。メイン写真が店舗の写真ではなくなってしまい、店舗の魅力が半減してしまいます。定期的に更新をして、最新情報で顧客をゲットするようにしましょう。

ワードプレスの構造化データプラグインおすすめ7選
ワードプレス構造化データプラグインとは SEO対策に対して最も重要なポイントとなる構造データです。「Schema」や「microdata」と、呼…