ウェブサイトの情報を分析するために、Googleが提供するGoogleサーチコンソールを使う方法を別稿でもご紹介しました。

Googleサーチコンソールで検索結果の状況を把握し修正する
検索ユーザーに満足してもらうウェブサイトを作ったものの、思ったように検索順位が上がらないことはよくあります。むしろどれだけ懸命にコンテンツを作っ…

ですが、サーチコンソールは、数日後にしかデータが見られないことや「サイト内でのユーザーの動き」が把握できません。

そこでウェブサイト内で、ユーザーがどのような行動をしているかを把握するためのツールが必要。このようなツールを「アクセス解析ツール」といい、多くのベンダーから有料・無料でさまざまな種類が提供されています。その中でもかならず利用しておきたいのが「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する非常に便利で高性能なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスは、多くの機能が搭載されており、とても精度が高く、しかも使いやすいうえに無料で利用できる点が最大の魅力。

サイト全体・ページ別のアクセス数やPVだけではなく、滞在時間やすぐに帰ってしまった人の割合をはじめ、数多くの行動分析機能が備わっています。数多くのアクセス解析ツールが存在しますが、検索エンジンそのものを運営しているGoogleが提供するツールですから、これ以上に信頼できるアクセス解析はありません。真っ当に運営されているウェブサイトであれば、大小問わずかならず利用されています。

まだアナリティクスを使ったことがない方は「【公式】Google アナリティクス」にて機能を見てみてください。Googleアカウントのみで利用できます。

なぜGoogleアナリティクスが必要なのか?

なぜGoogleアナリティクスを使用し、訪問したユーザーの行動を分析する必要があるのでしょうか。それは「Googleアナリティクスで本当に自社のウェブサイトが、ユーザーに満足してもらえているのかを把握する必要があるから」です。

たとえばユーザーがよく読んでいる、と考えていたページでも、Googleアナリティクスで確認すると数秒で帰っているなんてことがあります。

つまり「目的のページと違う」「よく分からないけど読みたくない」など、ユーザーが何か違和感を感じたためだと推測できそうです。Googleアナリティクスの数値を見て、あまりにも読まれていないページは、検索順位もなかかな上がりにくい傾向があります。

早めに登録してウェブサイトの情報を収集しておく

Googleアナリティクスを利用するためには、ウェブサイトにタグを埋め込まなければなりません。つまりタグが埋め込まれてない期間は、データを収集できていないということ。そのためウェブサイトの運営をはじめたら、できるだけ早めに登録してデータを収集しておくことが何よりも大切です。

一年前とくらべてどうなのか、先月からどれくらい改善されたかを確認したい、などを分析をするときに、データの蓄積がなければできません。できることなら、サーチコンソールを登録するタイミングで、Googleアナリティクスも登録しておきましょう。

なお現在ではGoogleのサーチコンソールの認証方法がアップデートされ、Googleアナリティクスに登録すると、自動的にサーチコンソールにも登録されるようになりました。

ウェブサイトの情報は何よりの資産

ウェブサイトの情報は、運営の中で何よりも大きな資産といってよいものです。

世の中にはSEOに関する情報が溢れていますが、運営しているサイトのデータほど、信じられる情報源はありません。もちろん専門家の発信する情報をキャッチするための努力は大切ですが、最終的に向き合わなければならないのは運営サイトです。そして運営サイトと向き合うためには、Googleアナリティクスやサーチコンソールに蓄積されたデータが欠かせません。

Googleアナリティクスとサーチコンソールのデータ、そして実際に検索して上位に表示されるウェブサイトの分析から仮設を立て、修正と改善を行います。それほどウェブサイトの情報は、有用で大切なものです。

Googleアナリティクスを使った解析例

Googleアナリティクスを使った解析方法は、たくさんの書籍などで解説されています。またカスタムすることで、さまざまなデータを取得できるため、すべてを解説するだけでウェブサイトがひとつできあがるほど。そのためすべてをここで解説することはできませんが、かんたんな分析方法をご紹介します。

UU・PV数の推移をチェック

一番シンプルにSEOの成果を判断できる指標が、UU(ユニークユーザー)PV(ページビュー)の数の伸びです。UU数とは決まった時間にウェブサイトに訪れたユーザーの数で、PV数は開かれたページの数のこと。Googleアナリティクスでは、UU数とPV数をウェブサイト全体、またはページごとに表示できます。

もちろん期間は自由に選択でき、指定した期間との比較も可能。つまり先月の同週とくらべて、どれくらいPV数が増えたかなどをチェックできます。一般的にはPV数のみを語られる傾向がありますが、同時にUU数もチェックしておくとよいでしょう。

UU(ユニークユーザー)とは?UU(ユニークユーザー)の意味と調べ方
少しでも効果的に、なおかつ効率よくマーケティングを行うのであれば、かならず数字に表して分析することが重要です。いまはインターネットの時代ですから…
PV(ページビュー)とは?PV(ページビュー)の目安や調べ方
PV(ページビュー)とは? ウェブサイトがどのぐらい見られているか、それを知ることができるものをページビューと言います。特定のページにアクセスが…

直帰率と滞在時間からユーザーの満足度を把握する

Googleアナリティクスで直帰率と滞在時間を分析すると、ユーザーがウェブサイト・ウェブページに満足しているかを把握できます。たとえばコンテンツの目的にもよりますが、本来長く読んでもらい、つぎのページへと遷移してもらいたい記事があるとしましょう。

Googleアナリティクスでチェックしてみると、数秒しか読まれておらず、直帰率が90%以上であればほとんど読まれていないことがわかりました。

この場合は、自社のコンテンツが、検索意図からあきらかに外れていると考えるべきでしょう。

ほかにもかなり熟読されているのに、別のコンテンツやCVページに遷移していない場合、ユーザーがリンクを見つけられていないのかもしれません。どこへ進めばいいかわからずに離脱している恐れがあります。それ以外にも、リンクボタンやアンカーテキスト、バナーに違和感を違和感を感じているため、押されていないケースも考えられるでしょう。もちろんユーザーのつぎに読みたいと感じる記事へ、ナビゲーションされていないケースもあります。このように数値から、たくさんのことが読み取れますから、修正とテストを繰り返しながら、アナリティクスのスコアを改善させましょう。

ユーザーがどのように遷移してるかを把握する

Googleアナリティクスでは、どのページが入り口となり、どのように読み進めているかも把握できます。そのため意図している記事に、正しく遷移されているかなどを分析可能。また思わぬ記事へとアクセスが流れている場合、そこに新しい導線を作るなどの施策も有効です。流れているアクセスを有効に使い、取りこぼしを防いでCVへ導くこともできます。

Google Chromeのプラグインでさらに便利に

Google Chromeには、Googleアナリティクスのプラグインを追加できます。このプラグインは、自分のサイトにアクセスした際に、自動的にそのページのPVや直帰率滞在時間をページ上部に表示してくれる便利なもの。ほかにもクリックされているリンクが把握できるなど、ページごとの分析には欠かせないものですから、こちらも合わせて追加しておきましょう。

そのほかにGoogleアナリティクスでできること

ここでは詳細な設定方法は割愛しますが、Googleアナリティクスにスクリプトなどを組み込むことで、さまざまな機能を追加できます。

どの外部リンクがクリックされたか、そのページが何%程度スクロールされたか、など運営者が取得したいあらゆるデータを取得できるため、とても便利です。ただし設定がそれなりに複雑になるため、Googleアナリティクスに慣れ、さらに高いレベルの改善が必要な場合に試しましょう。このようにGoogleアナリティクスでは、非常に多彩なデータの取得と分析が可能。

ウェブサイトの運営には欠かせないツールのため、Googleアナリティクスは可能な限り早い段階で導入をしてください。