Google広告とは

Googleでウェブサイトを閲覧したり、検索をかけたりすると、様々な広告を目にする事があると思います。Googleでは、オンライン上で、広告を配信する事が可能です。ターゲットを絞って広告を配信する事で、興味がある顧客をクリックへと誘導し、CV率アップへとつなげることができるのです。では早速、Google広告にはどんな種類の物が用意されているのか、どの位の費用がかかるのかを詳しく見ていきましょう。

リスティング広告

Googleではリスティング広告を取り扱っています。リスティング広告とは、検索をかけると検索結果の上位に表示することができる広告です。

検索結果に連動して、関連がある広告を表示することができるため、高いクリック率を見込めます。関連キーワードだけではなく、地域を指定したり、予算や時間指定を行ったりと、細かなターゲティング設定も可能となっています。Google同様、Yahooでもリスティング広告を取り扱っているため、Yahooの検索結果上位に表示される広告はYahooプロモーション広告となり、Googleで検索をかけた時に上位に表示される広告が、Google広告で扱っているリスティング広告となります。

ディスプレイ広告

ウェブサイトのサイドや記事の下部に画像を入れ込んだ広告が表示されているのを見たことがあるかと思います。ディスプレイ広告は、画像やテキスト、動画やバナーをウェブサイトに張り付けることができる広告です。

リスティング広告同様、ターゲティング詳細を設定することが可能となっており、属性や検索履歴、リマーケティング結果などを利用して興味がある顧客にターゲットを絞って広告を配信することができます。

動画広告

YouTubeを閲覧する前や閲覧している途中で、広告に切り替わることがあるかと思います。この動画配信も広告としてGoogleから広告枠を提供しています。

YouTubeを利用した広告配信には、再生中の広告表示だけではなく、おすすめ動画の中に広告を配信する方法もありますし、配信している動画の下部にバナー上で広告を配信できる物や、スキップできる動画、スキップできない動画、ユーザーが閲覧している動画に関連する広告をスポンサーカードとして配信するものなどがあります。

アプリキャンペーン

アプリをインストールする時、アンドロイドの場合には、Google Playからインストールを行う事になりますが、このGoogle Playの中におすすめとして、アプリを表示することができるのがアプリキャンペーンです。Google Playだけではなく、その他のGoogle広告とも連動し、様々な広告枠へ広告を配信することができます。配信枠、入札設定を行う必要がなく、自動運用が可能です。

Googleショッピング

Googleで商品を検索すると、検索された商品に類似した商品画像が、検索結果上部に表示される事と思います。この表示されている画像が、Googleシッピングの広告です。ECサイトで商品を販売している店舗限定となってしまいますが、検索された商品と同じカテゴリであると、表示される仕組みとなっており、広告として感じさせずにユーザーのクリックを誘導しやすくなっています。

Google広告にかかる費用とは

必要になる費用は、広告の種類や入札単価によって変わってきます。自動支払いの場合には、上限額に達した時の支払い、もしくは前回の請求日から30日が経過した時にクレジットカードから自動的に決済を行う方法となります。手動支払いの場合には、事前入金で広告を配信することができます。

リスティング広告にかかる費用

リスティング広告は、クリックにより、料金が発生する仕組みとなっており、クリック毎の単価を設定して入札を行います。1クリック数千円のものもあれば、1クリック100円のものもあります。人気があるキーワードであれば、それだけ高い値段になりがちです。1日当たりの上限を設定することができますし、トータルでの上限を設定する事もできるため、予算内での広告配信が可能になります。

リスティング広告の相場としては、30万円前後で広告を打ち出す企業が非常に多く、リスティング広告を請け負う代理店でも、30万円を目安としているところが多いと言われています。実際にリスティング広告にいくらの費用を使うのかを考える時には、CV率、クリック率をどのくらい上げたいのかによって検討していく必要があります。Googleキーワードプランナーを利用すれば、キーワード毎のある程度の相場を探ることが可能です。

ディスプレイ広告にかかる費用

ディスプレイ広告の場合、表示される事で料金が発生します。インプレッション課金型と呼ばれており、基本的には1,000回表示が行われると課金される仕組みとなっています。こちらも入札により料金が決まっていくのですが、属性やターゲティング設定を利用する事が可能です。リスティング広告に比べ、入札単価は低く設定されている事が多く、コストを抑えて広告の打ち出しが可能になっています。

YouTube広告配信にかかる費用

YouTubeへの広告配信は、視聴時間と視聴回数によって料金が発生する仕組みとなっています。先ほどご紹介しましたが動画最中に配信されるのか、おすすめ動画に広告が配信されるかなど、配信される広告の種類によって入札額が変わります。動画前や動画途中に配信される広告で、スキップすることができない広告の場合には、1,000回の視聴により、料金が発生する仕組みとなっています。動画中に自動再生される広告の中で、数秒でスキップすることができる広告や、検索結果に自分のYouTubeを表示させることができる広告は、3円から20円程度から入札可能です。

アプリキャンペーンで必要な費用とは

アプリキャンペーンでは、Google関連の様々な広告に配信することが可能となっています。入札単価、1日の予算を設定し、必要なテキストや画像を用意すれば、自動入札により、AIにより自動で判断され、最適な場所に広告を配信することができます。

Googleショッピング広告にかかる費用

Googleショッピングでは、クリックした場合にのみ料金が発生する仕組みとなっています。そのため、無駄な広告費用をなくすことができます。Googleショッピングも入札で価格が決まりますから、人気があるキーワードの場合には、入札単価が高くなりがちです。人気があるキーワードであるのにも関わらず、安い入札額にしてしまうと、広告が表示されないといった事になってしまいますので注意が必要です。

Google広告の設定方法

まずはGoogle広告と検索をかけ、Google広告のウェブサイトへ行きましょう。Google広告のページが表示されると、今すぐ開始、というボタンがありますから、こちらをクリックします。指定された項目の入力をしていくだけで、簡易アカウントを作成することができます。スマートアシストキャンペーンと呼ばれる、簡易アカウントによる自動設定の場合には、キーワードを自動で選定し、入札単価も自動で決めることができます。

細かな設定をしたい場合には、手動設定となります。手動の設定の場合には、目標設定の画面が表示されたら、右下にエキスパートモードに切り替える、と記載されている項目がありますから、こちらをクリックします。キャンペーンの目的を入力する画面に移りますから、左下のキャンペーンなしでアカウントを作成するという項目を選びます。最後に国名を入れてアカウント作成が完了です。

次に請求方法を設定します。すでにアカウントが作成できているので、アカウント画面から、ツール設定、料金、課金設定をクリックし、クレジットカードの情報など必要事項を入力して完了です。

いよいよキャンペーンの設定です。管理画面の+と表示されている部分をクリックする事で、新しいキャンペーンを作成できます。目標を設定し、先ほど紹介した、リスティング、ディスプレイ、アプリ、動画、ショッピングの中から配信したい広告を選びましょう。

続いてキャンペーン毎に詳細を決めていきましょう。キャンペーン毎にターゲティングや予算、上限、入札単価、スケジュールを設定しましょう。ターゲティングでは地域や属性などを指定することができます。予算設定では、コンバージョンを最大にするのか、クリックを目的とするのか、コンバージョン値を最大にするのか、インプレッションシェアを調整していくのかを聞かれますから、目的に合った物を選び、予算や入札額など、必須項目を入力して次へ進みます。

スケジュール設定では、広告配信を行う期間や時間、複数の広告を配信している場合には優先順位を設定します。

最後にオプションとして、追加リンクとして、バナーを設置して、ワンクリックで電話をかけることができるような物を付け加えたり、テキストや画像などを利用したリンクを張り付けたりする項目を利用するのであれば選択して完了となります。

以上Google広告の種類や利用方法について一通りの流れを見てきました。Google広告を利用すれば、CV率のアップにつなげることができますので、是非活用してみてくださいね。