強調スニペットとは?

検索順位が0位ってなんのこと?

SEO対策は検索結果の順位をひとつでもあげるために必要なことです。Googleは不定期にアップロードを繰り返すため、以前とは違った検索結果の表示に戸惑うこともあります。Google検索をネットユーザーが少しでも有利に使えるような工夫を取り入れているのでしょう。

ただし、ウェブサイト運営者にしてみれば、不定期に変化するGoogleに頭を悩ませてしまうでしょう。それでもSEO対策はウェブサイトを運営していく上で必要なことなので、Googleのアップデートについていくしかありません。

Googleアップデートとは?Googleアップデートをどこで知る?
Googleアップデートとは? SEOにおけるGoogleアップデートとは 検索サイトの中で特に大手で利用者が多いのはGoogleでしょう。調べ…

SEO対策としてウェブサイト運営者が着目しているのがGoogleの検索順位が0位というワードです。実際に検索してみると分かりますが、検索順位1位の上に表示されるウェブサイトがあります。これがウェブサイト運営者たちの間で検索順位0位と呼ばれていて、検索エンジンからのアクセス数が飛躍的に伸びるだろうと話題になっています。

強調スニペット

検索結果1位の上に表示されること、これを専門用語で「強調スニペット」と言います。

どのタイミングで強調スニペットが表示されるのか

検索するたび必ず強調スニペットが表示されるわけではないようで、表示されるときもあれば普通の検索結果が表示されることも珍しくありません。

ちなみにGoogleの公式では強調スニペットに対して、検索した時のキーワードが質問系だった場合に表示されることが多いと説明しています。

例えば、「強調スニペット」と検索した場合は強調スニペットが表示されません。言葉が質問になっていないためです。ところが「強調スニペットとは」と検索すれば、強調スニペットが表示されるようになります。言葉が質問になっているためです。後者で検索した場合、強調スニペットを説明するウェブサイトが一番上に表示されます。

しかし、必ずしも質問形式でなければ表示されないわけではなく、単語だけでも強調スニペットが表示されることもあるようです。

強調スニペットはどのように表示されるのか

普通の検索結果は、ウェブサイトのタイトルと要約、ウェブサイトのアドレスが表示される程度です。そのため、アクセス数を増やすために魅力的なタイトルにしたり、要約に伝えたいことを凝縮するわけですが、強調スニペットは検索に関連する部分を引用という形で表示させることもあれば、必要に応じてリストや表を表示させることもあります。

そのため、検索したネットユーザーにしてみれば、0位部分に表示されるウェブサイトがどんなウェブサイトなのか分かりやすくアクセスしやすいですし、Googleがおすすめしてるのだから良いウェブサイトなのだろうという印象を受けるようです。

強調スニペットの仕組み

Google公式の説明

強調スニペットの仕組みについて、Google公式のヘルプで説明をしています。検索結果の一番上に強調スニペット専用のボックスがありまして、ここに該当するウェブサイトが表示されます。ウェブサイトのタイトルのほか説明文も分かりやすく表示されています。

Googleの公式によると強調スニペットにはウェブサイトのURLアドレス、ウェブサイトのタイトル、ウェブサイトから引用された文章や表、ウェブサイトへアクセスできるリンクがあります。

強調スニペットはGoogleが自動的に働くシステムによって判断しているようです。

強調スニペットには種類がある

普通の検索結果で表示されるものとは違い、かなり目立つ印象を持つのが強調スニペットです。まさに該当するウェブサイトが強調されているように表示されます。

このとき表示される種類が色々ありまして、例えば該当するウェブサイトの文章と画像が表示されたり、ウェブサイト内にある表やリストが表示されることもあります。検索ワードによってウェブサイト内の動画コンテンツが表示されることも珍しくありません。

文章が表示される場合は文字数がおよそ150文字程度です。文章と画像がセットで表示されることもありますし、文章だけが表示されるケースもあります。文章や画像が表示される際、該当する見出し部分がピックアップされて表示されるケースもあり、ネットユーザーがアクセスしやすい条件が整っているようです。

強調スニペットに表示されるウェブサイトは突然変わる

同じワードで検索したはずなのに、前回と今回では強調スニペットに表示されるウェブサイトが変わることもあります。運営するウェブサイトがせっかく強調スニペットに表示されて喜んだのもつかの間、いつのまにか表示されなくなることもあります。逆に、以前は強調スニペットに表示されなかったのに急に表示されるようになったというケースもあります。

検索エンジンを利用するネットユーザーに対して、役立つと判断されたウェブサイトが協調スニペットに表示されるので、日々変化するそれぞれのウェブサイトの状況を見極めて、適したウェブサイトが強調スニペットに表示されるのなら、SEO対策のひとつとしてやりがいがあることでしょう。

強調スニペットの表示方法

検索ランキングの上位入りを目指す

まずは一般的なSEO対策のように検索結果の上位表示を目指します。軸となるキーワードで上位表示させるために、すでにランクインしているウェブサイトのタイトルやコンテンツの名前、さらにはコンテンツの内容を確認しましょう。これらのウェブサイトこそがGoogleから良質なウェブサイトとみなされたものです。ライバルのウェブサイトすべてを真似するのはNGですが、参考にして良質なウェブサイトを目指しましょう。オリジナリティがあるタイトルやコンテンツが良しとされる傾向がありますので、ライバルの良質なウェブサイトを参考にしつつ、他にはないコンテンツでウェブサイトを仕上げていきましょう。

ひとつずつ質のいいオリジナルのコンテンツが増えれば、ライバル社に勝るウェブサイトが完成します。これで検索結果1ページ目に表示される上質なウェブサイトになれたら強調スニペットに掲載される確率が高くなります。また、当然ですがクリック率は断然良いです。広告のような感じで出せるのでそれはそうですよね。

シンプルで分かりやすい答えを掲載する

検索エンジンを使うネットユーザーが理解しやすいように、シンプルで分かりやすい答えを掲載しましょう。もちろん正しい情報でなければなりません。正しい答えを簡潔に掲載することでおのずとコンテンツの質が高まります。

初めから短い文章で簡潔に作り上げるのは難しいので、初めにある程度の文章を作り上げたあと全体を見直してみながら余計な部分を排除しつつ、少しずつ短い文章に仕上げていきます。短い文章ながら的確に的を得た答えを作ることができるので、良質なコンテンツを判断される可能性が高まります。

答えがぼんやり曖昧だと強調スニペットに表示されるどころか、検索結果の上位ランクインも難しくなりますので、一度ウェブサイトのコンテンツの見直すことをおすすめします。

HTMLは適切に作り上げる

ウェブサイトを作るためのHTMLタグを見直して、強調スニペットに表示されるようになる可能性もあります。例えば、タイトルや見出しタグをもう一度見直してみてください。h1からh6まで適切なタグが使われていますか?

そのほか、リストを作る際にul、ol、liタグが正しく使われていますか? テキストに段階を作るのならpタグが必要です。

このように、それぞれの場所に適したタグが使われていることで巡回クローラーがコンテンツを認識しやすくなります。見やすいウェブサイト、分かりやすいウェブサイトは質がいいと判断される傾向があるので、強調スニペットに掲載される確率も高まるでしょう。