網羅性とは?

 

どんなウェブサイトが評価されるのか

ウェブサイト担当者は常にSEO対策のことで頭がいっぱいではないでしょうか。一人でも多くの集客を呼び込むため、ウェブサイトの評価をあげるため、ペナルティを受けないように気を配るなど、やるべきことがたくさんあります。その中でひとつ「網羅性」について気になることはありませんか?

コンテンツのSEO対策に関して、情報の網羅性がカギを握ると言われています。ウェブサイトを運営するときに十分気を付けなければならないのは、作り上げたコンテンツが本当にネットユーザーのためになっているのかどうかという点です。Googleでもここはかなり厳しくチェックしており、ユーザーのためになっていないとジャッジされたらあっという間に検索順位がダウンしてしまいます。

小手先のSEOはもう通じない!自演リンク・自動生成サイトは非効率
ウェブを活用したマーケティングには、SEOは欠かせません。またウェブの事業に関わる人なら、かならず「SEO」という言葉を使っていますが、人によっ…

要は、情報の網羅性が高ければ高いほどGoogleからお墨付きをもらえるというわけです。

 

Googleは何を見て評価しているのか

Googleが不定期に実施するアップデートによって、世界中のウェブサイトの順位が大きく変わることは珍しいことではありません。常に良質なウェブサイトが上位にヒットするようGoogleが働きかけるのは、検索エンジンを使うネットユーザーがGoogleの検索結果は信用できる、信頼できると思ってもらうためなのです。そのためネットユーザ位に有益なウェブサイトかどうかをチェックして、良いウェブサイトと評価されたものだけが上位にランクインするわけです。

このときGoogleはウェブサイトに専門性のあるコンテンツがあるうかどうか、権威性や信頼性など、これらすべてが整っているウェブサイトは良質と判断されます。やはり軸となるキーワードだけを盛り込んだだけでは物足りないと捉えられてしまい、そこで重要になるのが共起語と言われています。軸となるキーワードと、そのキーワードに関連する共起語がバランスよく盛り込まれているコンテンツが揃っているウェブサイトは網羅性があるとみなされて、瞬く間に検索結果の上位に位置づくことができます。

ウェブサイトを運営、管理するなら網羅性を満たすために共起語を調べるツールなどもうまく使いこなして、中身の濃いコンテンツを作り上げていきましょう。

共起語とは?無料の共起語検索ツールなどの調べ方と共起語の重要性
共起語とは? Googleクローラーに認めてもらう難しさ ウェブサイトの管理者にしてみればGoogleクローラーがまわってくるたびドキドキするこ…
関連語とは?関連語の調べ方と関連語検索ツールで狙いに沿った関連語を。
関連語とは? 関連語を使ってコンテンツを作る理由 ウェブサイトを作ったりブログを運営するとき、少しでもアクセス数を増やすためにSEO対策が重要に…

網羅性の考え方

 

Googleが網羅性に着目する訳は

ウェブサイトを運営していると第三者的な考え方が不足することがあります。そのウェブサイトは誰が利用するのか、それを考えれば第三者的な視点でウェブサイトを見ることがとても大事であることが分かります。そうすることでなぜGoogleが網羅性に着目するのか、その理由が見てくるはずです。

検索エンジンの立場は、ネットユーザーが知りたがっている情報を正しく扱っているウェブサイトをおすすめしたいはずです。そうすれば検索エンジンんそのものの評価があがり、利用者もどんどん増えてきます。しかもその利用者たちは、軸となるキーワードだけであく、そのキーワードに関連したもうひとつのキーワードで検索することも多いので、網羅性のあるウェブサイトをネットユーザーが求めていると言っても過言ではありません。それにGoogleが答えていると言えるでしょう。

それぞれのネットユーザーは軸となるキーワードの大して、様々な共起語を盛り込んで検索してきます。例えば、「桜」と検索すれば、種類、名所、満開、開花予想など様々なサブとなるキーワードを組み合わせて調べるネットユーザーが多いので、網羅性のあるウェブサイトを作り上げるためには、サブとなるキーワードも盛り込んでコンテンツを作る必要があります。Googleでは網羅性に注目するために、軸となるキーワードだけに偏ったウェブサイトではないかどうかも必ず判断しています。

 

なぜ網羅性の優れたウェブサイトに人が寄ってくるのか

インターネットが誕生したころはパソコンでアクセスする人ばかりでしたし、パソコンそのものも広く普及していたわけではないので、どしても偏りがありました。検索で何かを調べるにしても今のように網羅性が高くある必要はなかったかもしれません。

しかし今はパソコンのみならずスマホやタブレットなどが広く普及したことで、多くの人たちがインターネットを使うようになりました。やはりモバイルが普及したことは大きいようで、このことが網羅性の優れたウェブサイトの評価アップにつながったと言われています。

 

色んなタイプのネットユーザーに対応する必要がある

もちろん、軸となるキーワードとサブキーワードで検索する人ばかりではありません。ひとつのキーワードで検索する人もまだまだいます。それを踏まえて考えてみても、軸となるキーワードと複数のサブキーワードがバランスよく盛り込まれたコンテンツで出来上がってウェブサイトは、網羅性があるとGoogleに認められやすいのです。軸となるキーワードをメインとしたコンテンツ、そして軸となるキーワードとサブキーワードによるコンテンツもいくつか作り上げていけば、Googleに認めてもらう優れたウェブサイトが誕生します。

網羅性のサイトへの入れ方

 

シンプルで簡単な方法

軸となるキーワードの次に、サブとなるキーワードをいくつかピックアップしてコンテンツを作成していきましょう。これで網羅性の高いウェブサイトに仕上げることができます。

その方法は特別難しいものではありません。共起語を見つけるためにツールを使ったり、軸となるキーワードで検索したときにサジェストが表示されますので、それを基に軸となるキーワードと組み合わせてコンテンツを作っていきましょう。

 

軸となるキーワードを使いすぎないこと

一見すると逆のようなイメージがあるかもしれませんが、軸となるキーワードの数があまりにも多すぎると文章として成り立たなくなり、一気に網羅性がなくなります。これをGoogle側では不自然な文章と判断するため、SEO対策としては不合格となってしまうのです。軸となるキーワードをメインに使いながらも、最後まで読んだときに自然な文章になるよう心がけることが大切です。このとき、できる限りキーワードをバランスよくちりばめてください。一ヵ所に集中的に使いすぎるのも不自然と判断されるので要注意です。

 

キーワードのバランスが重要になる

SEO対策として網羅性を高めるためには、バランスのよいコンテンツを心がけてください。

最初の方で話したように、軸となるキーワードが「桜」だった場合、桜に関するコンテンツとして桜の種類、桜の名所、桜の満開時期、桜の開花予想など、それぞれのコンテンツを作り上げていくといいのです。これらをすべてひとつのコンテンツに盛り込むと情報過多になり、バランスが悪いと判断されてしまう可能性があります。

情報としては何一つ間違っていないので、網羅性とSEOの関係に着目せずコンテンツを作ってしまうとうっかりやってしまうミスなんです。ネットユーザーの多くが求めているのは、たくさんの情報というよりも、バランスが取れてまんべんなく知りたい情報が盛り込まれたウェブサイトです。

 

情報が多ければいいわけではない

 
網羅性を追求するあまり、ダラダラとただ長文で量だけ稼ごうとするコンテンツを良いとは言い切れません。一見しっかり仕上がってように見えても、内容が薄くなってしまうために結果的に回りくどいコンテンツになってしまいます。これはネットユーザーだけでなくGoogle側にも評判が悪いので、無駄に文字数を稼いで内容が見えにくいコンテンツにならないよう注意しましょう。