ワードプレスを使って、WebサイトやSNSなどを開設し、運営するにあたって、カテゴリ編集などを行うと思います。カテゴリプラグインがもたらす本来のメリットは、関連性のある記事をグループ化する事によって、ユーザビリティが良くなり、アクセス数の向上に期待できます。

また、カテゴリーの数が多いが、整理されていない場合、編集の機能を使う事で、ユーザビリティの、改善に繋がるのです。カテゴリ編集のプラグイン使えば、他にも正しく設定する事によって、SEOの効果に期待できます。これにより、Webサイトを閲覧する、顧客も増えていき、会社への利益にもなるのです。

ワードプレスにおけるカテゴリの重要性

ブロクやWebサイトなどを、運営されている方で良く目にしますが、カテゴリーが雑になっている、という事が多々あります。Webサイトなどを、運営するにあたって、カテゴリーとは情報を整理するには、非常に重要な、役割を満たしていると、いう事です。何故、カテゴリーがそんなに重要なのか、以下で解説していきますので、参考にしてみてくだい。

ユーザーの利便性を高める

Webサイトにある、ブログの一般的なスタイルは、投稿日順の一覧表示ですが、これをポータルサイトでよく見かける、カテゴリー別の新着一覧に変更します。これによって、ブログを閲覧してくれるユーザーが、関連の記事を探しやすくなり、サイトを回遊している、クローラーも関連の記事を、探しやすくなるのです。

また、カテゴリーの良質な、記事が溜まってく事で、サイトを訪れた閲覧者は、このブログは、こういうジャンルが、強いサイトなんだ、と関心を持ち認識してくれます。ですので、カテゴリーを整理するだけで、運営するブログが生まれ変わり、人気度が向上するかもしれません。

SEO対策になる

Webサイトなどにある、カテゴリーはいわゆる、ブログの項目みたいなもので、目次を見れば、目当ての記事を探しやすくなります。特にユーザビリティが高い、検索エンジンからみても、分かりやすいので、SEO対策になり、これによって、高くなるポイントとなるのです。

自分が頑張って書いた記事が、検索エンジンにちゃんと、評価してもらう為にもカテゴリーをキッチリ分類して、分かりやすくしたいですよね。また、検索されやすいように、カテゴリー名はキーワードを意識した、名を入れる事で、検索キーワードの上位に、表示されやすくなります。これらのポイントを、しっかりと守れば、あなたのブログは、人気度が高まるのです。

ワードプレスのカテゴリを編集してSEO対策する方法

例えば、運営しているブログが、仮にスマホジャンルだとして、カテゴリー別の、階層構造にした場合。

iPhoneですと、「ケース、アップル、社外」、次に「アプリ、インスタ、LINE 」、最後に「使い方、節電」、というような分類で分けられます。

Galaxyの場合、「ケース、純正品」次に、「アプリ、社外品、Twitter」続いて、「使い方、カメラ」と、なっているのです。

ですので、運営するブログを、理想的な階層構造にする事で、サイトに訪れたユーザーが、そのカテゴリーの中から、目的とする記事を、見つけやすくなります。こういった形で、階層構造にする事によって、SEO対策の効果に、期待できるので、ワードプレスのプラグインは、とても大事だという事が、分かるはずです。

ワードプレスのおすすめカテゴリ編集プラグイン

ワードプレスには、元々カテゴリーページの、編集機能は付いておらず、カテゴリーは順番に、並んでしまっています。そのため、記事やカテゴリーが、増えていく事によって、作成したカテゴリーが、分かりづらくなり、編集が必要となってくるのです。そこで登場するのが、カテゴリ編集プラグインという、便利な機能で、これを使う事で、Webサイトのカテゴリーを、簡単に並べ替えれます。これから、おすすめのカテゴリ編集プラグインを、いくつか紹介していきます。

簡単にカテゴリの並び替え「Category Order」

Category Orderの、カテゴリー編集プラグインを使う事で、初心者でも簡単に表示順を変える事ができます。

このプラグインで主に出来るのは、ドラッグ&ドロップで、直感的に操作でき、カスタム投稿タイプの、カテゴリー分類の表示順も、変更できるのです。他のワードプレスのプラグインですと、わざわざ設定画面で、各項目などの設定を、しなければなりません。ですが、このプラグインは、インストール後初期設定の状態で、直ぐに使用できるため、小難しい設定なども、必要ありませんので、安心して使う事が出来ます。つまり、インストールいて、プラグインを有効化、その後カテゴリーを並べ替える、ただそれだけで良いので、全く知識のない方でも、簡単に利用できるのです。

カテゴリをしっかり管理「Adjust Admin Categories」

Adjust Admin Categoriesは、投稿の記事編集画面にある、カテゴリーを自分好みに合わせて、調整や管理ができる、カテゴリー編集プラグインです。

記事編集画面のカテゴリーを、直感的に使いやすく調整でき、カテゴリーにある、チェックボックスが、上に行くのを防止できます。その他にも、チェックボックスを、ラジオボタンに変更できるなど、ワードプレスに慣れていない、初心者向けに管理画面を、調整する場合でも、利用できるのです。また、記事編集画面にある、カテゴリーに親子の階層がある場合、子のカテゴリーが、選択状態の時は、親のカテゴリーは、選択できないようにします。このプラグインの、管理画面は全て、日本語表記ですので、英語力に自信がない方でも、分かりやすいので、安心です。

カテゴリの並び替えを直感的に「Taxonomy Order」

Taxonomy Orderは、投稿のカテゴリーと、カスタム投稿タイプの、カスタムタクソノミーの、表示順番を変更できる、カテゴリー編集プラグインです。

投稿とカスタム投稿タイプの、記事カテゴリーは、標準では表示順番を、変更する事はできません。ですが、このプラグインを使用する事で、カテゴリーの表示を、ドラッグ&ドロップで自由に変更が可能となっています。そして、このプラグインは、難しい設定などはなく、初期設定のまま利用でき、管理画面が、日本語化されているので、使いやすくなっているのです。そのため、WebサイトやSNS、Twitterなどで、カテゴリー編集を、自由にカスタマイズできる、プラグインが非常に、役に立ちます。また、このプラグインも、先のプラグイン同様、管理画面から有効化に選択して、カテゴリーの表示順番を変更してから、利用してください。

まとめ

今回の記事では、誰でも簡単に、カテゴリーの編集や、カスタマイズなどができる、おすすめの、カテゴリー編集プラグインを、紹介しました。どのプラグインも、投稿やカスタム投稿タイプ、又、カスタム投稿タイプの、カスタムタクソノミーにも、幅広く対応しています。

ワードプレスやプラグインなどに、知識があまりない方や、初心者で右も左も分からない、カテゴリーが上手くまとまらない、そんな人達に、おすすめのプラグインです。ですので、このカテゴリー編集できる、プラグインを利用して、ワードプレスを上手く、カスタマイズして、運営すれば、顧客も増えていき、自社の利益にも繋がります。以上の事から、ワードプレスのカテゴリ編集プラグインを、ユーザーやSEO対策などの為にも、導入しましょう。