ワードプレスを利用していてバックアップや復元は、データベースに直接、アクセスするなど、初心者にはかなりハードルが高いですよね。例えば、変な所をいじって間違えて画面が真っ白になったとか、ワードプレスをバージョンアップしたら、画面がおかしくなった。間違えて、データを消してしまったなど、初心者にはよくあるミスだと思います。初心者の中には、ワードプレスはバックアップできるの?復元はできるのか?簡単に使えるのか、不安に思っている方も、いるかと思います。

そこでこの記事では、おすすめのバックアッププラグインや、どういったバックアップが、できるのかを、解説していきます。

ワードプレスをバックアップする必要性

ワードプレスは、インターネット内の25%を占めるかなり有名なシステム、という事もあり、悪質なクラッカーや、サイトハッキングなどが、日常的に起こっています。

そのため、ワードプレスを運営するにあたって、完全な対策ができない事から、バックアッププラグインを導入する必要性があるのです。また、コンテンツ投稿や編集、サイトの設定やカスタマイズ、コメントなど、バックアップが無いと、サイトを元の状態に戻す事は、ほぼ不可能で、時間がかかります。

ですが、日頃からちゃんとバックアップさえしておけば、データの復元はどうにでもなります。ですので、ワードプレスを利用する際は、必ずバックアップをセットアップしておきましょう。

ワードプレスをバックアップするタイミングは2つ

ワードプレスの、バックアップを取る事は重要だと頭では分かっていても、いざ取ろうと思っても、そのタイミングが分からない、と思っている方もいますよね。ましてや初心者なら尚更、バックアップのタイミングなんて分からないはずです。

そんな人達のために、ワードプレスをバックアップするタイミングを2つ解説していきます。

ワードプレスを更新する時

ワードプレスでは、定期的にアップデートが行われており、常にバグ修正や、セキュリティ向上を、メジャーアップデート、マイナーアップデートと、定期的に行います。

ワードプレスを、アップデートするにあたって、ダッシュボードの上に、「更新する」と表示されますが、直ぐにクリックしてはいけません。安全にアップデートを進めるには、記事データとファイルの、バックアップをしてからでないと、まれにプラグインが固まったり、一部の機能が止まるといった、場合があります。

また、利用中の全てのプラグインを、停止状態にする事、有効の状態だと、アップデート中に、不具合が起こる可能性があります。

テーマやスタイルシートをカスタマイズする時

ワードプレスで、テーマやカスタマイズする時、スタイルシートを、カスタマイズする時の前に、バックアップを取る事も重要です。

つまり、ワードプレスをバージョンする際、サイトの画面が真っ白になったり、テンプレートが崩れたりと、何らかの障害が出てしまい、データ消える場合があります。きちんと、バックアップを取っておかないと、元の状態に戻す事は、ほぼ不可能となってしまいます。

そうならない為にも、自動でバックアップできる、エクスポート機能を使い、テーマやスタイルシートなどを、しっかりとバックアップしときましょう。そうすれば、何かあった時でも、ほぼ元の状態に近い、状態に復元してくれます。

ワードプレスのおすすめバックアッププラグイン

これから、ワードプレスを始める方、もう利用している方でも、簡単にバックアップ、復元ができる、おすすめのバックアッププラグインを、いくつか紹介します。これらの、プラグインを使って、あなたの大切なサイトの記事データや、ファイルなどを悪質なクラッカーや、サイトハッキングからしっかりと、防御を固めましょう。そうすれば、安心安全にワードプレスを、利用する事ができます。

BackWPup

BackWPupは、定期的に自動で、バックアップができる他、自動バックアップの、スケジュールを、自由に管理設定できる、バックアッププラグインです。

このプラグインは、誤ったバックアップをして、復元ができなかった、なんて事がないように、静的ページと言われる、HTMLファイルで作られています。この静的ページがあれば、サーバー上にあるデータを、バックアップするだけと言う、単純な作業だけで、済みます。ワードプレスにある、動的ページですと、サーバー上の画像ファイルや、テーマ、プラグイン、カテゴリや、管理画面の設定情報などを、覚えた上でバックアップが必要です。それさえ覚えておけば、簡単にサーバー上のデータと、データベース上データの、バックアップは、安心して行えます。

UpdraftPlus

UpdraftPlusはワンクリックで、サイトのデータベースや、プラグイン、テーマなどを、初心者でも簡単に、バックアップする為の、バックアッププラグインです。

例えば、変なプラグインを導入して、サイト内のデザインが、おかしくなったり、大事なデータが消えてしまった、などの状況に陥った場合、ワンクリックで復元ができます。つまり、ワンクリックで、バックアップや復元ができ、様々なクラウドストレージと、連携して、データの保存先を選べる。また、自動バックアップの回数も、指定できますので、万が一データが飛んでも、直ぐに復元できます。他のバックアップ系の、プラグインですと、手動でデータベースの復元など、面倒な作業が、増えるのですが、このプラグインは、初心者でも簡単にでき、多機能が充実です。

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは、Webサイトを構成するデータ、画像やテーマなどを、ボタン1つで、エクスポートやインポートする為の、バックアッププラグインです。

このプラグインは、引越し先のURLを設定したり、リンクがURLを書き換える、なども出来ます。また、文字列の検索と置換などを、エクスポートしないファイルを、選択できますが、もし必要でなければ、Webサイトを構成する、ファイルを一式ごとエクスポートします。つまり、その逆もでき、エクスポートしたファイルを、ドラック&ドロップで、アップロードするか、ファイルを選択して、アップロードしインポート、なども可能です。

Duplicator

Duplicatorは、サイトやブログなどを、別のサイトに引っ越しさせたり、コピーをしたりと、バックアップできる、プラグインです。

ワードプレスサイトや、ブログをサーバー移行する時、ワードプレス関連の、ファイル一式とデータベースを、旧サーバーから新サーバーへと、移動させる必要があります。ですので、ワードプレスのバックアップと、サーバー移行用プラグインを、使う事でファイルの設定や、データベースのインポート、エクスポートなどが、簡単にできるのです。そのため、旧サーバーで使っていた、サイトのブログや記事の内容、などがそのまま、新サーバーで使えるため、新サーバーで面倒な作業を、しなくて済みます。

ワードプレスのバックアッププラグインである失敗

ワードプレスの、バックアッププラグインを使って、サイトのデータや、ブログデータ、などを、バックアップしたり、新サーバーに引っ越しといった事をすると思います。ですが、ワードプレスで、バックアップを取る時に、ついついやってしまう、失敗などがよくあるのです。そのため、バックアップで失敗しないための、ポイントいくつか解説していきます。

バックアップの取り忘れ

ワードプレスを利用していて、初歩的なミスですが、サイト内のデータや、カテゴリー、ブログサイト、などのバックアップを、うっかり忘れてしまった、という人が居ます。プラグインをインストールして、直ぐに有効化にした、まではいいけど、そこで満足してしまって、肝心なバックアップの、設定をするのを忘れてしまった。そのせいで、他のサーバーに引っ越した時や、変なボタンを、クリックしたなど、トラブルがおきた場合、全てのデータが、飛んでしまいます。そうならない為にも、インストールした後は、しっかりとバックアップの設定も、しておきたい所です。

必要なデータを外してしまう

ワードプレスの、プラグインを使っていて、せっかくバックアップ、したにも関わらず、その内容が、足りないといった事が、たまにあるのです。ワードプレスの、バックアッププラグインは、細かく設定して、バックアップできるため、気づかず、必要なデータを、バックアップの対象から、除外するミスが起こります。このまま気づかず、バックアップした物を、復元しようとしても、対象から除外して、しまってるので、意味がありません。ですので、どこまでバックアップの、対象に設定したのか、しっかりと確認する事が大事です。

復元方法を理解していない

ワードプレスの、バックアッププラグインを、インストールしてカテゴリーや、SNSのデータなどを、バックアップした、まではいいですよね。しかし、せっかくバックアップしたにも関わらず、いざ復元しようと思っても、肝心な復元方法が分からない、それでは意味がありません。バックアッププラグインは、インストールして、有効化に設定し、バックアップを取って、終わるだけで、満足しては駄目です。ですので、アタフタしないように、復元方法は前もって、調べておく事が、とても大事な事といえます。

まとめ

ワードプレスのバックアップは、難しそうに見えますが、実際にインストールして、利用すると、設定やバックアップが、簡単にできる、お勧めプラグインはたくさんあります。サイト内のブロクやカテゴリ、画面が真っ白になってしまった、など想定外のトラブルや、新サーバーに引っ越しする、などのために、定期的にバックアップする事が、大事です。

また、自動バックアップ機能を使ったり、バックアップをする、日別のスケジュールを、あらかじめ決めておくと、忘れずにバックアップが出来ます。これらの、プラグインを導入すれば、もしトラブルなどが起きても、安心にワードプレスを、利用できるのです。