アクセス解析ツールとは?

アクセス解析ツールでは訪問者の足跡が分かる

ウェブサイトを運営していれば誰もが気になるのがアクセスの内容です。どんな時間帯に一番多くアクセスがあるのか、どこからウェブサイトにアクセスしてきたのかなど、訪問者の「足跡」を確認できるのがアクセス解析ツールです。検索サイトから訪ねてきたのか、それともどこかの広告バナーをクリックしてきたのか、事細かに解析できます。

また、ウェブサイトにアクセスした訪問者がそこからどのような動きをしたのか跡を追うことが可能になります。例を挙げてお話すると、トップページを訪ねてきて、そこからどのページに移動したのか、その動きを把握することができます。訪問してきたタイミングも分かるので、どのページにどのぐらい滞在したのかも分かるのがアクセス解析ツールです。

訪問者の動きを色々分析ができればさらに今よりももっと質のいいウェブサイトに進化させることができることでしょう。

なぜアクセス解析ツールが必要なのか

会社がウェブサイトを運営する目的は、会社の存在を多くの人に知ってもらうためや、会社で販売している商品を売るためなど、その会社によって目的は様々です。もしも会社の知名度を上げるためにウェブサイトへのアクセス数を増やしたいのであれば、訪問者を増やすために魅力的なデザインにするなどウェブサイト作りに力を注ぐことで問題解決に繋がります。

ウェブサイトから購入するお客様を増やしたいとか、広告バナーからウェブサイトへのアクセス数を増やしたいなど、目的が細かい場合もアクセス解析をすることでどのページに多くアクセスがあるのか把握することで目標達成が可能となります。

実は面白いことに、アクセス解析ツールを使ってみると、当初の目標とは違う結果が見えてくることがあります。ウェブサイトを運営、または作成した側にしてみると一番アクセスが多いだろうと思っていたページとまったく違うページが一番アクセス数が多いというケースも珍しくないのです。

このことからも分かるように、訪問者の動きを把握することでどこを手直ししたらいいのかを見つけることも、ウェブサイトをより良いものにするために必要なことなのです。運営・管理する側だけでなく、訪れた人が快適に過ごせるウェブサイト作りのため、目的を達成するためにアクセス解析ツールの導入を検討しましょう。

アクセス解析ツールがないウェブサイトは、目をつぶったまま全力で走り抜くのと同じぐらい無謀な状態であることであると覚えておいてください。

無料で高性能『Googleアナリティクス』

Googleアナリティクスで何ができるのか

Googleアナリティクスはアクセス解析ツールとして、ウェブサイトやモバイルアプリに訪問者がアクセスしたときの動きを調べることができます。

  • 訪問者はどのぐらいの数か
  • 同じ訪問者がウェブサイトに何回アクセスしたか
  • 訪問者がアクセスしたページの数は?
  • どのぐらいの時間ウェブサイトに滞在したのか
  • すぐウェブサイトから離れた訪問者の数は?
  • 買い物や申し込み、問い合わせをした訪問者はどのぐらいいるのか

これらをすべて把握可能なツールなのです。これらを解析した結果、数字として表れたものをどのように活かすのか、これがSEO対策において大切なことです。

Googleアナリティクスとは?Googleアナリティクスでウェブサイトの現状を把握する
ウェブサイトの情報を分析するために、Googleが提供するGoogleサーチコンソールを使う方法を別稿でもご紹介しました。 ですが、サーチコンソ…

Googleアナリティクスの簡単設置法

Googleアナリティクスの設置は難しいものではありません。まず初めにGoogleアカウントの作成を済ませておき、その流れでGoogleアナリティクスのアカウントを作成すれば時間がかかりません。

アカウントの作成を終えたら、解析したいウェブサイトのURLアドレスを入力してください。これによって解析をするためのタグが作成されます。このタグをウェブサイトの解析したいページのHTMLタグの中に挿入します。設置が終わればすぐにアクセス解析がじまります。

ちなみにタグは、解析したいページのHTMLタグすべてに挿入してください。トップページのみに設置した場合は、トップページに訪問した人の情報だけが解析されます。そのためほかのページの動きは把握あできない状態です。すべてのページのHTMLに挿入を済ませておきましょう。

Googleアナリティクスの機能の使い方

○ユーザー
ウェブサイトにどのぐらいの訪問者が訪ねてきたのか、どのぐらいの数のページが表示されたのか数が分かるほかに、訪問者のデバイスなども確認できるので訪問者の傾向が確認できます。

○集客
アクセスした訪問者がどこからウェブサイトにアクセスしてきたのか調べることができます。何かを検索しながらやって来たのか、それとも広告バナーをクリックして訪ねてきたのかが分かります。

○行動
アクセスした訪問者がウェブサイト内でどのような動きをしたのか確認できます。

○コンバージョン
コンバージョンの数が多ければ多いほど、それだけ訪問者がウェブサイトでアクションを起こした数が多い証になります。商品を購入したり、会員登録をしたり、それらの動きが分かるのがコンバージョンです。この数が多ければ多いほど、ウェブサイトが充実している証になります。

昔から人気『忍者アクセス解析ツール』

日本語対応だからサポートも万全

株式会社サムライファクトリーが提供している忍者シリーズのツールはどれも人気商品で、無料で提供しているサービスも充実しています。忍者アクセス解析ツールは無料タイプと有料タイプがあります。どちらもユーザーが多く、無料タイプでも訪問者の動きをリアルタイムによる解析で追うことができます。これが忍者アクセスツールの強みともいえるでしょう。

アクセスしてきた訪問者は一人ずつの足跡を追うことができるので、訪問者の傾向もわかりますし、どの時間帯のアクセス数が多いのかグラフで確認することもできます。

しかも日本語対応のアクセス解析ツールですから日本語によるサポート体制も整っています。機能もすべて日本語ですし、忍者ツールの利用者たちで情報交換のために使われる掲示板も日本語でやり取りがなされています。

使い方はとてもシンプル

忍者アクセスツールのメリットは、使い方がとてもシンプルなところでしょう。ウェブサイト初心者の方でも特に難しいことなく使いこなすことができるはずです。

忍者アクセスツールのアカウントを取得した後は初期設定が必要です。サイトの属性を選択したあとに、ポイントつき広告か通常バナー広告のどちらかを選択します。そのあとはデザインと表示位置を選択して、解析するページの名前を編集しましょう。このとき、どのウェブサイトに設置したものなのか分かりやすいような名称しておくと管理しやすくなります。

あとは「解析ソース」をクリックすることで、挿入するタグが表示されます。このタグをコピーして、解析したいページのHTMLソースの中にペーストします。挿入する場所はの上が理想です。

忍者アクセス解析ツールの評判はどう?

最初にも話したように、忍者ツールシリーズはどれも人気があります。すでに170万以上もの登録者数を誇り、特にアクセス解析ツールは一番最初に取り組んだサービスで、今もなお根強い人気を誇ります。このツールが誕生したきっかけは、まだ当時はアクセス解析サービスが今ほど充実しておらず、創業者たちが自分たちが運営するウェブサイトの訪問者状況を解析するために誕生させました。

それがあっという間に一般ユーザーたちの間でも評判となり、個人運営のウェブサイトや会社で運営するウェブサイト、さらにはブログなどでも忍者アクセス解析ツールで使われるようになりました。これによって急激に広告収入が増え、アクセス解析ツール以外のサービスもどんどん展開していったという流れになります。