2020年5月11日にGoogleの開発ブログで公開されたCore Web Vitals(コアウェブバイタル)。このアルゴリズムが2021年以降のどこかで適用されるという旨(※既に既存シグナルとの組み合わせることは発表されているようです。)が告知されています。いつも通りGoogleからするとユーザー体験の向上させるために必要な取り組みとのようですが、WEBマスター側の視点から見た時、しっかりとCore Web Vitals(コアウェブバイタル)の概要を理解していないと順位が降下してしまう可能性があります。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは?

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)はLCP・FID・CLSの3つの要素から成り立っています。この3つはGoogleサーチコンソールの「ウェブに対する主な指標」や「PageSpeed Insights」などから調査することができます。弊社、ベンチャーネットのデータと共に「Core Web Vitals(コアウェブバイタル)への対策を考える」にて1つ1つ考察していきますので、まずは1つ1つの用語の意味を覚えましょう。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)とは?PageSpeed Insightsの使い方や機能
PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)とは PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)とは、ウェ…

CoreWebVitalsの3つの指標
引用元:Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標

LCP(Largest Contentful Paint)とは?

LCP(Largest Contentful Paint)は、ユーザーがページで最も有意義なコンテンツをどのくらい早く見ることができるかを表します。感覚的な読み込みスピードを測定し、ページ読み込みタイムラインにおいてページの主要コンテンツが読み込まれたと思われるタイミングを指します。

LCPは、そのページの重要コンテンツまでユーザーがどのくらいのスピードでたどり着くか?という指標になります。サイトの表示速度であったり、コンテンツの配置によって変化してくるものと考えられます。ページの構成、サイトの設置環境に影響されるものと推測できます。

FID(First Input Delay )とは?

FID(First Input Delay )は、最初の入力までの遅延を表します。応答性を測定して、ユーザーが最初にページを操作しようとする場合に感じるエクスペリエンスを定量化します。

FIDは「応答性を測定」とあるので、サーバーの反応速度が関係していると考えられます。また、サイトの軽量化は以前より言われていることでもあるので、そこと合わせてという感じでしょうか。

CLS(Cumulative Layout Shift )とは?

CLS(Cumulative Layout Shift )は、ページがどのくらい安定しているように感じられるかを表します。視覚的な安定性を測定し、表示されるページ コンテンツにおける予期しないレイアウトのずれの量を定量化します。

CLSにおいては全てサイトの構成であったりデザインに起因します。デバイス毎にレイアウトが壊れていないか?などの確認を行う必要性が高まる感じでしょうか。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)の指標と今後の注意点

これら3つのCore Web Vitals(コアウェブバイタル)の指標は全てスコアの値が低いほど良いとされています。

CWVの状態 良好 改善が必要 不良
LCP 2.5sec未満 4sec以下 4secを超える
FID 100ms未満 300ms以下 300msを超える
CLS 0.1未満 0.25以下 0.25を超える

このCore Web Vitals(コアウェブバイタル)の3つの指標が、今までのGoogleがウェブ上のユーザー体験として取り入れてきた、4つの指標に加えられることになります。

  1. モバイルフレンドリー:ページがモバイル(スマートフォン)に対応しているかどうか。(モバイルフレンドリーテスト
  2. セーフブラウジング:悪意のあるコンテンツではないか。または含まれておらずページが安全に閲覧できるか。
  3. HTTPS:サイト・ページがSSL/TLS化されているか。
  4. インタースティシャル:ページ内のコンテンツに閲覧しているユーザーがアクセスしやすいかどうか。
  5. LCP(Largest Contentful Paint)
  6. FID(First Input Delay )
  7. CLS(Cumulative Layout Shift )

これらのことから、今後、Core Web Vitals(コアウェブバイタル)を含む7つの項目をサイトリリースの際には意識していかなければなりません。

Core Web Vitals(コアウェブバイタル)への対策を考える

まずはベンチャーネットが運営しているSEOの教科書のCore Web Vitals(コアウェブバイタル)の指標を見ていきましょう。今回は「PageSpeed Insights」にて計測しています。

サイトの表示速度を上げるには?「test my site」と「Pagespeed Insights」を活用してサイトの表示速度を上げる
サイトの表示速度を上げるには? なぜサイト表示速度が遅くなるのか サイト表示速度が遅くなる原因は色々考えられます。 まず一つ目は、ウェブサイト内…

教科書のCore-Web-Vitals
※画像をクリックすると別窓で拡大表示になります。

こちら画像を出すか迷うレベルでSEOの教科書は低品質でした。FIDが124ms、LCPが5.4s、CLSが0という結果に。以前から担当者として思うことで「サーバーが重い」「サイトが重い」という実感があるのも事実です。自分も1人のユーザーとしてサイトの利便性と向き合うべきかと。

以前同様にGoogleから新たな指標が出た場合、そちらに対応しないと、突然の順位降下、サイトが表示されない、などの事案が発生したことも踏まえて、次月のSEO対策記にて、上記数値の改善をご報告できるよう様々な対応をしていこうと思います。

特にLCPの指標に関してはフィリップ・ウォルトン氏のブログ(Largest Contentful Paint (LCP))にて告知されている要素があります。

  • <img>要素
  • <image>要素内の<svg>要素
  • <video> 要素(ポスター画像を使用)
  • url()(CSSグラデーションではなく)関数 を介してロードされた背景画像を持つ要素
  • テキストノードまたはその他のインラインレベルのテキスト要素の子を含むブロックレベルの要素。

これらを1つ1つ対応していく流れにしようと思います。

6月期のSEO対策記の振り返り

2020年6月期のSEO対策記「2020年5月5日事前告知のGoogleコアアルゴリズムアップデートの傾向と対策」にて行った3つの施策を施したサイトの経過を報告します。

コアアプデ対策

  1. 今回のコアアプデで生き残った保有しているサイトの過去記事の追記・更新
  2. 大量記事が投稿されているサイトのアクセス0の記事の削除

こちらはホワイトサイトと言われるものなので1つ目は省略しましたが、順調にクリックが伸びてきています。今後、新規の記事投稿も行っていくので、このまま急角度で復活してくれると信じています。現状、意識しているのは、追記・修正において、複合キーワードと呼ばれるニッチなワードでの最上位表示(強調スニペット)を狙っています。

最上位表示するページをサイト内にどれだけ持てるか?が焦点となっている気がしますので、今後も継続して対応と報告をしていきます。

サイトの表示速度をどのようにスピードUPしていくか、サイト設計段階から重要視した方が今後のサイト運営にした方が良いと思います。

サイトの表示速度を上げるには?「test my site」と「Pagespeed Insights」を活用してサイトの表示速度を上げる
サイトの表示速度を上げるには? なぜサイト表示速度が遅くなるのか サイト表示速度が遅くなる原因は色々考えられます。 まず一つ目は、ウェブサイト内…