気が付けば勝手に現場で使われている

働き方改革は、とかくトップが指示を出してそれに従うという形になりがち。
もちろん長時間労働是正などは、トップが固い意思を持って実行しないと、実現しないこともあり、トップの意思表示は非常に重要。

その反面、「効率がいいらしい」という理由で、システムを導入しても現場にはあっていない。
「働き方改革のために何かやりました」というだけのシステム導入に終わってしまっている改革もあります。

ボトムアップで行う改革というのも、非常に重要。
引用記事では、その筆頭格として「Slack」が取り上げられています。
Slackは、いわゆるチャットツール、一般的なSNSに似ていますが、業務用に特化しているのが大きな特徴。

Slackはグループチャット、プライベートチャットなど、色々な形のチャットが可能。そしてファイル添付なども容易。
またLINEなどで気になる「既読」機能はありませんが「アクティブ」など、ステータスはわかるようになっています。

既読機能は同じチャットツールである「チャットワーク」にもありません。
そもそも、どちらも業務用ツール。「既読スルー」されているのはなぜ?などと考えるのは時間の無駄。
アクティブであれば、すぐ返事が来るだろうと予測できますし、不在であれば、行きっぱなしにしておけばよい。
不在を逆手にとって、その間に長文を送ることもできますね。
またSlackは各種アプリと連動できる点も評価されています。

企業内の連絡方法はメール、Skype、その他SNSなど、方法自体が増えている。
そのため、連絡が的確にできているのかどうか把握しにくいという現状があります。
またメールなど一方通行の伝達方法の場合、まず「かしこまる」。
相手が上司の場合、よりそうなりがちです。
そして、何かの指示だった場合、返信に「了解」とだけ書けば充分なケースも多いですが、メールには「件名」などがあります。
また一斉送信された場合、メールの重みが軽くなる、読んでも忘れることも増えてくる。
また一斉送信のメンバーがよくわからないなど「もやっ」とした部分ができてしまい、しかも解決できないのが一方通行であるメールの特徴。

チャットツールの場合、メールのデメリットはありません。
「了解」はそのまま打てばよい、少し時間くださいということも気軽に言えます。
Slackのチャット機能はオープン機能だけではありませんが、基本的にオープンを前提に作られているよう。
いつでもどこでも誰とでも、気軽にやり取りができることで、社内が活性化されるというわけ。

横のつながりがないという致命傷

また日本企業の特徴として、横のつながりが希薄ということがあります。
同じ部署の違う課で何をやっているのかわからない。
また事務なので、営業の仕事内容はさっぱりわからないということもあります。
しかし、チャットツールがあれば、他の部署が何をしているのか、どこに困っているのか、絶えず把握する状態になります。
時と場合によっては、課や部をまたいで仕事をする可能性も出てくる。

「これはうちの管轄ではないので」というロスは結構多いもの。
しかもこういった案件はトラブルが起きてから、特定の誰かが他の部署にコンタクトを取るという方法が多いですね。
時間もかかるし、その場のトラブルしか解決されない。トラブルの元になっている「横の連携」は出来ていないままになるのです。

会社というのは、いろいろな部署が「社の利益」という1つの目標に向かって進む集団です。「いろいろ」の専門性や特性を充分に発揮して、目標に貢献するもの。
つまりチームです。チーム内の他のポジションにいるメンバーが何をやっているのかがわからないのに、自分の立ち位置は決めにくいですよね。
それを「まあいいか」で済ませると、会社は全く進歩しないままになる。
Slackというチャットツールを導入するだけで、一気に横の連携が取れるようになるのです。

Slackが利用される理由

ところで、この便利ツール、どのようにして開発されたのか?というと、
実は失敗の産物らしいのです。
現CEOのスチュワート・バターフィールドは、最初ゲーム開発をしていましたが失敗、その時に使ったチャットシステムだけが有効活用された。
そして、その経験を活かし、次のゲーム会社を作るも、また失敗。その時に使われていたのが、現在の「Slack」というわけ。
トライすることの重要さがよくわかりますね。

そして、そんなSlack、現在日本では、パナソニック、JTなど誰もが知っている大企業が導入しています。
しかし、Slackの面白い点は「トップ」が導入を決定しているわけではなく、現場で勝手に使われ「これ、いいね」となり、社内に広まるケースが多いのだとか。
色々な部署で勝手に使用され、2重契約状態になり、会社で一括契約した例もあるのだとか。

引用記事では、現場で勝手に使用されているSlackを「野良Slack」と呼んでいます。
現場で「野良」の良さが広まる、勝手に使われる、気が付けば社内の大半がSlackユーザー、結果導入ということですね。
仕事好きであっても、無駄な会議を愛しているわけではない。するべきことをしたら帰りたいのがサラリーマン。

しかし、誰も帰っていないのに帰ってはいけない気がする。また一定時間会社にいないと働いた気がしない、という理由で社内にいるという無駄はよくあること。
この状況もチャットツールを使えば、解消できる可能性大。

働き方改革は、現場で働く人たちのもの。現場の仕事ぶりをよく見る、うまく現場を回すためにやっている方法の中に、改革のための大きなヒントが隠れていることもあるのです。