令和の時代を迎え、働き方改革が進み始めていますが、こんな時代のキーワードともいえるのが「物流」。

インフラ整備に伴い、ネット通販などが盛んになっている今の時代。
実店舗を介さずにモノを買うということは、個別配送が増えるということ。
また少子高齢化に伴い、買い物に行けない高齢者も増える。そういった人たちにモノを届けなくてはいけない。
人口は減っているけれど、より細かい仕事が増えているのが「物流」分野です。

またそれと同時に、海外との垣根も低くなり、かつてないほど国家を超えたモノの行き来も盛んになっている。

こういった状況の中、ハイペースで多くの商品が開発され、物流にはスピードが要求される時代でもあります。

そしてその反面、物理的にモノを運ぶ人材は減りつつある。
いきおい、物流業界は過重労働になりがち。
競争が激しい社会であるため、値引き合戦など労働者に負担を強いるサービスがどんどん増えていくことも懸念されます。

しかし、労働者に負担を強いるような働き方では、物流の世界はとても維持できない。するとどうなるか、日本経済は一気に破たんしてしまいます。
こういった背景を考えると「物流」が今後の日本経済を左右すると言っても過言でない。

物流現場の労働環境を整えることは、日本を維持していくための大きな課題なのです。

しかし、物理的にモノを運ばなくてはいけない「物流」業界で、働き方改革は可能なのか。すでに効率化や女性の活用を手掛けている物流会社があります。それが日通商事です。

会社名からわかるとおり、商社でもあり、運送会社でもある日通商事は、海外から日本の個人にまで、モノを運ぶコーディネートをしている企業といってもいいでしょう。
そのため、業務内容は海外からの輸出入品の扱いから、国内の物流と幅広いのが特徴。取り扱い商品には、保険なども含まれています。

つまり運送トラックを走らせるだけではなく、かなり複合的な業務を扱っている企業。
そのため、日本の各支社などの連携をスムーズにするだけで、かなり労働環境が改善できるということなのです。

日通商事では、地方の職場単位でのグループ改革を実施。
そしてそのグループ同士はクラウド型で行うようになっています。
現場の裁量を増やし、会議も柔軟性を持つ方法にしたということ。

これにより、幅広いネットワークを無駄なく使うことができる。
そして新しいアイディアが生まれることもある。
配送というのは、運送だけでなく仕分けの段階でマンパワーを必要としますが、倉庫内での作業を自動化するというシステムも導入されています。

また新しいコンテナを開発することで、より運ぶ商品の価値を高める事業なども行っています。
優れたコンテナがあれば、スピードや人手が少なくとも、コンテナの機能で補える可能性もある。
こういった工夫により、物流改革が行われているのです。

環境への配慮は欠かせない

日通商事の取り組みで目を引くのが、新しいコンテナ「エコライナー」開発や太陽光発電事業といった、いわゆる「環境に優しい」事業です。

もはや「エコ」や「環境への配慮」は、企業イメージのアップなどという次元を超えている。
というのも、環境に配慮した生活にシフトしていかなくては、人類の生活がたちいかなくなるのは目に見えているからです。

少なくともモノの使い捨てを続ければ、資源は減っていく。そもそもゴミの元になる素材を運ぶ人がいない、出たゴミを処理する人もいないという問題に、我々はすでにぶつかっています。
それならば考え方を変えるしかない。使い捨てではなく、長く使えるコップを作る。開発には自然環境を損なう方法を極力避ける。
こういった方向性を企業が作り出すことで、持続可能な社会に近づけていくことが可能になります。

今のままでは社会が持続できないことに気付いているのは、他ならぬ消費者。
しかし、個人で何かを変えていくのには限界がある。
そもそも利便性や習慣が変化しなければ、そこに甘んじてしまうのが人間です。

近年、クリスマスケーキや恵方巻といったイベントがらみの食品を、予約限定販売にする動きが広がっています。
また従来は店頭に多くつるされていた衣類ですが、今では試着用の服しか置いていないというお店も出てきました。

これで、消費者が困るのかといえばそうではない。
無駄にケーキや洋服が並んでいたところで、消費者にこれといった得はない。
大事なことは、必要なときに服やケーキが手に入ることなのです。

すでに良くも悪くも昭和の時代に比べ、紙文化はかなり減りつつある。
しかし、量は減ったが、本やアートがなくなったわけではない。むしろ
違う形で愛されつつあります。

環境への配慮というと、節約のような「ガマン」が連想されがちですが、そもそも何でも量さえあればいいというものではない。またスピードが早ければいいというものでもない。

「物流」現場での働き方改革は、「たくさん早く」が幸せという単一の価値観から抜け出し、メリハリのある幸福を生む社会への変化を示しているともいえます。