働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 働き方哲学

カテゴリ一 記事一覧

人づくり革命とは。9つの柱を持つ「人づくり革命」

2017年末に、国が打ち出した政策の一つに、人づくり革命というものがあります。内閣府が公表している資料には、人づくり革命についてこう述べられています。 我が国は、健康寿命が世界一の長寿社会を迎えており、今後の更なる健康寿命の延伸も期待される。10 年前に我が国で生まれた子供たちの半分は、107歳まで

人は自発的に長時間労働をしている?2つの視点で現状を見つめ直す(後編)

前編では、アドラー心理学の視点から長時間労働について考え、“目的論”と“課題の分離”という考え方をご紹介しました。後編では、ラ・ボエシの『自発的隷従論』の視点から、「なぜ人は長時間労働をしてしまうのか」という問題について考えていきたいと思います。   人々が”隷従”してしまうのは”習慣”だ

人は自発的に長時間労働をしている?2つの視点で現状を見つめ直す(前編)

政府の働き方改革で取り上げられ、メディアでもたびたび目にする長時間労働の問題。「仕事が楽しくて仕方がない」という方もいらっしゃると思いますが、多くの方は、様々な理由によって“仕方なく”その状況を受け入れているのではないでしょうか。しかし、そんな“仕方なく”行っているはずの長時間労働は、実はあなたが“

多様な働き方が選べる時代、必要なのは“肯定的なあきらめ”?

“多様な働き方”は、“働き方改革”の軸と言うべきものです。一人ひとりが、自分にあった働き方を選択できる。それによって、今まで労働市場の隅に追いやられていた多くの人が活躍できる。それは非常に理想的な状態に思えます。一方で、「急に『働き方を選んでいい』と言われても、どうしたらいいのかわからない・・・」と

“副業”の一歩先へ!長寿化時代に必要な“パラレルキャリア”とは?

政府が“働き方改革”のテーマの1つとして掲げている“副業解禁”。その動きに先駆けて、“副業解禁”に踏み切る企業も出てきており、副業に興味を持つ方も増えてきていると思います。一方で、“副業なんて単なる小遣い稼ぎにしかならない”などとお考えの方もいるかもしれません。 しかし、本業以外の活動をすることは、

”働き方改革”だけでは終わらない!巻き起こる“働き方革命”

働き方に関する様々な問題について、政府が積極的に議論を進める中で、メディアで話題になる機会も多くなりました。その際によく用いられるのが、“働き方改革”と“働き方革命”という2つの表現です。政府が掲げているのは“働き方改革”ですが、では“働き方革命”とは何なのか。今回は両者の違いとともに、“働き方改革