働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 生産性向上

カテゴリ一 記事一覧

あなたの会社もある日変わる

働き方改革は、地味にかつ突然進む 働き方改革という声は聞くけど、長時間労働はあまり変わらない。 頭の固い上司のダメ出しも続いている。うちの会社は大丈夫なのだろうか。 逆に、上司部下の遠慮をなくす形での会議が始まった、など、多少の変化が見られる会社もあるかもしれません。 いずれにしても、もはや長時間労

長時間労働、やった気になっていないか?

本当は短くできるはず 長時間労働は過労死を生む、また効率も悪い、ということで残業禁止。 すると必要な仕事ができなくなってしまった‥では意味がありませんね。 損害保険ジャパン日本興亜は、2015年度から働き方改革に着手。 具体的な改革案が評判を呼んでいます。 その中身は、まず在宅ワーク(テレワーク)、

テレワークの現状と課題

いつでもどこでもがメリットのテレワーク 働き方改革の目玉の1つが「テレワーク」です。 テレワークとはネットなどを使って、職場以外の所で仕事をすること。 在宅ワークが主ですが、働く場所や時間を問わない方法として注目を集めています。 しかし、平成27年「地方創生と企業におけるICTの利活用に関する調査研

ビジネスで忖度は時間の無駄

スタートする前に悩む日本 ビジネスで、新しいことを思いついた。「こんな案はどうでしょう。」 と言いたい。 でも部長は忙しそう、それ以前に「昨日の書類をやれ」と言われそうな気もする。 しかし、放っておいたらこの案、隣の2課の社員に取られそう‥。 こうして結局「この案」は陽の目を見ることがないままになっ

「労働の自由」は働く側ではなく、雇用側にある

労働基準法から外れてしまう「高プロ制度」 働き方改革の目玉の1つ「高度プロフェッショナル制度」。 「年収1075万円以上の一部専門職を、労働時間の規制から外す」という制度です。 「年収からして関係ないや」という労働者も多いのですが、当事者として考えると、かなり問題が多い制度。 その理由は「労働時間の

仕事で達成感を得られない?

熱意ある社員が6%という日本 米ギャラップ社が行った仕事への熱意度調査(エンゲージメント)で日本には熱意ある社員が6%しかいない、という衝撃の結果が出ました。 さらに139カ国中132位と最下位というレベル。 ダメ押しに「周囲に不満をまき散らしている無気力の社員」が24%、「やる気のない社員」は70

労働に昼寝は必須

働き方改革に「昼寝」も? 最近、職場や学校に「昼寝」を導入する場所が増えてきました。 ネックピローやうつぶせ用の枕など仮眠グッズも出始め、関心を集めています。 不動産大手の三菱地所も28日、1月に移転した新社屋で、仮眠による従業員の業務効率について検証する実証実験を同日からスタートしました。 自社従