働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 最新ニュース

カテゴリ一 記事一覧

「IT開発者の」IT化はどの程度?

プログラムだけを見ているわけではない 働き方改革に伴い、急速に進むデジタル化。 そのためITエンジニアの育成も、急務と言われています。 IT技術者は、実際のところどういった仕事をしているのでしょう。 引用記事には、そんなIT開発者へのアンケート結果が載っています。 IT開発者の仕事というと、システム

土地の資産価値を決める「コワーキングスペース」

鉄道会社が運営する理由とは いつでもどこでも働ける国へ、そんな流れを後押しするのがコワーキングスペース。 誰でも仕事をするために利用できるスペースとして人気。企業が法人契約をしているケースもあります。 中でも、ワーキングマザーの需要は大きくなっているよう。 保育所不足が叫ばれて久しいですが、保育の無

どうなる製造業の「デジタル化」

人間に任せる余地を残す日本企業 職場のデジタル化やRPAの導入というと、事務作業を思い浮かべますが、製造業の現場でもかなりデジタル化は進んでいます。 元々、人間がやっていた流れ作業をロボットが行っているのが当たり前の世界。 各種作業の機械化を進めていくことも、自然な流れと言えます。 では、この先デジ

デジタル化社会で重視される「多能工」

今こそ「多能工」の見直しを 働き方改革で「専門性」が見直されていますが、それ以上に重要なのが「多能工」。 マルチスキルワーカーとも呼びますが、1つの専門分野だけをこなす働き方ではなく、色々な作業をこなす働き方です。 引用記事には、石川県経営者協会の「多能工を取り入れたことで、残業時間半減効果があった

これからの労働市場は「中国」が主役?

バイリンガルが欠かせない社会へ 一昔前までは、粗悪品の代名詞にされていた「メイドインチャイナ」。 今でもパクリ製品などが、テレビのネタにされていたりしますが、その反面、現在は、日本をはるかにしのぐ技術大国とも言われています。 今何かと世間を騒がせている、中国の有名電子機器メーカー「ファーウェイ」は、

「働き方改革」いよいよスタート

改革の骨子をおさらい 2019年4月より、いよいよ働き方改革関連法案がスタート。 長時間労働是正を筆頭に、日本の労働環境が大きく変わろうとしています。 あらためて、引用記事をもとに、改革の骨子とその問題点を見ていきましょう。 まず最大の改革点は「長時間労働の是正」。 従来の労働基準法も「残業フリー」

「AI」でお金を儲ける方法

デジタル技術がお金を生むわけではない 仕事の効率をアップさせようと思うが、IT整備ができない。 そのため、エンジニアを雇ったがどうにも使えない。またITエンジニアがいる方がよいとわかっていても、人材確保ができない。 デジタル化に伴い、ITエンジニア不足が目立ち始めていますが、そもそもITエンジニアと

「地方自治体」とタッグを組む企業とは

「地方創生」をするには、まず自治体から 「お役所仕事」という言葉があるくらい、役所の仕事は楽でスピード感がないものというイメージがあります。 しかし近年は少子高齢化に伴い、職員採用数も減少。非正規雇用者もかなりの数に上ります。 また、いろいろな事情を抱えた地域住民に対応する能力も必要。 売り上げを伸

「ITエンジニア」を育てる方法

自前でエンジニアを育てるメリットとは RPAなどの普及に伴い、増えているのがIT技術者不足。 RPAも便利な製品が増え、高度なIT技術は必要ない製品も増えていますが、それでも相対的には人材不足。 引用記事には、大手転職サイトビズリーチの例が載っています。 ビズリーチでは、顧客管理、マーケティングツー

「頭でっかち」な朝活から抜け出す方法

やった達成感だけでは意味がない 働き方改革に伴い、自己改革活動も盛んになっていますね。 そのうちの1つが「朝活」。 朝から習い事をしたり、グループミーティングをしたり、といろいろな活動をしている人もいるでしょう。 しかし「朝活はやり方によっては、全く意味のない行動になる。」と引用記事では述べられてい

「在宅ワーク」に見る日本の労働事情

時代により変わってきた「在宅ワーク」の意義 働き方改革に伴い、広まってきた在宅ワークやリモートワーク。 いつでもどこでも働けるため、育児や介護を行う労働者の強い味方になります。 しかし、元々サテライトオフィスやリモートワークがスタートした理由は、全く別の要因も絡んでいるよう。 引用記事に載っている「

「デジタルに仕事を取られる」は間違い

失業者が増える国日本 デジタル化のおかげで、仕事の効率がアップする反面「今やっている仕事はAIなどに取って変わられる危険性」があるとも言われます。 引用記事では7年後に失業する日本人は「140万人」。 ただし、この数字はかなり控えめなもの、実態はその10倍近くなるという驚きの記述が見られます。 なぜ

「時短ワーク」で大事な「仕事の中身」

女性がやりたいのは「やりがいのある仕事」 最近の働き方改革で目立つものが「時短」。 子育てや介護をしている主婦や高齢者など、時間が短ければ働きたいというニーズは多いもの。 そんな希望に応える職場も増えてきています。 その反面、時短ワーク=単純労働や責任の少ない仕事など、やりがいの少ない仕事になってし

「RPA導入」で乾杯できる理由

あるビール会社の事例 温かくなってくると、ビールが頭をよぎる。 いや、冬の暖房の中で呑むビールもかなり爽快と、お酒やビールは労働者の心強いサポーター。 しかし、そんなお酒も当然造っている人たちが存在するわけで、大手メーカーともなれば、書類の山がさばき切れていないなど、どこの会社でも起きる悩みを抱えて

職場で「イラッ」ときたら‥

イライラするのはなぜ? 労働環境における大きな問題が「人間関係」。 在宅ワークなどで、直接人と接する機会が減りつつありますが、チャットやメールの返信がない。文章の意味がわからない‥など、別のストレスが溜まることも。 労働環境だけでなく、人がイライラする原因は何なのか? 引用記事には「べき論」で物を考

「週休3日」がなじまない日本企業

「しっかり休む」を定着させるには 休みといえば土日祝日、しかし働き方改革に伴い「週休3日」という企業も出てきているようです。 そんな中ニュージーランドの企業が「週休3日」の成果について実験。 週休3日は「効果的」という結果が出たようです。 引用記事によれば、実験の期間は8週間。週37.5時間勤務から

「働き方改革」で重要な指示する力

根性論は自動的に消え去る 「とにかくやれ、早くやれ」。いつでもどこでもこのように具体性のない指示を出す上司はいるものです。 またメンタルヘルスという言葉が当たり前のように使われる現在でも、「寝ずにやればできる。」という根性論に基づく説教もあります。 「死ぬほど努力をしろ」という気持ちはわからなくもな

「働き方改革」に「2か所居住」はアリ?

ライフスタイルも多様化 働き方改革に伴い、色々な生き方が登場していますが、その中の1つが「2拠点生活」。休日と平日で別の家に住むという方法です。 「当初は間違いなく変わりものにされると思った」という2拠点居住実践者の体感が引用記事には書かれています。 当初は自分しかいないと思っていた東京在住移住者が

「クラウド型RPA」開発から見えてくる「仕事の責任」

日本初のクラウド型RPA登場 導入企業が増えつつあるRPA。パソコン作業をロボットが行うという方法で、従来の単調作業効率がさらによくなりつつあります。 従来のRPAはソフトやサーバーを購入、組み込む方式でしたが、ついに国産初クラウド型が登場。 発売元はBizteX、投資会社WiLの後押しを受けてのス

社内改革と混同されがちな「働き方改革」

「働き方改革」って何のこと? 「働き方改革」はどんな企業にとっても避けられない課題。 引用記事では、実際に上司に命令され、働き方改革を進める現場の声が載っています。 各部署、あらゆる努力を行い「やれることはやった」という結論になっている。 また課題になっているRPA導入については「各部署が責任を持っ

「寝坊」が仕事の効率を上げる

気のせいではない「朝型」「夜型」 午前中はどうも仕事がはかどらない。しかし、上司は朝から元気で「人間日の出と、ともに起きるものだ。」と言い張っている。 こういうケース「夜にだらだらしているから早く起きられない。」 ということもあるかもしれませんが、そもそも最適な睡眠時間帯は人によって異なるということ

no image

働き方改革に欠かせない「高齢化社会」という視点

増えていく「プレ介護」 働き方改革を「今」行わなくてはいけない理由の1つに「少子高齢化」があります。 労働人口が減っていく中、限りある労働者にどのように働いてもらい、最大の結果を残すのか?というのが大きなテーマ。 しかし、この視点では「高齢者が増え、働き手としてドロップアウトしていく。」 という考え

「女性を見習え」働き方改革

柔軟性のある働き方とは 働き方改革に伴い、必要とされることが「柔軟性」と「多様性」。 この2つを元々持ち合わせているのが女性。 女性の目指す働き方や生き方から、今後の働き方改革に向けて努力すべきことが見えてくるかもしれません。 そもそも働き方改革が必要な理由とは、労働市場の変化のスピードが早いため。

RPA導入は「目的」ではない

RPAを使用するのに必要なこととは 2019年現在、職場でのデジタルツールといえばRPAというほど、RPAは各企業で採用されるようになりました。 RPAとは何かというと、簡単に言えば「パソコンを扱うロボット」のこと。 今までは、あるデータをパソコンに処理してもらう場合、まず入力作業などの下準備が必要

どうする中小企業のデジタル化

仕事内容を洗い出す難しさ 仕事にパソコンを持ち込むのは当たり前ですが、そのパソコンをロボットに操作してもらうRPAの導入が各企業で進んでいます。 RPAはAI社会を予想させるシステム。今まで例えば経費を精算しようと思えば、まずデータを入力して必要な計算を指示するという作業は人が行っていました。 しか

地頭の良さを作る方法とは

頭の良さとは何なのか? 近年、大学入試改革が叫ばれ、高等教育のあり方がどんどん変わろうとしています。教育現場ではアクティブラーニングが進められていますが、やり方をめぐって右往左往している状態。 また働き方改革に伴い、受け身で物をこなすだけではなく、発信型にならなくてはいけないとも言われていますね。

IoTの現状と未来

ネット社会の着地点は? 最近の流行語の1つになっているIoT。 今の時代スマホを持つのはもちろん、AIスピーカーで家電製品に命令を出すのも当たり前の世の中になってきました。 そんな中IoTは現在どういった位置づけなのか、そして今後そういった方向へ進んでいくのか、総務省のサイト(引用記事)で見ることが

働き方改革を進める「チャットツール」

できることから始めてみる 働き方改革は根本的に行うとすると、かなりの意識改革が必要。 しかし従来のやり方に固執していては、企業自体が持たなくなる。 そんな状況で、ストレスなく変えていけることも多々あります。 「チャットツール」もその1つ、ストレスなくというより従来のストレスを解消するツールです。 オ

おさらい「RPA」とは何か?

業務のデジタル化の第1歩 RPA 仕事をAIにとって代わられる。そんな時代に先駆けて行われているのがRPAの導入。 しかしRPAという単語がイマイチわからないということもあるかもしれません。 RPAとはロボットプロセスオートメーションの略。 簡単にいうと、今までデジタルといえばパソコン。しかし入力や

日本でイノベーションが起きにくい理由

日米のデータ比較で見るイノベーション 「イノベーション」を起こさねば、今のご時世、労働市場から取り残されてしまう。 関税撤廃が現実となった今、より企業は競争力を求められています。 しかしその反面、日本はイノベーションを起こしにくい国とも言われます。 その理由は総務省のデータ(引用記事)で見ることがで

西から始まる「業務の自動化」

デジタル化」は誰のため? 進んで行く職場のデジタル化、大きく分けて2つのパターンがあります。 まず1つ目は、無人レジのような個別の仕事をデジタル化する方法。 昭和の時代に電卓でやっていたようなことは、現在パソコンがやってくれますね。そういったタスクの置き換え方法です。 もう1つが全体の流れ自体のデジ

「働き方改革」がうまくいかない3つの理由

「働き方改革」は誰かが指導してくれるものではない 働き方改革に伴い、まず残業を削減することにした。しかし仕事量が変わらないので、誰も帰らない。もしくは退社はするが持ち帰りになっている。こうして結局うまくいっていないというケースも多いですね。 なぜ、こんなことになるのか、どうすれば働き方改革はうまくい

RPA導入だけでは生き残れない日本企業

RPA導入の落とし穴 仕事のAI化に先がけ、すでに始まっているのは「RPA」の導入。データ入力をする場合、計算はエクセルソフトなどがやってくれますが、入力作業自体は人間が行い、照合も人の手を借りなくてはいけません。しかしRPAを利用して交通費の清算をするとします。 飛行機代、鉄道代など項目はバラバラ

教員の仕事って何だろう?

教育現場に見る働き方改革 「忙しい職業」の1つとして挙げられるのが教員。部活動の指導や保護者との対応で、心身を病む教員の増加などが問題になっていますね。 1番「働き方改革」を行わなくてはいけない職業ともいえます。引用記事では、そんな教員の負担を軽くする取り組みを行う横浜市の小学校が紹介されています。

隣国に見る「働き方改革」の行く末

働き方改革が進むと失業者が増える 「残業時間は減ったが、その分給与は減った。」この嘆き日本のサラリーマンの声に聞こえますが、実はお隣韓国の話。韓国では、日本以上のスピードで働き方改革が進んでおり、その分弊害も大きくなっているようなのです。 韓国での働き方改革の骨子は2つあります。 1つ目は「労働時間

プロフェッショナルとは「休みを取るもの」

自分の管理もできないなんて‥ 会社で1人だけ休みを多く取ると、日本では「給料泥棒」なんて思われたりします。一昔前だと、どれだけ会社にいるかが大事であり、仕事はしていなくても評価されたりなんてことも。 最近は、さすがに日本でも、仕事の結果で社員を評価する風潮が出てきたようですが、それでも「長時間労働=

「1人で仕事を抱え込み」はもう終わり

注目されるシェアード社員 大事な顧客Aさんは、自分でなければ担当できない。向こうも信頼して対応してくれているし‥。 人と接する職種の場合、こういう感情を持つのは当たり前。しかし、この方法だと仕事のやり方はAさんに振り回されることに。他の人へのアプローチまで手が回らないということになってしまいます。そ

変わっていく鉄道会社。柔軟な勤務体系

労働組合が足かせになっていた? JR東日本が26年ぶりに勤務体系を見直すことになったようです。 26年前というとバブル崩壊直後。その後、日本経済や働き方は大きく変わってきたというのに、鉄道会社の勤務形態はそのままだったようですね。 引用記事ではその原因の1つを「労働組合」としています。 労働者の権利

休暇でステップアップできるスウェーデンでの働き方

考え方をすべて変える 育児介護休暇という言葉が当たり前になってきましたが、現実には、まだまだ実行しづらいのも事実。 抜けた人の穴埋めを誰かがしなくてはならず、他人にしわ寄せがいく。 管理職の場合は、仕事自体が回らない。 「後を考えると休みは取れない」ということで「休暇」という単語が有名無実になってい

井戸端文化が企業を変える?

女性に人気のシェアオフィス コワーキングスペースなど、会社に出社しなくても、自分の好きな場所で仕事ができるスペースが広まりつつあります。 そんな場所の1つが「シェアオフィス」。 大企業がサテライトスペースとして借りていることが多く、シェアオフィスを持つ企業も続々と登場。 そのため、シェアオフィスを運

中高年よ 大志をいだけ

中高年の力がスタートアップ企業を支える 大手企業の不祥事が続く中、転職を考える中高年も増えていますね。 現代では、大手企業を退職してスタートアップ、いわゆるベンチャー企業に就職する人も増えているとか。 引用記事では、58歳にしてスタートアップ企業に転職、給与は下がったが、やりがいに満ち溢れている男性

形だけを整える働き方改革

残業を無くすということ いよいよ働き方改革が、平成最後の2019年4月から始まろうとしています。 今回の法案には反対も多い「高プロ」など、いろいろな要素が盛り込まれていますが、1番大きな改革は「長時間労働の是正」が法案化されたこと。 今までの労働基準法などでも「1日8時間、週40時間」とされていまし

現場が勝手に導入してしまう「働き方改革ツール」、Slack

気が付けば勝手に現場で使われている 働き方改革は、とかくトップが指示を出してそれに従うという形になりがち。 もちろん長時間労働是正などは、トップが固い意思を持って実行しないと、実現しないこともあり、トップの意思表示は非常に重要。 その反面、「効率がいいらしい」という理由で、システムを導入しても現場に

外国人労働者は「移民」ではないのか?

移民の定義とは? 10月の政府所信表明演説で、安倍晋三首相は「世界から優秀な人材が集まる国づくり」を表明。 外国人労働者の受け入れに積極的な姿勢を示しました。 具体的には、すでに外国人労働者は「外国人技能実習制度」により受け入れが可能になっており、現在は「日本で労働技術を学ぶため」最大5年の実習が可

ブラック企業を返上する簡単な方法

かつてはブラックだったサイボウズの例 何となく人間関係のギスギスした職場、部下の忙しさを上司は理解せず、意見も聞かず、無駄な忙しさだけが溜まっていく。 それが給与に反映されず、ついには身体を壊し、退職するはめに。 ブラック企業のイメージって、何となくこんな感じですね。 業績があまりよくない企業も多く

正月に開いているお店が無くなる?!

当たり前になった「元日営業」 お正月は職種を問わず休みになるシーズン。仕事関係の連絡も来ず安心して休める休暇です。 のんびり近所のスーパーに行って福袋でも買って‥という過ごし方もいいですね。 しかしこれでは「近所のスーパー」の店員さんは休みではない。 小売業、病院、配達業務など、一部の人たちはむしろ

60歳になっても給料変わらず!TISが「65歳定年制度」導入

安土・桃山時代の英雄、織田信長は戦の前にはかならず「人間50年~下天のうちをくらぶれば、夢幻の如く。生をうけ滅するもののあるべきか」と日本の伝統芸能「幸若舞」の演目を舞ったそうです。このように、この時代では人間の人生は50年程度と考えられていたようです。 これを裏付けるように、時代が下っても1980

会社の業績を左右する「メンタルヘルス」意識

頑張れと言われても メンタルヘルスという言葉が知られるようになってきましたが、その反面、未だに企業の中では根性論があったりするのも事実。 「寝ないで頑張れ」とまではいかなくても「もう少し頑張れるだろう」という空気がある企業はまだ多いよう。 それについていけず、こころの病になり休職してしまった人を「落

「女はつらいよ」ある女性の働き方

仕事と結婚、育児は両立できるのか 仕事をしながら結婚、出産、育児、すべてをバリバリやっている女性はまだ少数派。 仕事が面白く家事と両立する気はしない。あるいは、出産を機に仕事のグレードを下げざるを得なくなったという女性がまだまだ多いですね。 引用記事には、ベンチャー企業の広報担当として働く里田恵梨子

「同一労働同一賃金」実施するうえで気を付けたいこと

まず現状をチェック 「働き方改革関連法案」の目玉の1つが「同一労働同一賃金」。 これにより正規労働者と非正規労働者の格差をなくすというのが法案の骨子。 両方をどうすり合わせていくのかなど、企業には悩ましい問題でもあります。 しかし、労働者は正規、非正規の2パターンだけではない。 大事なのは「まず現状

「仕事の効率化」は手段であって目的ではない

やった気になる働き方改革 働き方改革の旗のもと、各企業で実践されているのは「無駄のカット」。 「会議時間の短縮、時間設定」などが話題になっています。 しかしこの動きに、研修やコンサルティングを手掛ける「FeelWorks」を運営している前川孝雄氏は継承を鳴らしているようなのです。 無駄を省くことはい

なぜ女性は医師に向いていないのか?

東京医大入試得点操作から見えるもの 東京医科大学の入試で、男子学生を多く合格させるため、女子の得点が低くなるように操作していた事件。男女差別として議論を呼んでいますが、この事件はかなり根が深いよう。 かねてより「医師の男女格差」の問題提起をしてきたフリーランス麻酔科の筒井冨美氏が、その背景を詳しく語

人手不足の中小企業、改革ポイントはコレ

変化する中小企業 続く企業の人手不足、特に中小企業でその傾向は顕著なよう。 そのため賃上げも増えており、2017年に東京商工リサーチが行った調査によれば、資本金1億未満の中小企業の方が、賃上げ実施率が高くなっています。 その結果、7割を超える企業が「社員のモチベーション向上」「離職率低下」など賃上げ

「今どきの若手社員は‥」という前に

チャレンジより「楽して稼ぎたい」 「今どきの新入社員は」というのは、いつの時代でも言われること。 では2018年現在の新入社員にはどんな傾向があるのでしょうか。 それを調査したデータがあるようです。 公共財団法人日本生産性本部と一般社団法人日本経済青年協議会が2018年度の新卒社員1644人を対象に

早いペースで変化していく日本マイクロソフト

IT変革のスピードの速さ 日本マイクロソフト社が8月6日、2019事業年度の経営方針記者会見を開催。 平野拓也社長の言葉から「ITの世界のスピード感」が見えてきます。 現在の日本マイクロソフト社の主力事業は「クラウドソリューション」。 日本マイクロソフト社はクラウド構築会社(クラウドベンダー)として

仕事を気にせず、しっかり休む方法

休みは取ったけど、休んだ気がしない 「さあ、夏休み!」とはいえ、社会人の場合「あの仕事の連絡が来ているかもしれない」など、仕事が頭から離れず、休んだ日数は多いが、休んだ気がしない、ということも多いもの。 こんなことにならないためには、いくつかの要点を踏まえ、戦略的に休むと良いようです。 休みは早めに

「テレワーク」実施で見落としがちなこと

「テレワーク」進んでますか? 以前はごく一部の話であった在宅勤務、今では「テレワーク」はかなりポピュラーな言葉になりつつあります。 それに伴いモバイルワークオフィス「ちょくちょく…」を運営するザイマックスが座談会を実施。 「ちょくちょく…」を導入している日立ソリューションズ、

「自動車会社」が思うジェネレーションギャップとは

若い世代の特徴は‥ 年齢によるギャップはいつの時代でもあります。 しかし現在は、後天的にITを学んだ上司世代と、生まれたときからITがある若い世代という構造、その差はかなり大きいよう。 三菱自動車の益子修CEOが、その辺りについて触れたインタビューがあります。 まず自動車メーカーのあり方について。現

「女性の再就職」も売り手市場?

専業主婦でも稼げる時代に バブル以降の売り手市場と言われる現在、主婦の再就職の条件もかなりよくなってきているようです。 引用記事には、女性3名の実例が出ています。 まず1人目は、不妊治療のため広告代理店を退職。自分の都合で時間調整が可能な派遣会社に登録した女性。 週4日、ウェブコンサルタントとして勤

入ってみないとわからない「働きがいのある会社」

新卒希望者には見えない「働きがい」 就職売り手市場と言われる現在、人気のある就職先はいわゆる「名のある大手企業」が多いよう。 とはいえ、こういった会社の採用人数は決して多くはなく、また本当に働きがいがあるかどうかはわかりません。 自分に合った会社選びは非常に難しいですが、多くの人が「働きがいがある」

進んでいない「業務の効率化」

改善されていない経費精算業務 職場の改善で、最初に考えられるのは「業務の効率化、自動化」。 ソフトに組み込めばよいロボットRPAも登場、さぞ現在の単純業務はスピードアップしているであろう。 ‥と思いきや、ROBOT PAYMENTが都内在住の会社経営者・会社役員に意識調査を行ったところ、何と半数弱が

職場の改革は「まず問題発見」から

どこから手をつける?働き方改革 働き方改革という言葉は今やだれでも知っている言葉。しかし実際にできている企業はそこまで多くないよう。 その貴重な成功企業の1つが日本ビジネスシステムズ。この会社に取材をした記事を読むと、働き方改革の進め方がわかります。 まず問題を見つける 職場の問題を見つけるのは、比

「健康な体を維持する」モチベーションは何か?

そのダイエットは何のため? 夜遅くまで酒を呑む、そして夜食を食べる、そしてメタボになる。 こうした夫の傾向をよく思わない妻は、大変多いよう。 そんな中、SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd.の代表取締役であり建築家の谷尻誠さんは「6時間睡眠をとり、朝は、スムージー」という健康ラ

社員が辞めない会社を作る方法

人材育成の甲斐もなく 終身雇用崩壊と言われる中、転職をする人も増えています。 しかし、辞められる会社の方はたまったものではない。そのため最近は「リテンションマネージメント」という言葉が知られるようになってきました。 リテンションマネージメントとは、人材確保のための戦術。 引用記事では、専門家である青

「勤務間インターバル制度」とは何か?

労働時間だけでなく、休息時間の取り方も大事に 働き方改革に伴い、作られた制度の1つが「勤務間インターバル制度」。 勤務時間の間に一定時間以上の休息を設けるという制度で、2018年6月に正式に法律として定められました。 しかし法案をよく見てみると「必要な措置を講ずるように努めなければならない」という文

「働き方改革」今後はココに注意

残業規定と同一労働同一賃金がポイント 「高プロ制度」ばかりが注目されがちな「働き方改革関連法案」ですが、8本の法律で成り立っています。 企業が熟知しておくのはもちろんですが、管理職もある程度知っておかないと、会社の方針とズレが生じる可能性もあるよう。 知っておきたいことは、大きく2点、残業規定と同一

過労死を無くせ

NHK記者の両親の声 先日、働き方改革関連法案が成立。この法案に怒りを感じている人も多いでしょうが、そのうちの2人は、娘を過労死でなくしたご両親。 NHK記者として働いていた娘を亡くしたご両親の声が、引用記事には載っています。 残業時間が1か月200時間を超える勤務の末、命を落としたのはNHK記者を

大企業「ここがダメだよ」ベスト3

大企業のデメリットとは 大企業信仰が崩れつつあるとはいえ、大企業は、まだまだ就職先として「ステイタスのある会社」とされています。 その考え方が、大企業をダメにしている可能性もあるようです。 引用中の記事では「大企業の短所」が5つほど挙げられていますが、3つにまとめてみました。 上にいくほど「えらい」

熱闘甲子園に喝!

炎天下でスポーツなんて 猛暑続きの2018年夏、テレビでは「災害レベルの暑さ」「殺人猛暑」など、命に関わるとして、警告を呼び掛けています。 これにならって冷房がない場所も多い学校も、クーラーの設置、屋外行事の取りやめなど、従来とは違う暑さ対策に乗り出しています。 この状況下、1つだけ変わらないもの、

「残業なし」は病気を招く

「残業なし」は病気を招く 長時間労働は悪、残業はなくして早めに退社、これが社員の健康を維持する方法と信じている企業も多いかもしれません。 実は、これ場合によっては逆効果を招くようなのです。 引用記事ではとある食品卸業者が例に出されています。 この例では、本社は「午後7時の退社」を決定。 しかし、ある

労働者が好きな「昭和の働き方」

意外に評価が高い「昭和的勤務」 働き方改革の骨子は「長時間労働の是正」。それに伴い、テレワークなど好きな時間、好きな場所で働く方法もどんどん取り入れられています。 新しい時代の到来という雰囲気ですね。逆に昭和世代にとっては「ついていけない」と感じることもあるかもしれません。 ではテレワークなどの働き

「他の社員がやっていないのに」という理由で進まない働き方改革

いつでもどこでも働いていいと言われても 労働時間より結果を重視する、政府が示した「働き方改革」はここが重要な点。 そして他ならぬ企業がその必要性を感じています。 しかし、現実には「やっぱりこれは終わらせて帰ろう」「上司が帰っていないのに先に帰るのも」という理由で進んでいない働き方改革。 この土壌が「

どこで行う?レワーク

通勤地獄は回避できたけど 導入の進むテレワーク、でも自宅で仕事をするとなると「家族がうるさい。 必要な機材がない。」など意外に面倒もあるもの。 これではせっかくの「通勤免除」も効果が出ませんね。 そのため最近はシェアオフィスが人気に。大手企業も続々とシェアオフィス運営に乗り出しているようです。 シェ

思い立ったらロボット任せにしよう

RPAを導入しようにもコストがかかる メーカーの風景で、すっかりおなじみなのが産業用ロボット。 ロボットアームが流れ作業をやっている画像は、もはや当たり前ですね。 単調な事務作業もこういうふうにならないだろうか。 なるのです。しかし事務作業が面倒なのは事務方だけ。しかも自分と他の社員はやっている作業

「満員電車」解消は誰のため?

時差bizから見えるさまざまな思惑 東京五輪もあと2年後、そこに向けた朝の満員電車の混雑解消対策として「時差biz」がこの7月からスタートしました。 朝早い時間の電車を増やすことで、混雑を解消しようというもの。 昨年夏にも行われており、働き方改革の1つでもあるようですが、どうも歓迎の気配が薄いような

イクメン育てが企業を育てる

女性ばかりが頑張っても イクメンという言葉が流行っていますが、育児は女性だけが頑張っても限界があるもの。 また育児をするサポート係の夫を育てるだけで、女性の負担は随分軽くなったりするものです。 大企業の中には、そこに気づいて実践している会社も多いようですね。 三井住友海上火災保険では 2017年4月

メールが送れない、開かない!を解決する方法

働き方改革もいいけれど 働き方改革が叫ばれていますが、各職場では主に「効率をよくしよう」というのが現在は主流。無駄な労働を削って、休みをしっかり取ろうということです。 しかし、現実にはパソコン画面に表示される「エラー表示」と格闘。 本来すべきことが、あまりできなかったという些細なトラブルが多発するの

心理学で見る「働き方改革」

待遇は良くても 働き方改革のメインは「ワークライフバランス」。休みがしっかり取れることを重視する傾向にあります。 労働者のプライベートを充実させることで、作業効率も上がる可能性があります。 しかし、労働意欲を上げるのに、これだけでは不足。なぜなら「その会社じゃなくてはいけない」理由がない。 休みが多

「働き方改革」で変わるオフィス家具

健康とコミュニケーションを主体にした家具 「働き方改革」は時間だけでなく、企業で使う家具にも広がっているよう。 2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで開催された「働き方改革EXPO 2018」では、「働き方改革」を後押しする家具が続々登場していたようです。 キーワードは「健康」「コラボレー

この仕事、コンピュータにやらせればよいのでは

勝手に作業をしてくれるロボット AIが進化で人の仕事が無くなると言われていますが、まだまだ伝票などの入力は手動なのが現実。 伝票などの入力作業はワンパターンで簡単ですが、そのためミスも起きやすい。 しかも量があるだけに「こういうのコンピュータがやれば早いのに」と思ってしまいます。 その願望が、実は簡

韓国から見た、日本の「長時間労働」

過労死遺族は納得していない 働き方改革法案が国会を通過、今回の目玉は「長時間労働の改善」。 残業が規定時間を超えた場合、企業に罰則が科せられるなど、画期的な法案ではあります。 しかし「高プロ制度」など、現実にはその逆をいくような制度が盛り込まれていることもあり、過労死遺族の方々には到底納得のいくもの

夜勤が必要な労働者の休み方

看護師に休息を 7月12日「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の最終案が判明。 長時間労働になりがちな医療従事者などに「勤務間インターバル制度」を設けることになったようです。 他にも、運送業、教員、メディア業界など長時間労働が問題とされている職種も取り上げられていますが、医療分野は「突出した長

時差biz賛成?反対?

満員電車に乗らずに済むが‥ 今年も7月から始まったようです。海開きでも冷やし中華でもなく、東京都の時差bizです。 都が昨年から行っているシステムで、朝早く出勤するなど、出勤に時差を付けることで「満員電車」の混雑を緩和するというもの。 bizとはビジネスの意味、クールビズも同じです。 大企業を中心に

「仕事中におしゃべりするな」は、もう古い

インプット量が少ない日本の労働者 インプット量が少ない日本の労働者 日本企業に勤める労働者の特徴として「雑談が少なく、情報インプット量が少ない」ことが挙げられます。 「情報のインプットは、毎日勉強してしっかりやっているぞ」という人もいるでしょう。それでは足りないのです。 どういうことなのか? サイボ

労働に大事な「好き嫌い」

「良し悪し」ではなく「好き嫌い」 日本人は「好き嫌いをするな」と子供の頃から言われがち。 嫌いなものでも努力して出来るようになる、これが美徳。 実はこの考え方が、日本の経済を停滞させているようなのです。 日本企業の多くは「良し悪しで物を考え、ベターを目指す」 具体的にいうと、今よりスピードが早い電車

企業によって違う「肩書き」の意味

中間管理職がいない企業が大半 企業の働き方改革などのニュースを見ると、システマチックな大企業というイメージがわきます。社長を筆頭に、重役、中間管理職の意思疎通は欠かせない。 しかし、中間管理職は大企業であれば必ずいますが、中小企業の場合いるとも限らない。 そして日本企業の98.5%は100人未満の企

自分勝手に働いて出世する方法

ある元サラリーマンの体験談 ワークライフバランスが叫ばれる現代ですが、休み取り放題、休日出勤率0 それでも出世するというのは、なかなか難しい。 しかし、これをやってのけた人物がいます。 それは堀公俊氏(日本ファシリテーション協会フェロー)。現在はフリーランスですが、それ以前はサラリーマンとして休日取

「働き方改革」で短くなった「大河ドラマ」

NHK千葉放送局のアクシデント 西日本豪雨災害の中、起きたもう1つの災害が、7月7日の20時台に起きた千葉県を震源とする最大震度5の地震。 幸いこの地震で大きな被害はなかったようですが、別の騒動が起きてしまったようなのです。 このとき、NHKで放送されていたのは「バカボンのパパよりバカなパパ」 赤塚

休みの日に、休んではいけない

戦略的に「休む」という考え方 土日が休みの会社員の場合、金曜の夜はハッピータイム パ~っと遊んで、土日は寝倒す! 休みというと、このように「仕事からの解放」という意味に取られがちのようです。 しかし、本来、休息というのは、次のパフォーマンスに向けての充電。睡眠を例にすると、コンスタント7時間程度取る

「働き方改革」が招く技術低下

できないことはしないという害 売り手市場と言われて久しい日本企業、人手不足は改善しません。 「人手不足はなぜ改善しないのか?」を考察した記事がありますが、これを読むと「ワークライフバランス」の害が浮き彫りになってきます。 まず人手不足の原因を考えてみましょう。 1つ目に少子高齢化、労働人口の絶対数が

見た目一発「残業しているのはココだ!」

まだ灯りがついている 夜中近くに外を歩いていたら、まだ灯りが付いている会社がある。 「まだ働いているのか。」と思う。そういうことありますよね。企業の「残業度」は「点灯」という見た目で解ります。 この光景をリアルに撮影、公開しているのが「TokyoWorkers」 同社は「タイムラプス動画」という連続

「全員優秀な部下」という弊害

言うことを聞く人はいるけれど 「働き方改革」が叫ばれる日本、しかし1人当たりの名目GDPは25位、給与も高くはない。 これに対して米国Googleは新卒でも3000万の年収を得られる人がいます。 この差はどこから来るのでしょう。 八木 洋介氏( 株式会社people first 代表取締役/株式会社

「残業文化」が減らない日本

減らせない、減らしたくない残業 長時間労働の規制が、このたび衆院を通過した働き方改革の目玉。 しかし、依然として残業は存在しています。 引用記事中のグラフを見ると、基本的にこの10年、残業時間に変化はないよう。 なぜ残業は減らないのでしょう。 その原因は、企業、労働者、双方にあるようです。 まず企業

「話を聞かない上司」と付きあう方法

いくら部下が頑張っても‥ 働き方改革「うちの会社もいろいろ改善していかなきゃ、持たないだろうな。」 と感じる人も多いはず。 しかし、現場の苦労をわかってくれない上司、話を聞かない上司、誰も歓迎しない指示を出す上司‥。上司に恵まれないばかりに、社員にやる気はあるのに、何も改善しない職場は意外と多いもの

「働く女性」のニーズに合わない保育所

育児をしたいワーキングマザー 女性の社会進出のために「もっと保育所を増やそう」と言われています。 実際、保育所は足りておらず、子供を預かってもらう場所がなく働けない母親もたくさんいます。 では、保育所に子供を預けている母親は、安心してバリバリ働けるのか? というと、これもまた違うのです。 ワーキング

オンライン会議の足を引っ張る「忖度文化」

要点が見えないのだが‥ よく雑誌の見出しに「年収1000万の人、300万の人、ここが違う!」 というようなものがありますね。 これを見て思うことは何でしょう。生活習慣の違いなどが挙げられ、ここを変えれば「あなたももっと稼げます」という話なのだろう、と、大体推測できますね。 しかし、この推測能力、いわ

仕事は無駄を省くことから始めよう

集団で無駄を省く 仕事の無駄と言われて、思いつくことは何ですか? 「隣の部署と仕事がダブっている」「営業が行った会社に、別の用事で行く」 などが挙げられます。 こういったことは、きちんと話し合いをしておくことが1番大事ですが、デジタルに任せるという方法もあります。 NECソリューションイノベータ株式

労働の意思決定権は労働者にある

どうなる働き方改革 6月29日、働き方改革関連法案が衆議院を通過。法律として認められる可能性が高くなってきました。 今回の法案の目玉は「高度プロフェッショナル制度」 年収1075万円以上の専門職には、労働の制限時間を設けず自由に働いてもらうというもの。 「年に104日の休暇を設ける」など休みについて

出産は早い遅い、どちらが幸せ?

経験者に訊くメリットデメリット 少子高齢化に伴い、出産年齢も高齢化しています。 でもやはり母親になるのは若い方が良い、いや高年齢で産む方が気持ちに余裕ができる、など「出産適齢期」には賛否あるよう。 今回、アラサー出産チーム3名とアラ40出産チーム2名の対談が実現。 いろいろな本音が掲載された記事が出

人手不足で人気店がつぶれていく‥

地方で始まる「人気店舗閉鎖」 急激に進む少子高齢化のせいもあり、ここ数年企業は人手不足になっています。 地方では特にその傾向が強く、人気飲食店が閉鎖に追い込まれるケースもあるようなのです。 栃木県では、すでにこういった現象が続出しているよう。 実情が書かれた記事を見てみましょう。 栃木の有効求人倍率