働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 未分類

カテゴリ一 記事一覧

「女はつらいよ」ある女性の働き方

仕事と結婚、育児は両立できるのか 仕事をしながら結婚、出産、育児、すべてをバリバリやっている女性はまだ少数派。 仕事が面白く家事と両立する気はしない。あるいは、出産を機に仕事のグレードを下げざるを得なくなったという女性がまだまだ多いですね。 引用記事には、ベンチャー企業の広報担当として働く里田恵梨子

さとうきび栽培から見える農業事情

質の維持、人材の維持 農林水産省の「さとうきびキャラバン」が鹿児島県、徳之島に到着。 同町役場で話し合いが行われたようです。 この「きゃらばん」隊は沖縄、鹿児島両県のさとうきび栽培の低濃度対策、働き方改革を目的に結成されたもの。 この2点が意見交換の争点です。 さとうきびの低糖度現象は17年度に発生

休みの日に、休んではいけない

戦略的に「休む」という考え方 土日が休みの会社員の場合、金曜の夜はハッピータイム パ~っと遊んで、土日は寝倒す! 休みというと、このように「仕事からの解放」という意味に取られがちのようです。 しかし、本来、休息というのは、次のパフォーマンスに向けての充電。睡眠を例にすると、コンスタント7時間程度取る

「全員優秀な部下」という弊害

言うことを聞く人はいるけれど 「働き方改革」が叫ばれる日本、しかし1人当たりの名目GDPは25位、給与も高くはない。 これに対して米国Googleは新卒でも3000万の年収を得られる人がいます。 この差はどこから来るのでしょう。 八木 洋介氏( 株式会社people first 代表取締役/株式会社

「働く女性」のニーズに合わない保育所

育児をしたいワーキングマザー 女性の社会進出のために「もっと保育所を増やそう」と言われています。 実際、保育所は足りておらず、子供を預かってもらう場所がなく働けない母親もたくさんいます。 では、保育所に子供を預けている母親は、安心してバリバリ働けるのか? というと、これもまた違うのです。 ワーキング

労働の意思決定権は労働者にある

どうなる働き方改革 6月29日、働き方改革関連法案が衆議院を通過。法律として認められる可能性が高くなってきました。 今回の法案の目玉は「高度プロフェッショナル制度」 年収1075万円以上の専門職には、労働の制限時間を設けず自由に働いてもらうというもの。 「年に104日の休暇を設ける」など休みについて

仕事の断捨離、モノとコト

「なんとなく」という無駄 部屋が汚い‥というとき「モノが多い」ことが、その原因だったりします。 「この服気に入ってるのよね」しかし2年以上は着ていない。「通販でやっと見つけたんだよ」という趣味アイテム、買って満足して終わり。 どちらも眺めることで、毎日の生活が活性化するのなら、意味はあるかもしれませ

リモートワーク、サボる人はいないのか?

「1人で仕事」に向く人、向かない人 自分の好きな時間、場所で仕事ができるリモートワーク。 便利な反面「まぁ、明日でいいや!」とネットゲームをしてしまったり‥という社員もいるのでは? すでに多様な働き方を実践中の、サイボウズ株式会社の社員の3名に訊いてみたそうです。 まず、リモートワークを行う場所は、

あなたの会社もある日変わる

働き方改革は、地味にかつ突然進む 働き方改革という声は聞くけど、長時間労働はあまり変わらない。 頭の固い上司のダメ出しも続いている。うちの会社は大丈夫なのだろうか。 逆に、上司部下の遠慮をなくす形での会議が始まった、など、多少の変化が見られる会社もあるかもしれません。 いずれにしても、もはや長時間労

労働に昼寝は必須

働き方改革に「昼寝」も? 最近、職場や学校に「昼寝」を導入する場所が増えてきました。 ネックピローやうつぶせ用の枕など仮眠グッズも出始め、関心を集めています。 不動産大手の三菱地所も28日、1月に移転した新社屋で、仮眠による従業員の業務効率について検証する実証実験を同日からスタートしました。 自社従