働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 働き方革命

カテゴリ一 記事一覧

「寝坊」が仕事の効率を上げる

気のせいではない「朝型」「夜型」 午前中はどうも仕事がはかどらない。しかし、上司は朝から元気で「人間日の出と、ともに起きるものだ。」と言い張っている。 こういうケース「夜にだらだらしているから早く起きられない。」 ということもあるかもしれませんが、そもそも最適な睡眠時間帯は人によって異なるということ

no image

働き方改革に欠かせない「高齢化社会」という視点

増えていく「プレ介護」 働き方改革を「今」行わなくてはいけない理由の1つに「少子高齢化」があります。 労働人口が減っていく中、限りある労働者にどのように働いてもらい、最大の結果を残すのか?というのが大きなテーマ。 しかし、この視点では「高齢者が増え、働き手としてドロップアウトしていく。」 という考え

「女性を見習え」働き方改革

柔軟性のある働き方とは 働き方改革に伴い、必要とされることが「柔軟性」と「多様性」。 この2つを元々持ち合わせているのが女性。 女性の目指す働き方や生き方から、今後の働き方改革に向けて努力すべきことが見えてくるかもしれません。 そもそも働き方改革が必要な理由とは、労働市場の変化のスピードが早いため。

RPA導入は「目的」ではない

RPAを使用するのに必要なこととは 2019年現在、職場でのデジタルツールといえばRPAというほど、RPAは各企業で採用されるようになりました。 RPAとは何かというと、簡単に言えば「パソコンを扱うロボット」のこと。 今までは、あるデータをパソコンに処理してもらう場合、まず入力作業などの下準備が必要

どうする中小企業のデジタル化

仕事内容を洗い出す難しさ 仕事にパソコンを持ち込むのは当たり前ですが、そのパソコンをロボットに操作してもらうRPAの導入が各企業で進んでいます。 RPAはAI社会を予想させるシステム。今まで例えば経費を精算しようと思えば、まずデータを入力して必要な計算を指示するという作業は人が行っていました。 しか

地頭の良さを作る方法とは

頭の良さとは何なのか? 近年、大学入試改革が叫ばれ、高等教育のあり方がどんどん変わろうとしています。教育現場ではアクティブラーニングが進められていますが、やり方をめぐって右往左往している状態。 また働き方改革に伴い、受け身で物をこなすだけではなく、発信型にならなくてはいけないとも言われていますね。

IoTの現状と未来

ネット社会の着地点は? 最近の流行語の1つになっているIoT。 今の時代スマホを持つのはもちろん、AIスピーカーで家電製品に命令を出すのも当たり前の世の中になってきました。 そんな中IoTは現在どういった位置づけなのか、そして今後そういった方向へ進んでいくのか、総務省のサイト(引用記事)で見ることが

働き方改革を進める「チャットツール」

できることから始めてみる 働き方改革は根本的に行うとすると、かなりの意識改革が必要。 しかし従来のやり方に固執していては、企業自体が持たなくなる。 そんな状況で、ストレスなく変えていけることも多々あります。 「チャットツール」もその1つ、ストレスなくというより従来のストレスを解消するツールです。 オ

おさらい「RPA」とは何か?

業務のデジタル化の第1歩 RPA 仕事をAIにとって代わられる。そんな時代に先駆けて行われているのがRPAの導入。 しかしRPAという単語がイマイチわからないということもあるかもしれません。 RPAとはロボットプロセスオートメーションの略。 簡単にいうと、今までデジタルといえばパソコン。しかし入力や

日本でイノベーションが起きにくい理由

日米のデータ比較で見るイノベーション 「イノベーション」を起こさねば、今のご時世、労働市場から取り残されてしまう。 関税撤廃が現実となった今、より企業は競争力を求められています。 しかしその反面、日本はイノベーションを起こしにくい国とも言われます。 その理由は総務省のデータ(引用記事)で見ることがで

西から始まる「業務の自動化」

デジタル化」は誰のため? 進んで行く職場のデジタル化、大きく分けて2つのパターンがあります。 まず1つ目は、無人レジのような個別の仕事をデジタル化する方法。 昭和の時代に電卓でやっていたようなことは、現在パソコンがやってくれますね。そういったタスクの置き換え方法です。 もう1つが全体の流れ自体のデジ

60歳になっても給料変わらず!TISが「65歳定年制度」導入

安土・桃山時代の英雄、織田信長は戦の前にはかならず「人間50年~下天のうちをくらぶれば、夢幻の如く。生をうけ滅するもののあるべきか」と日本の伝統芸能「幸若舞」の演目を舞ったそうです。このように、この時代では人間の人生は50年程度と考えられていたようです。 これを裏付けるように、時代が下っても1980