働き方革命の「仕組み」と「哲学」

カテゴリー: 働き方革命

カテゴリ一 記事一覧

「時代遅れ」という感覚は時代遅れ

ジェネレーションギャップはもう古い 働き方改革というニュースを尻目に「それ以前の問題がある。」と自分の職場環境に対して思う人もいるはず。 以前、サイバーセキュリティ大臣が「パソコンを使ったことはない」と言い、物議をかもしましたが、こういった上司はどこにでもいるのでは。 逆に、スマホなどタブレット機器

「マンツーマン指導」は効果があるのか?

多くの企業で実施されているマンツーマン指導 働き方改革や、労働市場の変化に伴い、社員の人材育成やフォローの必要性も高まっています。 終身雇用制が機能しているときは、さほどフォローがなくても、社員の評価ができていた。 「呑みニケーション」という言葉があった時代でもあり、会社というチーム意識も強い時代、

「終身雇用崩壊」の先にあるもの

海外からの視点で日本を見る 先日トヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用は維持できない」と発言。 日本を代表する会社のトップの発言であるだけに、波紋が広がっていますが、その反面、誰もがうすうす感づいていることが言語化された面もあります。 これだけ、スピード感が早く流動性の高い現代の市場においては、決ま

「引き算が足りない」日本企業

足していく満足感 どうにも閉塞感が打破できない日本企業、とりあえず長時間労働による労働者の健康被害を回避すべく、働き方改革が実施されました。 しかし、これにより隠れ残業が増加。また1年の猶予をもらっている中小企業の場合、残業を減らすと仕事が回らない。企業自体がダメになってしまうかもという危機感を持っ

「原因探し」はもうやめよう

因果関係という勘違い 働き方改革という記事を読んでいる皆さんの中には、中高年世代の方もいますね。 記事を読みながら「言わんとすることはわかるが、終わった世代だし、もうどうにもならない。」という気分の方もいるのでは。 しかし、人生100年時代は想像以上に早いスピードで来てしまいました。 ということは、

なぜ、できる人はストイックな行動をするのか?

マラソンは健康維持のため? 働き方改革は、まず自分改革から。とはいえ、食生活を改めたり、節酒して運動したりというのは、なかなか難しいこと。 「仕事が少し落ち着いてからやろう」など、先送りになることも多いのでは。 しかし、世の中にはイチローのようなストイックな人もおり、絶えず自分を追い込んでいます。

習うより慣れろ 株式会社リンク・ソリューション

グローバル化が必要な理由 多様な人材活用が叫ばれる働き方改革ですが、何のために多様な人材が必要なのか。 それを考えずに「多様性」という言葉だけにとらわれてしまうと、女性や障がい者の割合目標だけを達成すればよいという、実に無意味な結果に終わります。 多様な人材として挙げられる例に「外国人」がありますが

遠慮のいらない会社へ 株式会社サイバーエージェント

企業が福利厚生を行う理由は、社員個人の待遇を良くするという意味だけでなく、社内の空気を良くためでもあります。 仮に福利厚生がない場合を考えてみましょう。 社員の置かれている環境にゆとりがなくなる。ゆとりがなくなれば、他の社員を慮る気持ちもなくなる。 誰かがミスをした場合、フォローするのではなく「あい

「持ち帰り残業」を愛するあなたへ

その場所でするべき仕事か 連休明け、会社に行く足取りがどうにも重い。 そんな人もいるでしょう。中には長すぎる連休、仕事を家に持ち帰ったらおそろしくはかどってしまったという人もいるのでは。 働き方改革に伴い「好きな時間、好きな場所で働く」という概念が出始めましたが、まだ守りのイメージが強い。 つまり、

社員に長く活躍してもらうには 東京ラインプリンタ印刷株式会社

高齢化社会に伴い、労働市場でも高齢化は進んでいます。 それに伴い企業が考えなくてはいけないのが「高齢者対策」。 高齢の社員を雇うために必要なこととして、健康維持があります。 高齢者の場合、病気を抱えている人も多い、また単純に体力がない。 そうでなくても、ふとしたことで体調を崩しやすく、また治りが遅い

「10連休」は本当に必要だったのか

同時に休む必要性 改元と同時に実施された前代未聞の「10連休」。 休み前から懐疑的な声もありましたが、各種混雑騒動を経て、改めて「意味があったのか?」という声が上がっています。 この10連休、果たして意味があったのか。 長期休暇を肯定する意見の1つに「欧米では、もっと長いバカンスを取っている」という

長く働くということ 本田技研工業株式会社

人生100年時代、働き方に対する意識も、セカンドキャリアを考えておくなど、終身雇用制からの変化を迫られています。 これからの社会、老後が長くなっていくのは確かなようですが、それを踏まえて、キャリアをどのように形成していくのかは、難しいところ。 キャリア形成の方法としては、まず第1ステージと第2ステー

女性の活躍とは何か 資生堂

女性の意見が反映されない国、日本 男女共同参画基本法の制定から今年で20年、しかし世界の性別格差を評価した2019年のジェンダーギャップ指数は、調査対象153か国中121位。 前年よりさらに低い数値を記録、過去最低の数字になってしまいました。 この数値は、単純に男女の格差を比較しているもの。 労働率

日本の大企業に立ちはだかる壁

パナソニックの苦境 もはや日本は「経済大国」とはいえない現状、それでも多くの優れた商品が店頭に並び、国内でものを買うときには、そういったイメージは湧きにくい。 その反面、スマホやパソコンなどのハードの大半は、外国製品という現状もあります。またソフトもGAFAと呼ばれる米国系がメイン。 現実には昭和の

介護離職防止へ SMBC日興証券

異例の週休4日が可能に 多様な働き方が進む昨今、SMBC日興証券では、ついに、介護離職防止のため、来春から、週休4日も認めるというニュースが発表されました。 また証券会社としては、異例の副業解禁も行うとのこと。 まず、週休4日は40代以上、理由は介護と限定するようですが、副業解禁と合わせて、大手企業

「令和時代」に社員が逃げる会社とは

転職=悪ではないが‥ 新しい時代を迎え、働く人の心構えも一新。 しかし、新時代の幕開けは5月。元々「5月病」など組織に適応できない人間が出始める時期でもあります。 とはいえ5月病の多くは自然治癒。より大きな人材となって会社に貢献する社員の方が多いのですが、辞める人間もゼロではない。 もちろん、会社を

高齢者社会を見据えた企業へ 株式会社みずほフィナンシャルグループ

高齢者を戦力に 昨今の働き方が急激に変化していく理由に「IT化」があります。 AIにとって代わられる仕事などが議論にされるように、IT技術の進歩は目覚ましく、単調労働は遠からず、機械化されるとも言われる。 こういった流れを後押しするのが「少子高齢化」による人手不足。 モノ作りから接客まで、今まではマ

「残業を無くす」ための具体的な方法

残業を無くすメリットとは 働き方改革の大きなポイント「長時間労働の是正」。 残業をなくす動きも続々と出てきています。 しかしその反面、隠れ残業や持ち帰り残業が増えているのも事実。 また残業分の仕事を明日に回してしまい、より効率の悪い働き方になっている例も見られます。 しかし、引用記事に出てくる化粧品

女性の活躍は地方から始まる 株式会社ふくや

人材不足は強みにもなる 人手不足が叫ばれる昨今の労働市場、介護など一部の業種では人材の「質の劣化」が問題視されるケースもあります。 しかしその反面、人材を選ぶ幅があっても、マンパワーを活かせていない会社もある。 人材の選択肢が少ないことは、必ずしも弱みとは限りません。 地方の場合、首都圏ほどに人材が

「就活生へのエール」という違和感

スタート偏重主義を改めよう 変わりゆく時代、企業が求める人材も変化していきます。 そのため、就活事情もいろいろなところで話題になっていますね。 そんな折「NHK就活生応援キャンペーン」という番組が、先日放送されました。 この番組には、さまざまな企業の人事担当者が登場。 タレントを相手に面接を実施して

テレワークで広がる障がい者雇用 ジョブサポートパワー株式会社

テレワーク促進で見えてくるもの 今後の労働市場に欠かせないワードが「多様性」。 昭和型の働き方では、労働現場の主な戦力は男性、サポートする形で女性労働者がいるといった形がメインでした。 例外的に、退職者が元の職場で働いたり、また障がいのある人でも、一般企業に対応できる労働者は、一般企業で働くといくと

「平成の人気者」がフリーになった理由

組織人でいるメリット、デメリット ついに時代は令和に突入、10連休のあとには本格的に新時代がスタートします。 しかし、改元騒動のわりに、結局仕事のやり方は変わっていない。 会社も自分も昭和のままかもしれない‥なんてこともあるかもしれませんね。 自分で仕事の方法を変えようと思うとき、環境を変えるという

競争社会で生き残るために、カルビー株式会社

すべての労働者が働きやすくなるように。働き方改革にはそんなイメージがあります。 では、労働者が働きやすくなる目的は何か。目的の1つは企業収益を上げるため。 日本はいうまでもなく資本主義社会の国家。 働いて得た利益を労働者や会社に還元する、そのお金で企業を大きくする。 つまり企業とは「儲けがすべて」と

「経済的優位性」を持ち合わせている国、日本

「大国」の優位性が低くなるグローバル社会 平成という時代に経済大国の座を失った日本、しかし「夢よもう1度」と言わんばかりに、経済大国復活に向け、必死になっているようにも見えます。 そのため、五輪のような華やかなイベントを誘致する。 しかし、引用記事を読むと「富裕国」と言われるルクセンブルグには、高級

形にこだわらないこと増木工業株式会社

ノー残業は目的ではなく手段 2019年4月に施行された働き方改革には、ノー残業、同一労働同一賃金などいくつか目玉になる柱があります。 しかし、こういった言葉だけを守ろうとして本末転倒になっている企業も散見される。 そもそもなぜ働き方改革が必要なのか。 その大きな理由は、従来の日本型労働形態と、現在企

中小企業にこそ必要な働き方改革 エヌビーエス株式会社

働き方改革関連法案施行から、来年4月で1年。 それと同時に、中小企業でも、長時間労働に対して罰則が適用されるようになります。 大企業の場合、会社の体力が安定していることも多く、これを機に労働形態を見直す余裕があるケースが多い。 しかし、中小企業の場合、目先の利益確保などに手一杯でとても社内改革などを

連休明けに体調を崩さない方法

「5月病」とは何なのか 平成最後にして令和最初の連休、10連休を楽しむ人もいれば全く関係ない人もいるでしょう。 しかし、いずれにしても気になるのが「5月病」。 昭和の時代から存在する5月病は、5月になると、体調を崩したり、気力がなくなったりする状態。ついには「会社に行きたくない」と思うようになり、実

大切なのは人を育てること、日本電産株式会社

言い訳をしない意識改革 働き方改革に伴い、過重労働は減りつつありますが、それでも仕事量は減らず、持ち帰り残業をしている企業が多いのもまた事実。 形だけのノー残業に終わっているケースも珍しくありません。 しかし、形だけ労働時間を減らしておけばよいと考える企業と、残業が多くあるような労働形態でよいのか?

「夢のある仕事」の裏にある地獄

分業制が過重労働を生む ユーチューブなどで誰でも動画を発信できるようになった現代。 プロの作るドラマやアニメもネット配信など、色々な形で目にすることができるようになっています。 映画なども、ネット配信を主流にしたものが話題になっていますね。 また3D映画なども登場、いろいろな形で映像を楽しむ文化が浸

まず目標を設定、味の素株式会社

長時間労働の是正を主な骨子とする働き方改革。 過重労働が減るのはよいが、元々そこまでヘビーな労働環境でもない。 むしろ残業代が減る方が困るなどの理由で、あまり大きな改革を遂げられない企業もあることでしょう。 しかし、有無を言わさずトップダウンで「16時半退社」を実行している企業があります。それが調味

なぜ「シニア層」はビジネスターゲットにならないのか?

女性と高齢者に対する貧困なイメージ 働き方改革で大切なことは、企業収益を上げること。 企業の収益が少ないと、過重労働やリストラなど労働者にとってのマイナス減少を引き起こします。 ということは、まず企業収益を上げることが、労働者の働く環境を守る大前提。 収益を上げる方法の1つに「高齢者ビジネス」が考え

人生とは働くこと 東レ株式会社

効率化は何のため? 働き方改革最大のテーマ「長時間労働の是正」に向けて、仕事の効率化を図る企業も多く見られるようになりました。 そもそも効率化は何のために行うのか。仕事の時間をなるべく短くするため。 しかし「何のために短くするのか。」というと、残念ながらその答えが「残業をしないため」という企業も、あ

「医療現場」に求められるスマート化

工場はデジタル化すればいいというものではない 色々な職場がデジタル化していく現在、医療現場も例外ではない。 医療現場のデジタル化に貢献している会社の1つがGEヘルスケアジャパン。 同社は、CTスキャンなど医療機器も販売していますが、医療現場における「現場改革」システムそれ自体を売り出しているのが、大

まず女性が働きやすい会社に アステラス製薬

これからの労働現場で欠かせないのが「ダイバーシティ(多様性)」という視点。 2019年のラグビーWカップに出場した日本代表チームは、驚きの実力を見せつけ話題になりましたが、大躍進を遂げた理由の1つが多様な民族で構成されているチームであるということ。 他民族で成り立つチームが目指す「ONE TEAM」

「障がい者雇用」における勘違い

障がい者という名の人はいない 働き方改革に伴い進みそうなのが、障がい者雇用。 しかし、改革直前に旗振り役の官公庁が、障がい者雇用の数を水増ししていたことが発覚。 改めて採用試験が行われましたが、どこか取ってつけの感じが否めない。 この「取ってつけ感」がどこから来るのか、引用記事を読めばその理由がわか

「おせっかい」が職場を救う

狭いカテゴリーを超えないという損失 新年度に注目される事柄の1つが「名門大学の祝辞。 今年の東京大学入学式で祝辞を披露したのは、上野千鶴子名誉教授。 女性の人権を守る先生として名高い上野千鶴子名誉教授の意見は、日頃から賛否両論を巻き起こしています。 そんな上野千鶴子名誉教授が述べた祝辞の内容とは「自

安心感が職場に利益をもたらす 生活協同組合コープみらい

働き方改革がうまく行っている会社の事例を見て行くと、いわゆる「成果主義」的な概念を取り入れている企業が多く見られます。 労働の権利は労働者にあり、好きな働き方が選べるが、その代わり「結果を出す」という義務を果たせという考え方です。 正論ではありますが、結果が出せなかったらどうしようという安心感を欠い

「質問力」を身に着ける

自分のアピールをしがちだが‥ ネットを使って人脈を作るのが当たり前の社会、だからといって、実際に対面したときに「ネットで見ています」「FBで共通の知人が50人もいます」というあいさつをされて、困っているのが引用記事の筆者。 「50人共通の知人がいます。」というテーマは、「共通しているのは誰だろう。」

好きなように働き結果を出すサイボウズ

社員全員が選ぶ「働き方」 働き方改革最大の目玉が「長時間労働の是正」。しかし労働時間を見直そうとすると、各社員の労働時間を考え直さなくてはいけない。 それだけで膨大な手間がかかってしまいます。そのため、目先の無駄を減らすだけに終わっている企業が多いのが現実。 しかし、そんな「労働時間の初期設定」自体

「ノー残業」の裏に潜む「こっそり残業」

残業時間だけカットしても‥ 「働き方改革」の目玉、長時間労働の是正。 今回の改正案は「守らない場合、企業に罰則が加えられる」という理由で、守られつつあるようです。 ただし、あくまで「タイムカード上の問題」であり、実際は「家に持ち帰り」 「途中で長時間休養を取ったことにする」など、会社に迷惑をかけない

IT業界でも残業はなくせる SCSK株式会社

慣習を破る 働き方改革の大きな目玉である「長時間労働の是正」。 残業時間に法的な罰則規定を設けたことで、一定の効果が見込まれる反面、持ち帰り残業が増えている、仕事の量を減らさざるを得ないなど弊害も多く見られます。 残業が多い仕事といえば、IT業界。 24時間いつでもどこでもつながるインターネットとい

「AI」は仕事を奪わない

変わりゆく仕事の中身 急速に進む仕事のデジタル化、AIにとって代わられ無くなる仕事特集という記事もよく見かけます。 実際、銀行などのように、業務の内容がすでに激変。採用人数を大幅に減らしている業種もあります。 10年後自分の仕事があるのかどうか、ふと心配になることもあるのでは。 しかし引用記事によれ

朝型勤務で残業をなくした伊藤忠商事

商社の慣習は理にかなっているのか? 働き方改革が進まない理由の1つに、残業があります。 今回の働き方改革の大きな目玉は「過重労働の禁止」。長時間労働に対して、罰則規定を設け、労働者の過重労働を防止するというもの。 具体的には、残業時間は月45時間以内と規定されています。 このため、各企業は仕事の効率

「これ」だけやれば、離職率は落ちる

離職を招く些細な理由 働き方改革が4月からスタート、過重労働による離職は減ることが予想されますが、職場の空気が合わないなどの理由で、職場をすでに辞めていく人もいるのでは。 すでに現在の労働社会では、終身雇用制は崩壊。1つの会社に意地でもしがみつかなくてはという風潮は、なくなっています。 「この会社は

働き方改革~うまくいっているのは どんな会社か

グローバルな環境を活かしたイケア・ジャパン この4月からスタートした働き方改革ですが、ノー残業は形だけで持ち帰り仕事が増えている、仕事が終わらない。 また同一労働、同一賃金にした結果、正社員の給与が低下したというケースも見られます。 残念ながら、働き方改革関連法案施行で、すべての会社がよい方向へ行っ

「人がストレスに負ける」理由

自衛隊に見られる「心が折れた人」 働き方改革に伴い、過重労働も是正される方向へ。今後は心身ともにしっかり休みを取りながら、働くことが大事になってきます。 とはいえ、新年度スタートの時期は、忙しい企業も多いもの。 また新卒社員や新しい役職についた人などの中には、人1倍頑張ろうと思っている人も、多くいる

エントリーシートはもういらない? これからの人事とは

就職は勝負ではない 新卒採用の入り口といえばエントリーシート。どういった書き方をすれば、希望先の企業が採用してくれるのかは、就活生には気になるところ。 先ごろ、何と実際に人気企業で採用されたエントリーシートを無料配布したイベントが行われたよう。 「これで、就職活動は1歩抜け出ることができる。」と思い

会社の洗脳に負けない方法

都合よく使われる「みなし労働時間」「裁量労働制」 働き方改革がいよいよスタート、過重労働も減る傾向にありますが、それでも法の隙間をつくやり方はまだ存在するもの。 その1つが「事業外みなし労働時間制」です。 この制度は何かというと、営業やテレワークをする場合、会社にいるときのように、仕事に要する時間や

今後の労働市場は「人材育成力」がカギ

人が育たないのはなぜ? 少子高齢化に伴い、新卒は貴重な存在。近年は人手不足でもあり、どんな人材を取るのかは、企業にとってかなり重要な課題。 しかし、どれだけ手の込んだ面接をしても、社員がハズレ。 やる気がない、厳しく指導をしたら辞めてしまう。離職率が上がり、会社の評判にも関わる。 ブラックな企業でも

「就職」がイベントではなくなる日

会社に勤めるという概念が消える? 働き方改革スタートに伴い、今年の新卒社員は何かと注目を浴びています。 既存の労働環境を知らない第1世代の登場。 しかし、新卒入社式という絵面自体が、来年には過去のものになっているかもしれません。 銀行を例にとると、わかりやすいですが、すでに企業があり人を雇い、業務を

「精神的残業時間」を測定する方法

身体だけ休めても頭は休まない 平成もいよいよラスト、新元号も「令和」に決定。 それと同時に働き方改革もスタートしました。今回の改革、最大の目玉は「長時間労働の是正」。 残業時間は月45時間まで、違反した場合は企業に罰則が科せられるという画期的なものです。 ところで、この月45時間は時間として長いのか

「仕事が休めない」を解消する方法

有給休暇100%取得の秘訣とは 働き方改革の目玉の1つが「年間有給休暇5日間の義務化」。 休みを取ってもらう仕組みつくりに、大忙しの企業も多いかもしれませんね。 有休取得で問題になるのは「休んではいけない」と考える日本人の体質。 有給休暇をもらっても、何となく会社に足が向いてしまう。また休みを有効活

「IT開発者の」IT化はどの程度?

プログラムだけを見ているわけではない 働き方改革に伴い、急速に進むデジタル化。 そのためITエンジニアの育成も、急務と言われています。 IT技術者は、実際のところどういった仕事をしているのでしょう。 引用記事には、そんなIT開発者へのアンケート結果が載っています。 IT開発者の仕事というと、システム

土地の資産価値を決める「コワーキングスペース」

鉄道会社が運営する理由とは いつでもどこでも働ける国へ、そんな流れを後押しするのがコワーキングスペース。 誰でも仕事をするために利用できるスペースとして人気。企業が法人契約をしているケースもあります。 中でも、ワーキングマザーの需要は大きくなっているよう。 保育所不足が叫ばれて久しいですが、保育の無

どうなる製造業の「デジタル化」

人間に任せる余地を残す日本企業 職場のデジタル化やRPAの導入というと、事務作業を思い浮かべますが、製造業の現場でもかなりデジタル化は進んでいます。 元々、人間がやっていた流れ作業をロボットが行っているのが当たり前の世界。 各種作業の機械化を進めていくことも、自然な流れと言えます。 では、この先デジ

デジタル化社会で重視される「多能工」

今こそ「多能工」の見直しを 働き方改革で「専門性」が見直されていますが、それ以上に重要なのが「多能工」。 マルチスキルワーカーとも呼びますが、1つの専門分野だけをこなす働き方ではなく、色々な作業をこなす働き方です。 引用記事には、石川県経営者協会の「多能工を取り入れたことで、残業時間半減効果があった

これからの労働市場は「中国」が主役?

バイリンガルが欠かせない社会へ 一昔前までは、粗悪品の代名詞にされていた「メイドインチャイナ」。 今でもパクリ製品などが、テレビのネタにされていたりしますが、その反面、現在は、日本をはるかにしのぐ技術大国とも言われています。 今何かと世間を騒がせている、中国の有名電子機器メーカー「ファーウェイ」は、

「働き方改革」いよいよスタート

改革の骨子をおさらい 2019年4月より、いよいよ働き方改革関連法案がスタート。 長時間労働是正を筆頭に、日本の労働環境が大きく変わろうとしています。 あらためて、引用記事をもとに、改革の骨子とその問題点を見ていきましょう。 まず最大の改革点は「長時間労働の是正」。 従来の労働基準法も「残業フリー」

「AI」でお金を儲ける方法

デジタル技術がお金を生むわけではない 仕事の効率をアップさせようと思うが、IT整備ができない。 そのため、エンジニアを雇ったがどうにも使えない。またITエンジニアがいる方がよいとわかっていても、人材確保ができない。 デジタル化に伴い、ITエンジニア不足が目立ち始めていますが、そもそもITエンジニアと

「地方自治体」とタッグを組む企業とは

「地方創生」をするには、まず自治体から 「お役所仕事」という言葉があるくらい、役所の仕事は楽でスピード感がないものというイメージがあります。 しかし近年は少子高齢化に伴い、職員採用数も減少。非正規雇用者もかなりの数に上ります。 また、いろいろな事情を抱えた地域住民に対応する能力も必要。 売り上げを伸

「ITエンジニア」を育てる方法

自前でエンジニアを育てるメリットとは RPAなどの普及に伴い、増えているのがIT技術者不足。 RPAも便利な製品が増え、高度なIT技術は必要ない製品も増えていますが、それでも相対的には人材不足。 引用記事には、大手転職サイトビズリーチの例が載っています。 ビズリーチでは、顧客管理、マーケティングツー

「頭でっかち」な朝活から抜け出す方法

やった達成感だけでは意味がない 働き方改革に伴い、自己改革活動も盛んになっていますね。 そのうちの1つが「朝活」。 朝から習い事をしたり、グループミーティングをしたり、といろいろな活動をしている人もいるでしょう。 しかし「朝活はやり方によっては、全く意味のない行動になる。」と引用記事では述べられてい

「在宅ワーク」に見る日本の労働事情

時代により変わってきた「在宅ワーク」の意義 働き方改革に伴い、広まってきた在宅ワークやリモートワーク。 いつでもどこでも働けるため、育児や介護を行う労働者の強い味方になります。 しかし、元々サテライトオフィスやリモートワークがスタートした理由は、全く別の要因も絡んでいるよう。 引用記事に載っている「

「デジタルに仕事を取られる」は間違い

失業者が増える国日本 デジタル化のおかげで、仕事の効率がアップする反面「今やっている仕事はAIなどに取って変わられる危険性」があるとも言われます。 引用記事では7年後に失業する日本人は「140万人」。 ただし、この数字はかなり控えめなもの、実態はその10倍近くなるという驚きの記述が見られます。 なぜ

「RPA導入」で乾杯できる理由

あるビール会社の事例 温かくなってくると、ビールが頭をよぎる。 いや、冬の暖房の中で呑むビールもかなり爽快と、お酒やビールは労働者の心強いサポーター。 しかし、そんなお酒も当然造っている人たちが存在するわけで、大手メーカーともなれば、書類の山がさばき切れていないなど、どこの会社でも起きる悩みを抱えて

職場で「イラッ」ときたら‥

イライラするのはなぜ? 労働環境における大きな問題が「人間関係」。 在宅ワークなどで、直接人と接する機会が減りつつありますが、チャットやメールの返信がない。文章の意味がわからない‥など、別のストレスが溜まることも。 労働環境だけでなく、人がイライラする原因は何なのか? 引用記事には「べき論」で物を考

「週休3日」がなじまない日本企業

「しっかり休む」を定着させるには 休みといえば土日祝日、しかし働き方改革に伴い「週休3日」という企業も出てきているようです。 そんな中ニュージーランドの企業が「週休3日」の成果について実験。 週休3日は「効果的」という結果が出たようです。 引用記事によれば、実験の期間は8週間。週37.5時間勤務から

「働き方改革」で重要な指示する力

根性論は自動的に消え去る 「とにかくやれ、早くやれ」。いつでもどこでもこのように具体性のない指示を出す上司はいるものです。 またメンタルヘルスという言葉が当たり前のように使われる現在でも、「寝ずにやればできる。」という根性論に基づく説教もあります。 「死ぬほど努力をしろ」という気持ちはわからなくもな

「働き方改革」に「2か所居住」はアリ?

ライフスタイルも多様化 働き方改革に伴い、色々な生き方が登場していますが、その中の1つが「2拠点生活」。休日と平日で別の家に住むという方法です。 「当初は間違いなく変わりものにされると思った」という2拠点居住実践者の体感が引用記事には書かれています。 当初は自分しかいないと思っていた東京在住移住者が

社内改革と混同されがちな「働き方改革」

「働き方改革」って何のこと? 「働き方改革」はどんな企業にとっても避けられない課題。 引用記事では、実際に上司に命令され、働き方改革を進める現場の声が載っています。 各部署、あらゆる努力を行い「やれることはやった」という結論になっている。 また課題になっているRPA導入については「各部署が責任を持っ

「寝坊」が仕事の効率を上げる

気のせいではない「朝型」「夜型」 午前中はどうも仕事がはかどらない。しかし、上司は朝から元気で「人間日の出と、ともに起きるものだ。」と言い張っている。 こういうケース「夜にだらだらしているから早く起きられない。」 ということもあるかもしれませんが、そもそも最適な睡眠時間帯は人によって異なるということ

働き方改革に欠かせない「高齢化社会」という視点

増えていく「プレ介護」 働き方改革を「今」行わなくてはいけない理由の1つに「少子高齢化」があります。 労働人口が減っていく中、限りある労働者にどのように働いてもらい、最大の結果を残すのか?というのが大きなテーマ。 しかし、この視点では「高齢者が増え、働き手としてドロップアウトしていく。」 という考え

「女性を見習え」働き方改革

柔軟性のある働き方とは 働き方改革に伴い、必要とされることが「柔軟性」と「多様性」。 この2つを元々持ち合わせているのが女性。 女性の目指す働き方や生き方から、今後の働き方改革に向けて努力すべきことが見えてくるかもしれません。 そもそも働き方改革が必要な理由とは、労働市場の変化のスピードが早いため。

RPA導入は「目的」ではない

RPAを使用するのに必要なこととは 2019年現在、職場でのデジタルツールといえばRPAというほど、RPAは各企業で採用されるようになりました。 RPAとは何かというと、簡単に言えば「パソコンを扱うロボット」のこと。 今までは、あるデータをパソコンに処理してもらう場合、まず入力作業などの下準備が必要

どうする中小企業のデジタル化

仕事内容を洗い出す難しさ 仕事にパソコンを持ち込むのは当たり前ですが、そのパソコンをロボットに操作してもらうRPAの導入が各企業で進んでいます。 RPAはAI社会を予想させるシステム。今まで例えば経費を精算しようと思えば、まずデータを入力して必要な計算を指示するという作業は人が行っていました。 しか

地頭の良さを作る方法とは

頭の良さとは何なのか? 近年、大学入試改革が叫ばれ、高等教育のあり方がどんどん変わろうとしています。教育現場ではアクティブラーニングが進められていますが、やり方をめぐって右往左往している状態。 また働き方改革に伴い、受け身で物をこなすだけではなく、発信型にならなくてはいけないとも言われていますね。

IoTの現状と未来

ネット社会の着地点は? 最近の流行語の1つになっているIoT。 今の時代スマホを持つのはもちろん、AIスピーカーで家電製品に命令を出すのも当たり前の世の中になってきました。 そんな中IoTは現在どういった位置づけなのか、そして今後そういった方向へ進んでいくのか、総務省のサイト(引用記事)で見ることが

働き方改革を進める「チャットツール」

できることから始めてみる 働き方改革は根本的に行うとすると、かなりの意識改革が必要。 しかし従来のやり方に固執していては、企業自体が持たなくなる。 そんな状況で、ストレスなく変えていけることも多々あります。 「チャットツール」もその1つ、ストレスなくというより従来のストレスを解消するツールです。 オ

おさらい「RPA」とは何か?

業務のデジタル化の第1歩 RPA 仕事をAIにとって代わられる。そんな時代に先駆けて行われているのがRPAの導入。 しかしRPAという単語がイマイチわからないということもあるかもしれません。 RPAとはロボットプロセスオートメーションの略。 簡単にいうと、今までデジタルといえばパソコン。しかし入力や

日本でイノベーションが起きにくい理由

日米のデータ比較で見るイノベーション 「イノベーション」を起こさねば、今のご時世、労働市場から取り残されてしまう。 関税撤廃が現実となった今、より企業は競争力を求められています。 しかしその反面、日本はイノベーションを起こしにくい国とも言われます。 その理由は総務省のデータ(引用記事)で見ることがで

西から始まる「業務の自動化」

デジタル化」は誰のため? 進んで行く職場のデジタル化、大きく分けて2つのパターンがあります。 まず1つ目は、無人レジのような個別の仕事をデジタル化する方法。 昭和の時代に電卓でやっていたようなことは、現在パソコンがやってくれますね。そういったタスクの置き換え方法です。 もう1つが全体の流れ自体のデジ

60歳になっても給料変わらず!TISが「65歳定年制度」導入

安土・桃山時代の英雄、織田信長は戦の前にはかならず「人間50年~下天のうちをくらぶれば、夢幻の如く。生をうけ滅するもののあるべきか」と日本の伝統芸能「幸若舞」の演目を舞ったそうです。このように、この時代では人間の人生は50年程度と考えられていたようです。 これを裏付けるように、時代が下っても1980