稼いでほしい女性と、稼げない男性

婚活という言葉、すっかり定着しましたが、なかなかマッチングは難しいよう。
明治安田生活福祉研究所の調査によれば、未婚女性の半数が年収500万円以上の男性を希望、3割が600万円以上を希望となっています。

これに対して、年収600万円の男性は、11,8%。
400万でも30代未婚男性では約37% 20代では約15%。

「未婚の女性が希望する20代男性」は、かなりの狭き門。
30代まで含めても半数にもいかない。
そして、これに該当する男性全員に結婚願望があるわけでもない。
収入がある程度あれば、現代はコンビニもある。結婚して家族を養うより、1人でのんびりしていたい。

また男性の場合、子供は40代でも問題はあまりない。稼ぎがあるならなおさら、しばらく1人でいいか、ということになります。
こうして、どんどんミスマッチが広がり、婚活が成立しないということに。

結婚はコスパが悪い?

このアンケートには「結婚をコスパで考えることがあるか?」という問いがありますが、20~40代の未婚男性の38%、女性では45%が「イエス」と回答。

とくに女性の場合、結婚で仕事を続けるのは、今や当たり前。
そのうえ家事育児をやるのは、まだ女性がメインですよね。
家事育児などの家庭内労働を給与換算した場合、年収1200万円の労働になる、という試算があります。

これだけのことをこなすのなら、それ相応の見返りは欲しいと思う女性
しかし男性に応える稼ぎがない。こうして未婚男女が増えていくのでした。

ですが、結婚のコスパはちょっと考え方を見直すことで、かなり変わってくるのです。
ドラマ「逃げ恥」は、「家事労働の金銭化」を提案して話題になりましたが、
このように、仕事の稼ぎと家事労働、育児などの無償労働を数値化して、お互い話し合いをすることで、コスパが良くなる可能性もあります。
シェアハウスを見れば解りますが、共同生活は光熱費など共有できるものが多く、その分のコスパは良くなる。結婚も同じように考えるとどうでしょう。

男性の収入は家事、育児でカバー

男性の収入不足分を、家事育児を行うという形で補い、女性の無償労働を減らせば、つり合いが取れることになります。

もちろん「育児」は結婚することで発生する新しい「仕事」ですから、総出費、労働自体が増えますが「子供のいる喜び」を得ることができます。

また気の合う人と一緒に生活することは、心身の健康にも有効。収入や労働面の折り合いが付けば、生活が楽しくなる、共有部分のコスパが良いなど、結婚はプラス効果が大きくなります。

この計画を実行するには「まず男性の育休」が取れて当たり前になること。
家事のサポートをするのが当然の社会になることが大事。
婚活の成功と少子化解決は、女性の働き方よりも「男性の働き方改革」にかかっているのです。