建設現場の3Kは無くなる

過重労働が問題視される現代、きつい仕事の代表が「建築現場」
人手不足の中、さらに人が集まらない。
そのため、仕事に不向きな高齢者が働き、身体を傷めるといった悲劇も起きています。

しかし最近こんな現場に、ロボットが活躍するシーンが増えており、遠からず建設現場の3Kというネガティブなイメージはなくなっていくかも。
では具体的にどんなロボットが登場しているのでしょう。

こんなロボットたちが登場!

まず、清水建設技術研究所(東京都江東区)では「天井を作る」ロボット開発が行われています。
DIYが趣味の人ならわかると思いますが、自分の目線より高い位置での作業は、首や肩が痛くなりますね。長時間これを行えば、身体を傷める可能性も。
それを代わりにロボットがやってくれるのです。
箱型のロボットがまず自分の位置を確認、そして先端に着いたカメラで目標を確認、長さ約1,8メートルのアーム2本を使い、天井に板を固定するという方法。
腕が人間より長く、高い場所でも活躍できそうですね。
またデータ入力をしておけば、資材を自動で運ぶ搬送ロボット、鉄骨を溶接して柱をつくるロボットも開発中。
いずれも人間には過酷な現場や作業です。
これらのロボットは、この秋から大阪の高層ビル建築現場に試験導入される予定。早ければ2020年には全国販売され、活躍する見込みです。

また大成建設株式会社では、床のコンクリートをコテでならす仕上げを担うロボットが開発中。6月から委託業者が販売、リースを行う予定です。

視点から上の作業も大変ですが、かがむ作業は腰を傷めやすい。建設現場から腰痛を減らす可能性に期待が集まります。

大和ハウス工業は「耐火被覆吹付(ふきつけ)」ロボットを19年度の導入予定。
耐火被膜という火事になっても燃えにくい素材を鉄骨に吹き付ける作業です。
ロボットを通じて、建築現場には多くの作業があることに気づきますね。

減っていく現場の作業員

こんな建築現場、キツイこともあり、建設技能労働者は00年度の451万人から
14年に343万人に減少。
25年度には216万人にまで減る見込み。

しかし、インフラの改修を始めとする整備に必要な人材は350万人と言われており、明らかな不足。
さしあたり35万人分がロボットで賄われる予定です。
この動きは国も推進しており、発注する建築現場でロボットを導入すれば、入札時の評価基準の一つになる工事成績に加えられるようにしています。

ロボットの種類を見てもわかる通り、建築現場の作業はかなり複雑、そして改修作業など仕事の現場が多い。
新しい技術が目に見えて活かされやすい職場でもあります。

大和ハウスの土田和人専務は「建設現場の3Kを 給料、休日、希望」の3つに変えたいという発言をしています。
最後の「希望」により、いろいろな技術開発が進んでいくと良いですね。