自分に合ったものを無理なく始める

国の働き方改革に伴い、残業を禁止する企業も多くなっています。
その反面、副業解禁の動きも広がっています。

平成30年1月に厚労省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成、
モデル就業規則中の「副業禁止事項」を削除、正社員でも副業が可能になりました。

参照※厚生労働省HP 

1つの会社に根を張り、定年まで勤めて終わり、という働き方モデルは、どんどん変化していきそう。
今後は、軸足を1か所に置きながら、スキルアップを目指して副業をする人、また育児や介護休暇を取りながら副業にチャレンジする人など、いろいろな働き方が増えていくことが予想されます。

現在、現役世代と呼ばれる人たちは、年金がどうなるのか?も心配ですよね。
事実上「生涯現役でいろ」と言われているようなところもあります。
また生涯現役という生き方は、より幸せな人生を送れる可能性も高い。

では、今副業を始めるとして、どんなことに気をつけたらいいのでしょう。

決して欲張らない

副業をしようとすると、本業では身に付かないもの、逆に本業に活かせるもの、また残業が無くなった分の給与を稼ぐ‥など、色々な目標が出てきがち。
一度に全部を求めると、心身がパンクするか、本業に支障が出ることに。
「副業をする」というと、単純に時間や給与などの数字で考えてしまいます。
しかし1つの仕事を終えて、別の仕事を1時間という場合、単純に+1時間の負担ではなく、気持ちの切り替えなど、もっと多くの負担がかかってきます。

・毎日行う
・夜間行う

など負担が大きいものは、最初は避けておく方が賢明です。
既婚男性で、妻が働いている場合、家庭での負担を多く担うというのも、1つの副業。家事育児を両立している女性の場合、仕事のみの男性に比べ、副業などサブの仕事を入れる負荷が少ない可能性もあります。
チームプレーで副業を考えてみるのもお勧め。

収入=課税をお忘れなく

また副業を始めたときに注意したいのが「税金申告」

原則として、副業で年間20万以上の所得がある場合は、確定申告を行う必要があります。ただしこれは正社員として本業で年末調整をしている人の話。
働き方により、課税方法は変わります。
収入があれば基本的に課税されるもの。ネットで調べる、また税務署に訊いておくと確実です。

「収入は自分で申告」をお忘れなく。

気軽な副業をしてみる

副業には、ネットアンケートやフリマアプリの活用など、「ちょい足し」的なものもたくさんあります。
スマホ1つでスタート可能、簡単ですが商品写真の撮影、コメントなど意外に技術が必要な作業でもる。
逆にいうと、オークションやフリマへの出品キャリア自体が、立派なスキルです。
副業はあまり大きなことを考えず、これなら楽しんでやれるかな、ということから、始めてみるのがお勧めです