経験者に訊くメリットデメリット

少子高齢化に伴い、出産年齢も高齢化しています。
でもやはり母親になるのは若い方が良い、いや高年齢で産む方が気持ちに余裕ができる、など「出産適齢期」には賛否あるよう。

今回、アラサー出産チーム3名とアラ40出産チーム2名の対談が実現。
いろいろな本音が掲載された記事が出ました。
ではさっそく中身を見て行きましょう。

なぜその年齢なの?

まず、なぜその出産年齢を選んだのか?について、アラ30(20代後半と30代前半で出産)チームのご意見。

何となく人生に行き詰まったので、結婚出産。しかしその後、環境整備がされておらず「自力で道を開拓する」ことになったよう。
人生の転機に出産というのはいい反面、企業が出産育児に対応しきれていない場合、まともに逆風をくらうのですね。

アラ40チームは、ある程度やることをやったし、年齢的にもタイムリミットという「選択肢の無さ」が大きな動機に。
ベテラン社員の方が会社になじんでいる分、産休制度などに対し、堂々と主張をしやすいよう。収入が確保しやすいメリットもあります。

また高齢出産の場合、若手が続きやすくなる、父親の育児参加がアップする、など周囲への影響が大きいメリットがあるようです。
ワーカーとしては、アラ40に軍配か?!

良かったこと、困ったことは?

ではアラ30で良かったこと、逆に困ったことは?
まず「体力!」育児の情報収集から、仕事との両立まで、断然有利なのが「若さ」
また子供に障害や病気がある場合も、体力があれば、バックアップがしやすい。

逆に困ったことは「親のサポートがない」。
介護年齢ではない頼もしい戦力がいるように思えますが「親が50代で仕事が忙しい」。こんなことになってしまうのです。
これに対して、アラ40チームは「孫のおかげで親が元気になった」ということもあるよう。
親のサポート事情は年齢だけでは決めにくいですね。

アラ40チームのメリットは「子供と一緒に学べる」
何かを諦めがちな50代を前に、勉強する気が起きるよう。心も見た目も若々しさを維持できそうですね。

会社でのデメリットは特にないが、今後のキャリアは自分の努力しかない。
また頼み上手になる、部下の叱り方を意識する、など、高齢になるほど、会社へフィードバックされるものが多いようです。

どちらのチームにも共通するのは「子供がいる幸せ」「育児への感謝」
周囲のサポートや、ちょっとした休み時間が持てるありがたみを感じる。
子供の存在があるという感謝は年齢を問わないよう。

出産、育児の体験は年齢を問わず、社会に与える良い影響がいろいろとあるよう。
「子供は社会で育てる」と言いますが、親の周囲の人たちも「子育てのメリット」を受けるという意味もあるのかもしれませんね。