戦略的に「休む」という考え方

土日が休みの会社員の場合、金曜の夜はハッピータイム
パ~っと遊んで、土日は寝倒す!
休みというと、このように「仕事からの解放」という意味に取られがちのようです。

しかし、本来、休息というのは、次のパフォーマンスに向けての充電。睡眠を例にすると、コンスタント7時間程度取ることで1日のリセットをする。
そして翌日は、心身パワーがみなぎった状態で、仕事を始めることができる。

休みとは「仕事からの解放」の意味もありますが、次の日に向けて「スタンバイする」という意味も大きいのです。
試合に臨むアスリートを想像するとわかりますが、休むべき時は、しっかり休みますね。それと同時に、毎日栄養や睡眠のコントロールもしっかり行っています。

羽目を外してもよいのですが、試合の前には、万全なプレーができるコンディションにしておく。これがプロアスリートですね。

企業で働く「プロ」も同じこと。土日にひたすら寝る。そして月曜に身体が重い。
これでは、月曜からのパフォーマンスはベストにはならない。
では、どうしたらいいのか? 戦略を立てて休むのが良いようです。

土日が休みの会社員の場合、金曜の夜はハッピータイム
パ~っと遊んで、土日は寝倒す!
休みというと、このように「仕事からの解放」という意味に取られがちのようです。

しかし、本来、休息というのは、次のパフォーマンスに向けての充電。睡眠を例にすると、コンスタント7時間程度取ることで1日のリセットをする。
そして翌日は、心身パワーがみなぎった状態で、仕事を始めることができる。

休みとは「仕事からの解放」の意味もありますが、次の日に向けて「スタンバイする」という意味も大きいのです。
試合に臨むアスリートを想像するとわかりますが、休むべき時は、しっかり休みますね。それと同時に、毎日栄養や睡眠のコントロールもしっかり行っています。

羽目を外してもよいのですが、試合の前には、万全なプレーができるコンディションにしておく。これがプロアスリートですね。

企業で働く「プロ」も同じこと。土日にひたすら寝る。そして月曜に身体が重い。
これでは、月曜からのパフォーマンスはベストにはならない。
では、どうしたらいいのか? 戦略を立てて休むのが良いようです。

1日の疲れはその日のうちに取る

そもそも「休み」はまとめて取るものではなく、リズミカルに取るものです。
人が作業中に疲労を感じるのは「休め」ということ。

ただし、休み=体を動かさない、ということではない。デスクワークの場合、長時間にわたり偏った頭の使い方をすることもあります。
そういう場合は、1時間に1度ストレッチをする、人とおしゃべりをする、など別のアクションをすることで、身体の休息が取れることもあります。

デスクワークで肩や腰が痛くなるのは、同じ作業を休みなく続けるから。
仮に1時間起きにストレッチをする、目を休めるなどの時間を設ければ、慢性疲労は起きない。いつでも万全の状態で仕事に臨めることになります。
睡眠も同様、午後の昼寝は脳の急速に効果があります。同じ時刻に布団に入り、7時間程度寝るというリズミカルな休み方も大事。
毎日同じリズムで寝るようにすると、深い質の睡眠を取ることができ、脳をしっかり休ませることができます。
よい睡眠を取るには、しっかり動くことも大事。
日頃運動するのが無理であれば、一駅多く歩くことでも運動になります。

土日はこういった「休むリズム」を維持しながら、業務とは違う作業を行うとよいですね。漫然と寝るのではなく、美術館に行く、森林浴など、普段と違う体験をすると、頭が活性化。週明けの仕事にフィードバックできます。

休みというのは「疲れたのでダウンする」ことではなく、絶えず心身を万全な状態に保つこと。
引用記事を読むと、日本企業は「1時間起きにストレッチをすると、サボっている」と思われがちなよう。
「戦略的に休む」という概念が定着すると良いですね。