ノー残業が望ましいが‥

「今日だけお得!」という表示、なんとなくいらないものを買ってしまう言葉ですよね。しかし心は踊る。
会社の「今日は残業なし!」も似たような響きがある。逆に「今日は残ってくれ」という言葉は、一気にテンションが下がります。

最近では「いつでもお得」というお店も増えています。
これと同じように「いつでも残業なし」を初期設定にする会社も増えています。

「悪いけど、今日は残ってくれ」ということも、基本的にないようにする。
ある程度、突発的な出来事を予測し、対応方法を決めておけば、翌日の就業時に対応できることもあります。
月末の繁忙期などは、これに当たります。

ですが、仕事では、「顧客のクレームが長い」「返事がない」など、こちらの努力では、どうにもならないこともあります。
そういった「突発的残業」は、まだまだ存在するのが現状。そうしなければ仕事は終わらない。

しかし、この空気を読まず、「毎日がノー残業、合言葉はワークライフバランス」を実行する社員が増えているのです。

ワークライフバランスの勘違い
ワークライフバランスとは「仕事でプライベートな時間に支障が出ない」ように、というもの。
「生きるために働くのか、働くために生きているのか?」という、過労死に近い状態を避けるための考え方です。
仕事を放り投げてでも、自分の楽しみを優先しろ、ということではありません。

しかし「もう退社時刻なので」と帰ってしまうことが、ワークライフバランスと勘違いする新入社員が多いようなのです。

上司にはっきり物が言えるのは良い。しかし、1時間程度「残業」をすることで、明日の業務は格段に円滑に進む。こういう場合、退社時刻を守ることはマイナスになります。

しかし勘違いくんは言う。「会社のために生きているわけではないので。」
そして帰宅、あとには、中途半端に残った仕事。
勘違いくんに訊きたい。「会社はなぜ君に給与を出しているのか?」

ある会社に採用された以上、その会社のためになる労働をする、というのは、当たり前。
しかし「会社のために」という言葉が「ハラスメント」という形になり、人権が踏みにじられる。異様に長い労働時間を課せられ「過労死」する。
これでは、会社で働く人材を失うことになる。

そういうことがないように、社員の幸福な生活あっての会社であれ。そういう意味で「ワークライフバランス」といわれるのです。

やるべきことをやれ

もちろん、自分の裁量でできる仕事は可能な限り、効率よく行う。
目的から逆算して段取りを立てることで、ノー残業は可能になることもある。
こういったことは、とくに管理職は率先してやるべき。

しかし、どうやっても発生する突発的事態。そこに対応することは、労働者として必要なことです。
仕事というのは「やるべきことをやって結果を出し、対価をもらう」ことです。