健康とコミュニケーションを主体にした家具

「働き方改革」は時間だけでなく、企業で使う家具にも広がっているよう。
2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで開催された「働き方改革EXPO 2018」では、「働き方改革」を後押しする家具が続々登場していたようです。

キーワードは「健康」「コラボレーション」が主流。
具体的に見ていきましょう。

「健康」を前面に打ち出したのは、コクヨ。テレワークが進む現在、逆に「なぜ通勤や会社が必要なのか?」となってくる。
その1つが「健康維持」というわけで、コクヨでは「ing(イング)というオフィスチェアを開発。

見た目は普通の椅子ですが、座るとあらゆる方向に動かせる優れもの。バランスボールのような不安定さもない。

椅子が揺れることで、血行不良など「座業」のデメリットを解消するだけでなく、身体を動かすことでウォーキングに近いメリットがあるよう。これにより脳も活性化するのだとか。
コクヨブースでは「ing(イング)を使ったピラティスも実践、テレワークでも健康を維持する方法ということのようです。

通勤で体を壊す話は聞きますが、今後はその逆になっていくのでしょうか。

自由な行動を後押し

これに対して、会社のどこでも、色々な方法で仕事ができるツールも登場。
イトーキは「inova」というホワイトボードを提供、いつでも好きなことが書けるだけでなく、専用トレイに入れておけばいつでもまとめが可能、というアイテム。
コーヒーを飲みながらなど「ながら作業」も可能になっています。

また無線LANのアンテナ部分を机に埋め込む「LANsheet Light」など、ITツールとのコラボも特徴。
いろいろな人同士が、いろいろなデバイスや方法を使ってコミュニケーションをするという自由な働き方の後押しをしてくれます。

今回ブースを出したプラスでは、社員が実際にテレワークに挑戦。デメリットを見つけ、商品開発にフィードバックしています。
テレワークのデメリットとは「複合機が使えない」「社員間のコミュニケーションが減少した」。
そして会社に必要なことは「社員間コミュニケーション」という考えを打ち出したのがプラス。

そのため、同社のブースでは、スタンディングデスク、コラボネーションパネルなど、人間同士のコミュニケートを進める家具が主流に。有益な雑談が進みそうです。

社屋では健康を維持しながら、ITを交え社員同士で活発な交流を図る。
それが今後の企業のあり方になっていくよう。
「面白いから会社に行く」という考えも、今後どんどん進んでいくのかもしれません。