売れているのはこんな本

「働き方改革」という言葉とともにに、職場の状況も変化。
管理職、新人それぞれの立場で「今後どうなっていく、どうすればいい?」という疑問や不安が多い時代。
そんなビジネスマンの頼りになる、キャリア形成にまつわる本が売れています。
具体的に、どんな本が売れているのか見てみましょう。

最近の人気は
・「JTの変人採用」米田靖之著
タイトルだけ見ると、JTは変人しか採用しない方針なのか?と思いますが、どちらかというと、結果的にそうなっているということのよう。
著者の米田靖之氏はJTの人事部長、製品開発部長、たばこ中央研究所長、執行役員R&D責任者などの役職経験者。

そんな米田靖之氏、20代で採用担当、30代採用チームリーダー、40代人事部長を歴任。JT勤務の中、色々な立場で、人を育てる経験をしています。
そんな部下たちが、10年後どうなっているのか?を観察。

その結果「変な人」というキーワードが出てきたそう。
この場合の「変」は「人と違った立場で物を見ることができ、行動できる」ということ。
現在、そしてこれからのJTに必要なのは、こういった人物であるとして、「変な人になる方法」を指南しています。

「変」の例え通り、真面目な内容ながら、どこかポップな感じな内容が特徴。
「お前なら仕方がない」という人になれ、など、小見出しが多く、読みやすい内容の本。

また「変な人材を育てる」方法も書かれており、セカンドキャリアを築きたい人、管理職にも楽しめる1冊です。
いろいろな立ち位置の人が、気軽に読めるのが売れている理由のよう。

具体性の多いキャリア形成本

その他、売れ筋にはどんなものがあるでしょう。
・読書という荒野 見城徹著(幻冬舎)
インパクトがありそうな幻冬舎社長執筆の1冊、「本を読め」という解りやすさが決め手。

・全部やれ。日本テレビのえげつない勝ち方 戸部田誠著(文芸春秋)
タイトルがすでにえげつないですが、日テレの裏方に迫る本。

パワハラが問題視される現在ですが、本はキツイ感じのものが、売れ筋。
「読書」「全部やれ」など、キーワードが解りやすいのも特徴。

・10年後の仕事図鑑 落合陽一・堀江貴文著(SBクリエイティブ)
も毒舌を期待する読者に人気。これからの働き方についての本ですが「10年後、図鑑」というフレーズも解りやすいですね。

ズバッとした雰囲気の本が、勢ぞろい。
それだけ働き方改革が進まず、イライラしている人が多いのか?
ズバッと未来を切りひらく感覚が、不安を取り除くのか?

理由はいろいろ考えられますが、本を読んでも実行に移さないことには、現実は何も変わらないことは、確かだと言えます。
・文系でも仕事に使える統計学はじめの一歩 本丸諒著(かんき出版)などでスキルを身に付けておくのもいいかもしれませんね。