VENTURE NET NEW BUSINESS ENGINEERING

LIFE IS ADVENTURE1ランク上のサポートを求める学生へ。

INTERNʼ S VOICE先輩インターン生の声

  1. トップ
  2. 先輩インターン生の声
  3. 篠原 礼樹

MEMBERベンチャーネットに参加している大学生

篠原 礼樹 法政大学キャリアデザイン学部3年(文系)

将来起業したいなら、準備が大事。
ここには「汎用的スキル」と「仕事に対する姿勢」がある。

ベンチャーネットの長期インターンを選んだ理由は、将来「起業する」自分にとって大きな意味を持つと考えたからです。ベンチャーネットでは、単なる「職場体験」に終わらず、「職務経験」として時間を投資します。この時間投資の結果得られるのが、「社会人としての汎用的スキル」と「仕事に対する姿勢」の二点です。どういうキャリアを描いていくにしろ、この二点は欠かせませんが、特に自分が主軸となって稼ぎ出す「起業家」を目指す私にとっては、重要な基盤づくりという認識があります。「将来起業したいなら、準備が大事」だと考えているので、その準備ができるベンチャーネットでのインターンはとても有意義です。

未経験のライターからスタート、
今では新事業立ち上げ中

はじめはライターとしてスタートしました。セールスフォースという業界最大手の企業の製品についてのコンテンツ制作です。書き始めるにあたって、予備知識はありませんでしたので、Webなどで勉強しました。また、記事を書いたこともなかったので、記事の書き方についても勉強しました。勉強、勉強・・といっていると、なにやら楽しそうな雰囲気には聞こえないかも知れないですが、「未知との遭遇」は刺激的で面白いです(笑)
 次に手掛けたのが、セールスフォース管理者としての活動です。「学生なのにそんなことできるの?」と感じる方もいるかもしれませんが、しっかりとセールスフォース認定アドミニストレーター資格を取得しているので問題はありません(これもまた、勉強して取得しました)。管理者は主に、社内のセールスフォースというシステムの管理をしています。「もっとこうしたら入力しやすい」などという要望に応じて、簡単なシステムの構築・整備をしています。
 そして、何より大きかったのが新規事業の立ち上げです。勿論、どんな企画も通るわけではありません。私が考えていたアイデアに、様々な先輩たちの意見を組み合わせて作り上げた企画です。今は、これを立ち上げるための調査、具体的な企画をしています。

INTERN MENUあなたがベンチャーネットでできること