ベンチャーネットエンジンマーケティングによる人材採用

  1. HOME
  2. マーケティングによる人材採用

マーケティングによる人材採用
もし「人材紹介・求人広告」に頼らずに採用が出来るなら?

VENTURE NET ENGINE
ベンチャーネットエンジン

マーケティングによる人材採用

もし「人材紹介・求人広告」に頼らずに採用が出来るなら?

マーケティング発想の人材採用

  • マーケティングとは、「お客さんが求めていることはどういうことなのか」を研究して、事業を組み立てていこうという考え方のことです。 競争が激しい環境の中で、どう工夫をして商品を売っていったら良いのか、

  • 商品そのものの高付加価値化やマーケティング施策の取り組みが必要な時代になっています。これは業界問わず採用活動にも通用する考え方です。 当社ではマーケティングの強みを生かし、長期的に安定して採用出来る仕組み作りを提案します。

マーケティング発想の人材採用

  • マーケティングとは、「お客さんが求めていることはどういうことなのか」を研究して、事業を組み立てていこうという考え方のことです。 競争が激しい環境の中で、どう工夫をして商品を売っていったら良いのか、商品そのものの高付加価値化やマーケティング施策の取り組みが必要な時代になっています。 これは業界問わず採用活動にも通用する考え方です。 当社ではマーケティングの強みを生かし、長期的に安定して採用出来る仕組み作りを提案します。

人材採用の難しさは年々増しています。この厳しい採用環境の中、「なんとか採用を成功させたい」、そんな思いで人材紹介や求人広告を利用されているのではないでしょうか。 しかし、このままの採用方法で、今後も安定して良い人材が採用し続けられるでしょうか?

人材採用の難しさは年々増しています。この厳しい採用環境の中、「なんとか採用を成功させたい」、そんな思いで人材紹介や求人広告を利用されているのではないでしょうか。 しかし、このままの採用方法で、今後も安定して良い人材が採用し続けられるでしょうか?

戦略と戦術

  • 用途・業務にあわせたWebアプリケーションシステムをオーダーメード致します。
    顧客情報データを中心に、さまざまな用途・業務にあわせたWebアプリケーションシステムを構築します。使いやすいシステムを提供することにより、顧客の利便性向上や満足度向上を強力に支援します。


  • 自法人のアピールポイントを考えます。 採用活動を行う上では必ずライバルとなる他企業が存在します。
    その中で自法人を考えると、ポイントは何が「売り」になるかということです。ある人材を採用したいと考えた時に、ライバルはこういう法人となる。その時に自法人の「売り」、言い換えれば「強み」「アピールポイント」は何になるのかを考えていきます。
  • 消費者が商品(サービス)を認知してから行動するまでの行動モデル(プロセス)に「AIDMAの法則」というものがあります。 これは、広告戦略を策定する際に参考とされている法則です。求人ページにおいても、こちらの基本フレームを意識しながら作成していきます。

    1.求職者はまずホームページを見て、求人の存在を「認知」します。
    2.その求人を自分に関係あるものとして「興味」をもち、
    3.その求人が自分の役に立つ・問題を解決するものとして入職したいと「欲求」し、
    4.そして法人の実績や特徴を知り他と比較検討することで「動機」へとつながり、
    5.実際に応募するという「行動」に繋がります。定する際に参考とされている法則です。求人ページにおいても、こちらの基本フレームを意識しながら作成していきます。

  • 「うちに合う人・欲しい人はこんな人」と具体的に表現する事が大切だと述べました。 どのような人が欲しいのかが具体的に表現が出来たら、更に年齢・性別・職種・世帯規模・住所などを仮定し、ターゲットイメージを一人の人物まで絞り込んでいきます。これをペルソナと言います。 ペルソナとは、「企業が提供するサービスにとって、もっとも象徴的なユーザーモデル」です。
    来たら、更に年齢・性別・職種・世帯規模・住所などを仮定し、ターゲットイメージを一人の人物まで絞り込んでいきます。これをペルソナと言います。 ペルソナとは、「企業が提供するサービスにとって、もっとも象徴的なユーザーモデル」です。

戦略と戦術

  • 用途・業務にあわせたWebアプリケーションシステムをオーダーメード致します。

    顧客情報データを中心に、さまざまな用途・業務にあわせたWebアプリケーションシステムを構築します。使いやすいシステムを提供することにより、顧客の利便性向上や満足度向上を強力に支援します。


  • 自法人のアピールポイントを考えます。 採用活動を行う上では必ずライバルとなる他企業が存在します。
    その中で自法人を考えると、ポイントは何が「売り」になるかということです。ある人材を採用したいと考えた時に、ライバルはこういう法人となる。その時に自法人の「売り」、言い換えれば「強み」「アピールポイント」は何になるのかを考えていきます。
  • 消費者が商品(サービス)を認知してから行動するまでの行動モデル(プロセス)に「AIDMAの法則」というものがあります。 これは、広告戦略を策定する際に参考とされている法則です。求人ページにおいても、こちらの基本フレームを意識しながら作成していきます。


    1.求職者はまずホームページを見て、求人の存在を「認知」します。

    2.その求人を自分に関係あるものとして「興味」をもち、

    3.その求人が自分の役に立つ・問題を解決するものとして入職したいと「欲求」し、

    4.そして法人の実績や特徴を知り他と比較検討することで「動機」へとつながり、

    5.実際に応募するという「行動」に繋がります。定する際に参考とされている法則です。求人ページにおいても、こちらの基本フレームを意識しながら作成していきます。

  • 「うちに合う人・欲しい人はこんな人」と具体的に表現する事が大切だと述べました。 どのような人が欲しいのかが具体的に表現が出来たら、更に年齢・性別・職種・世帯規模・住所などを仮定し、ターゲットイメージを一人の人物まで絞り込んでいきます。これをペルソナと言います。 ペルソナとは、「企業が提供するサービスにとって、もっとも象徴的なユーザーモデル」です。
    来たら、更に年齢・性別・職種・世帯規模・住所などを仮定し、ターゲットイメージを一人の人物まで絞り込んでいきます。これをペルソナと言います。 ペルソナとは、「企業が提供するサービスにとって、もっとも象徴的なユーザーモデル」です。











サービスについての詳しい情報は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

弊社サービス等についてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-6265-9581

受付時間 10:00~18:30

メールでのお問い合わせ

お問合わせ