当コラムもいよいよ最終回です。計100本の連載コラム、長かったです(笑)でも、僕の頭の中にあることはすべて出せたように思います。

最終回の今回は、働き方と生き方について考えてみたいと思います。

 

 

2019年4月 本気の「働き方改革」が始まった

 

「働き方改革」はもうすでに世の中に浸透し、お馴染みの言葉になっています。しかし、皆さんは働き方改革がどのような経緯を経て執行されたかご存知でしょうか。

今回はその辺りと働き方改革の目的、そしてそれに伴い注目されるようになった事柄について、もう一度、振り返ってみましょう。

 

日本全国をその渦の中に巻き込んでいく、働き方改革――。

 

2019年4月に「働き方改革関連法」が閣議決定されたことは記憶に新しいと思いますが、一方で、社員の「働き方」の見直しを迫られた中小企業の経営者も多いのではないでしょうか。

そもそもこの「働き方改革」は、少子高齢化という現状から、一般国民だけでは贖うことができない、時代の流れにより浮かび上がった国策です。

現在の日本では少子高齢化の波を止めることは難しく、今後も働き手として活躍するべき世代、いわゆる「生産人口」は減り続けます。今のままの仕事のやり方では、いずれ企業として運営していくことは難しくなり、働き手はますます疲れはててしまうでしょう。

一時期は「ライフワークバランス」に注目が集まり、子供を産み育てる女性でも働きやすい社会を目指し、「時短勤務」や「保育園を増やす」という方向に舵が取られました。しかし本当の意味で「子供がいても働きやすい社会」になることができず、結果的に少子化はますます進んでしまいました。

 

こうした背景もあり、今回の「働き方改革」は法律として動き出しました。その中核となるのが、時間外労働の上限規制(原則として月45時間・年360時間)、有給休暇の消化義務同一労働同一賃金の推進衛生管理の強化、そして高度プロフェッショナル制度の導入です。

中でも、もっとも働き手と雇用者側の意識改革が必要となるのは、時間労働の上限規制かもしれません。大手企業はすでに動き始めているこの改革は、中小企業も2021年4月から法規制の対象です。日本人はすでに、大きな波に飲み込まれているのです。

 

 

働き方が変わったら、人の生き方はどうなるの?

 

全国的に「働き方改革」を進める一方で、日本人の寿命は延長し続けています。かつての人の寿命は70歳とも80歳ともいわれていましたが、いまや日本人は100歳を超えることも珍しくなくなってきました。

時折メディアでも話題になりますが、平均寿命と健康寿命は違います。平均寿命とはその人が亡くなるまでの寿命、健康寿命とは元気に自立して過ごせる期間のことです。日本は高齢化が進行しているにも関わらず、この健康寿命に注目するのが少し遅かったのかもしれません。

 

 

100歳まで生きるとしても、80歳で要介護になれば20年間は誰かの世話にならないと生きていけない、そんな現実が待っています。ましてや現在の社会では、65歳で定年を迎えるのが一般的です。

 

65歳から80歳までの15年間、あなたは何をして過ごしますか?

そして80歳を過ぎて要介護になった時、あなたはどうやって生きていきますか?

 

定年まで長時間労働も厭わずにがむしゃらに働き続け、定年を迎えたとたんに社会から隔絶され、長い余生を趣味もなく収入も無く過ごす――、そんな未来を想像できますか?

 

 

今こそリカレントが必要な時代

 

今、社会では「リカレント」という言葉にも注目が集まっています。2017年11月に行われた第3回人生100年時代構想会議の席上で、安部首相は「リカレント教育」を拡充し、財源を投入すると宣言しました。「リカレント」という言葉は、新しい言葉ではありません。実は1970年代には世界的に認知された言葉です。

具体的には「企業による教育以外の、就業後の教育・訓練」のことを指し、就職してからも生涯にわたって教育と他の諸活動(労働や余暇など)を交互に行なう、といった概念です。

日本でも一部の大企業を中心にリカレント教育が進められてきたようですが、必ずしも環境が整っているとはいえません。文部科学省が2015年度に社会人(25~50歳男女)に対して行った調査によると、リカレント教育の課題としてもっとも多かったのは費用面でしたが、次に「勤務時間が長くて十分な時間がない」という課題も挙がっています。

その一方で、実際に世の中ではAIやIoT、ロボット技術などが発展し、社会で実装され始めています。まさにデジタル化の波は、私たちの世界を一変させようとしているのです。

最近のタクシーには、利用客の顔を認識し、世代や性別ごとに好むと思われる番組を配信する、というシステムも搭載されています。世の中の仕組み自体が、大きく変わりつつあるのです。あなたは、こうした変化にどこまで追い付いていますか?

学校を出てから企業へ就職し、その中だけで生きてきた人にとっては、新しいことを学ぶ、外からの学びを自らの仕事へ生かす努力が必要となります。

社会が変わるのですから、昔ながらの考え方や行動に縛られていては、社会のさまざまな変化に対応することはできません。自分が勤務する企業の世界だけしか知らない人は、定年を迎えた後の人生には何も残っていない――怖いことですが、これが現実なのかもしれません。

 

リカレント=学び直すという姿勢は、一朝一夕で身に付くものではありません。年を取ったから改めて勉強するのではなく、若いときから学び続ける姿勢こそが大切なのです。

 

 

今考えるべきは、働き方なのか、生き方なのか。

 

僕はちょっと欲張りですから、どちらかに切り分けて考えるのではなく、どちらも一緒に考えるものだと思っています。

起業など新しいことに挑戦するときは、「何も学んでいませんーん」では難しいでしょう。少なくとも、お金の動き方、メンバーの集め方、プロジェクトの進め方など、先人から学ぶことはいくらでもありますし、今を生きる人たちにはそれをアレンジしていく力があります。

過去にとらわれず、まったく新しいことにチャレンジするとしても、きっと何かは考えているはずです。頭を使い、手を使い、そして足を使う。これこそが、働くことであり、生きることでもあるのです。

 

国の施策である「働き方改革」は、同時に自分の生き方改革でもあるといえます。これから先の人生、古い思考や行動パターンを意地になって持ち続けていても、苦痛が多くなり生きづらくなるだけだと僕は感じます。

それよりも、自分にとっての輝かしい未来に向けて、新たな一歩を踏み出していきましょう。