皆さんはGoogleの研究者による「プロジェクト・アリストテレス」という研究をご存知ですか?この研究はGoogleの社内で起きた、とある疑問から始まり、「効果的なチームを可能とする条件とは何か」という目的を持って研究が進められました。

この研究結果はGoogleのみならず、多くの組織、企業にとって、これからのステップアップに欠かせない考え方だと思います。

 

Googleの生産性向上プロジェクト 「アリストテレス」

 

世界的大企業でもあるGoogleは、2012年から社内の生産性向上プロジェクトである「アリストテレス」を始動させました。当時のGoogle社内には、生産性の高いチームと低いチームが混在していたそうで、「この差はなぜ起きているの?」という疑問から、このプロジェクトが始まりました。

 

世界的大企業が気付いた「当たり前」のこと

 

Googleが得意とする「さまざまな観点からのデータ分析」を行い、「チーム」とは何か、その中でも「効果的なチーム」とは何かを定義し、データ分析を行うことで「それぞれのチームの効果性」を導き出しました。

その結果リサーチチームは、「チームメンバーが誰なのか」ということよりも、「チームがどのように協力しているか」が真に重要であることを、突き止めたのです。

 

 

でもそれは、どんなチームにでも言えること

 

企業の中で「営業成績」を張りだすところがあります。チームとしての実績を比較して表彰するのではなく、個人を表彰する形でAさんは●●万円、Bさんは△△万円、Cさんは……と張り出していくパターンです。これだと、お互いの間では競争心が芽生えますが、チームワークにはなりません。下手すれば足の引っ張り合いです。

かつての日本社会はそれが許される風潮だったかもしれませんが、今の日本は個人の力量で会社のすべてが回るほど、甘い状況にはないと思うのです。会社全体として生産性を向上し、自分たちのブルーオーシャンを開拓していくためには、個人の力量ではタカが知れています。

それならば、会社の中に小回りの利く小さいチームをたくさん作り、それぞれが生産性を上げていけば、会社全体が強いチームになるのではないか、そう思うのです。

 

 

Googleが発見!チームパフォーマンスと大きく関係する要素

 

Googleは、チームパフォーマンス向上には大きく5つの要素が関係しているとしています。心理的安全性、信頼性、構造と明確さ、意味、そして影響です。この中でも、もっとも重要なのが、「心理的安全性」です。

 

「心理的安全性」という言葉は、心理学用語の一つなのですが、チームのメンバー一人ひとりが、不安や恐怖といった負の感情、恐れの感情を感じることなく、安心して発言や行動ができることを意味しています。

ハーバード大学で組織行動学を研究している、エイミー・エドモンドソン氏が、この概念を最初に提唱したといわれています。

エドモンド氏によると、チームのメンバー全員が「心理的安全性の高い環境」にいることが重要だということです。こうした環境であれば、チームとしての目標達成に向けてお互いが安心して意見し合うことができ、チームのパフォーマンスが向上すると考えられています。それと同時に、心理的安全性が保たれた環境ならば、自分という存在がチームのメンバーに受け入れられていると感じることができるため、自己肯定感が高く保たれていことになります。

 

 

逆に、「この人は自分のことを信頼してくれているのだろうか?」「どういう風に思っているんだろう」とチームのメンバーが人間関係での恐れを極度に抱いてしまうと、新しいアイデアを思いついても「こんなこと言って、相手にされなかったらどうしよう」「怒られるかな?」というネガティブな思考が働いてしまいます。そして、そのチームには常に負の緊張状態が蔓延してしまいます。

 

 

さて、この心理的安全性が保たれているかどうかは、この後に続く4つの要素にも、大きく関係しています。

 

  • 信頼性:お互いに信頼し合っているメンバーならば、決められた時間内にクオリティの高い仕事を仕上げるが、信頼性の低いチームのメンバーは、お互いに責任を転嫁する
  • 構造と明確さ:各々のメンバーが、仕事として要求されていることやそのプロセス、お互いの行動から生まれる成果を、お互いに理解していることが重要
  • 意味:仕事をする意味はメンバーそれぞれに違いがあるが、仕事そのものや成果に対する目的意識=仕事の意味を、しっかりと認識する必要がある
  • 影響(インパクト):それぞれのメンバーが、自分の仕事には意義があると主観的に思えるよう、仕事による影響、組織目標への貢献度などを可視化すると良い

 

また、これら4つの要素は、「心理学的安全性」のある環境でなければ、成り立たせることは難しいでしょう。それだけ、「心理的安全性」は重要なファクターなのです。

 

 

まとめ

 

小回りの利く強いチームは、結果的に会社全体を強くする力を持っているのかもしれません。つまり、心理的安全性の高い環境をつくることが、バーチャル社長の責務といえるでしょう。

しかし、心理的安全性だけに重点を置くだけではダメです。後から成り立つ4つの要素もまた強いチーム作りには大切です。