イノベーションとは技術革新というイメージを持っている人が多いかもしれないですが、新しいアイデアと商業的成功が必要なものになります。

例えばスマートフォンもイノベーションでしょう。それまで、携帯電話として多くの人が利用していたものは、音声通話やメッセージ、メールなどの利用が主でした。そこにスマートフォンが登場し、手に持てるパソコン並みの性能を持った端末になったのです。

イノベーションには次の種類(段階)があります。

  • 問題の洗い出し
  • 破壊的イノベーション
  • ブレイクスルーイノベーション
  • 持続的イノベーション

持続的イノベーションとはいまある商品やサービスを改善し既存顧客の満足度を高めることです。

自動車であれば自動車の燃費を良くするというのも持続的イノベーションですし、デジタルカメラの画質を上げるというのも持続的イノベーションになります。iPhoneが発売されるたびに、高画質なカメラが搭載されているのは持続的イノベーションでしょう。

破壊的イノベーションは、市場が求められているものよりも性能を落として、別の価値を創造するイノベーションになります。

最初は性能が低く、既存顧客は見向きもしないことがほとんどです。

しかし既存顧客とは違った顧客に向けて、シンプルで使い勝手が良く、安価な商品やサービスを提供するのが破壊的イノベーションになります。

イノベーションを生み出すには、そのための習慣が必要です。そして前例のないものを生み出す必要があります。次のような習慣に気を付けるといいでしょう。

  • オフィスから出よう
  • 面白いことに集中・触れ合おう
  • リスクを取り繰り返そう
  • 革新的なゴールを設定しよう
  • 新しいことを取り入れよう

またイノベーションを生み出すための力として、クレイトン・クリステンセンが以下の5つの力を提唱しています。

  1. 問題解決のために新しい質問を生み出す力
  2. 周りの世界を注意深く伺い、物事の仕組みを観察する力
  3. 多様な背景や視点を持った人たちと出会い、繋がる力
  4. 現実の世界を舞台にアイデアを実践、検証する力
  5. 知識分野、産業、地理を超えた意外な結びつきを生み出す力

イノベーションを生み出すために、人の持っている潜在的な部分にあるアイデアを引き出すジーニアスコードというものがあります。

ジーニアスコードとはPASONAの法則などで有名なコンサルタントの神田昌典氏がビジネスに使っているツールです。

ジーニアスコードのツールは何か頑張って成果を得るというようなたぐいのものではありません。遊びながら楽しみながら行っていくものになります。

ジーニアスコードは7つのツールからなり、それぞれイメージを使ってアイデアを形にしていくのです。

イノベーションとは

新規事業を作り出す上で必要となるイノベーションとはどのようなものでしょうか?

イノベーションとは新しいアイディアと商業的成功

イノベーションとは技術革新というイメージを持っている人が多いかもしれないですが、新しいアイデアと商業的成功が必要なのです。

イノベーションとは、20世紀オーストリアの理論経済学者ヨーゼフ・A・シュンペーターにより提唱された概念。新しいアイデアと商業的成功を収めた変化のことをいいます。

例えばスマートフォンもイノベーションでしょう。それまで、携帯電話として多くの人が利用していたものは、音声通話やメッセージ、メールなどの利用が主でした。そこにスマートフォンが登場し、手に持てるパソコン並みの性能を持った端末になったのです。

スマートフォンによりアプリのインストールが可能になり、ゲームや様々なコミュニケーションツールなどを利用することが可能となりました。これは、イノベーションにほかなりません。

イノベーションは新しいアイデアだけでは成立しません。新しいアイデアが多くの人に受け入れられて商業的な成功を得てはじめてイノベーションになるのです。

イノベーションの種類

イノベーションには次の種類(段階)があります。

  • 問題の洗い出し
  • 破壊的イノベーション
  • ブレイクスルーイノベーション
  • 持続的イノベーション

それぞれ見ていきましょう。

問題の洗い出しとは、問題や定義がまだ定まっていない状態です。リサーチが必要で、主に大学の研究で行われます。

破壊的イノベーションとは、問題はまだ発見されていないが、分野が発見されているイノベーション。スタートアップやベンチャー企業などが関係しているのです。

ブレイクスルーイノベーションは、問題が発見されているが分野が発見されていないイノベーション。大企業のイノベーションラボなどで行われているものです。

持続的イノベーションは、R&Dと言われており、継続して改善されるイノベーションになります。

それぞれイノベーションでありますが、起業して新規事業を立ち上げる場合には、破壊的イノベーションがあるといいでしょう。一方で大企業が得意とするのが持続的イノベーションになります。

持続的イノベーション

持続的イノベーションとはいまある商品やサービスを改善し既存顧客の満足度を高めることです。持続的イノベーションの例として、最近のセキュリティソフトがあるでしょう。セキュリティソフトは、パソコンが出始めた頃は、とにかく重くセキュリティを上げることだけを目的に作られていました。

しかしユーザーがセキュリティソフトを入れると、パソコンが固まってしまい、本来したい作業ができなくなってしまうため、セキュリティソフトを入れないということが起きていました。

そこで持続的イノベーションにより、パソコンに負荷をかけない、軽いセキュリティソフトが開発されました。今までのセキュリティソフトは重いというイメージから、セキュリティソフトを入れてもパソコンがサクサク動くというものに、顧客満足度を上げていったのです。

他には自動車であれば自動車の燃費を良くするというのも持続的イノベーションですし、デジタルカメラの画質を上げるというのも持続的イノベーションになります。iPhoneが発売されるたびに、高画質なカメラが搭載されているのは持続的イノベーションでしょう。

この持続的イノベーションは、大企業が得意とするものです。大企業には、人材もリソースも豊富にあり、経営や会議も合理的な状態で存在しています。そのため、既存商品やサービスを改善していき、満足度を上げるということは得意とするものなのです。

逆にベンチャー企業が、持続的イノベーションをしようとすると、大企業と同じ土俵で戦わなければならなくなり、なかなか苦戦するでしょう。

破壊的イノベーションについて

破壊的イノベーションは、市場が求められているものよりも性能を落として、別の価値を創造するイノベーションになります。最初は性能が低く、既存顧客は見向きもしないことがほとんどです。

しかし既存顧客とは違った顧客に向けて、シンプルで使い勝手が良く、安価な商品やサービスを提供するのが破壊的イノベーションになります。

破壊的イノベーションの例として有名なのが、QBハウスになります。それまで髪を切る美容院は、髪を切るだけでなく、シャンプーやスタイリング、髭剃りなど、トータルできれいに気持ちよくなるサービスを提供していました。

しかし破壊的イノベーションを起こしたQBハウスは、髪を切る以外のサービスを削減する戦略を取りました。シャンプーも髭剃りもなく、カットだけをするというものです。その代わり、低価格で短時間で終わるという新しいサービスをアピールしていきました。

この破壊的イノベーションは当たり、多くの人に受け入れられるようになったのです。そして破壊的イノベーションが起きたものは、多くの人に受け入れられるとともに、質も向上していきます。

QBハウスの場合にも、カットをする人が、一日にカットをする人数が多いため、自然とカット技術が向上していったのです。

破壊的イノベーションの例としては、カメラ搭載の携帯電話とういものも挙げられます。それまでカメラといえば、デジタルカメラが主流でしたが、携帯電話に性能の下がったカメラを搭載することで、携帯電話を持つ多くの若者に指示され、新しい使い方がされるようになったのです。

またカメラ付き携帯の破壊的イノベーションも多くの人に受け入れられる中で、性能が向上し、最近スマートフォンに搭載されているカメラはデジタルカメラと遜色ない性能にまで向上しているのです。

イノベーションを生み出すためには

イノベーションを生み出し、新規事業のアイデアを作るにはどうしたらいいでしょうか?

イノベーションを生み出す習慣1

イノベーションを生み出すには、そのための習慣が必要です。そして前例のないものを生み出す必要があります。その際、次のような習慣に気を付けるといいでしょう。

  • オフィスから出よう
  • 面白いことに集中・触れ合おう
  • リスクを取り繰り返そう
  • 革新的なゴールを設定しよう
  • 新しいことを取り入れよう

それぞれ見ていきましょう。

まずはオフィスから出ようということです。イノベーションは、それまでの考え方の延長では起きません。従来の考え方から外れた考え方をしていく必要があるのです。そのためにオフィスから出て、外の刺激を受ける必要があるでしょう。

例えば伝統的な羊羹の和菓子を作っているお店がイノベーションを起こしたいと考えているとします。いくら店の中で考えていても、中身の具を変えるにはどうしたらいいだろうとか従来の発想しか浮かばないでしょう。

そこで外にでて、毎日、イタリアンやフレンチの料理を食べに行ったとしてます。するとそこで出てくるカラフルなデザートに感動するかもしれません。そのカラフルなデザートから発想を得て、レインボー羊羹というものを思いつくかもしれないのです。そして和菓子店で売るだけでなく、イタリアンやフレンチレストランのデザートとして、出せないか交渉してみようという気持ちも出てくるかもしれません。

イノベーションを生み出す習慣2

イノベーションを生み出す習慣として、面白いものに集中・触れ合うことが大切です。新しい発想というものは、子供のような遊んでいる感覚の中で生まれてきます。イノベーションを起こそうとして起きるものではなく、そのような普段の遊び心の中から自然と生まれてくるのです。

「リスクを取り、繰り返そう」というのは、実際にイノベーションを起こす上で実践するということが大事ということです。行動を起こし、反応を見ることで新しい発想というものは出てきます。ゴールが100キロ先にあるとしたら、まずは歩いてでもいいので前に進まなければなりません。とにかくリスクを取り、前に進み続けましょう。

革新的なゴールを設定することも大切です。イノベーションは、未来に理想のゴールを設定し現在できることを見つけるバックキャスティングの考え方が向いています。普通のゴールではなく、魅力的なゴールを設定していくのです。

例えば釣り具屋さんが新しいイノベーションを生み出そうと考えていくときに、最新の釣り具を開発するというようなありきたりのゴールではなく、魚を感知することができるAIを搭載した釣り竿の開発、といような魅力的なゴールを設定していきましょう。

新しいことを取り入れようというのは、イノベーションを起こすのにとっても大切なことです。従来の改善する思考ではなく、新しい風を取り込みます。例えば金融に関する事業を行いたいと思っていたらば、旅行に関する情報を集めたりするのです。

そこから、旅行に関する新しい資産を作るビジネスを思いつくかもしれないでしょう。

イノベーションを生む5つの力

イノベーションを生み出すための力として、クレイトン・クリステンセンが以下の5つの力を提唱しています。

  1. 問題解決のために新しい質問を生み出す力
  2. 周りの世界を注意深く伺い、物事の仕組みを観察する力
  3. 多様な背景や視点を持った人たちと出会い、繋がる力
  4. 現実の世界を舞台にアイデアを実践、検証する力
  5. 知識分野、産業、地理を超えた意外な結びつきを生み出す力

一つずつ独自の見解で検討していきます。

まず問題解決のために新しい質問を生み出す力はイノベーションを生み出すために必要です。顧客の抱える問題を解決するための解決策をひらめくためには新しい質問が必要となるでしょう。

その上で必要な行動として問題意識を持つことにあります。まだ普及していないものに対する問題意識を生み出すといいでしょう。

2つ目に周りの世界を注意深く伺い、物事の仕組みを観察する力が必要です。そのための行動としてはスタートアップなどの企業を観察することが必要でしょう。新しいイノベーションを起こしている活動を観察することで、自らも新しい刺激を得てイノベーションを起こすきっかけになるのです。

例えば、2015年に設立された株式会社ウツワは、バストの小さな女性向けランジェリーブランド「feast」を企画・運営しています。このような事例から、女性の悩みを持っているニッチな切り口で商品を企画していくことが大事であることが分かるのです。

3つ目は、多様な背景や視点を持った人たちと出会い、繋がる力です。必要な行動として多様なネットワークの交流になります。これは自分自身がイノベーションを起こす上で必要な要素です。

イノベーションを起こしている企業の人に接触したり、異業種交流会などに参加することで新しい刺激を受けることができるでしょう。

4つ目は、現実の世界を舞台にアイデアを実践、検証する力です。必要な行動は、仮説・検証の「リーンスタートアップ」サイクルになります。浮かんだアイデアを行動し、検証するということは大事です。必要なのは、経験を摘んでいくことでしょう。

5つ目は、知識分野、産業、地理を超えた意外な結びつきを生み出す力です。必要な行動は、異分野・異文化事業の再結合になります。それまでの中での新しいネットワークによる刺激を頭の中で再結合することで新たな組み合わせを思いつくかもしれません。

イノベーションを生み出すジーニアスコード

人の持っている潜在的な部分にあるアイデアを引き出すジーニアスコードというものがあります。どのようなものなのか見ていきましょう。

ジーニアスコードとは

ジーニアスコードとは、PASONAの法則などで有名なコンサルタントの神田昌典氏がビジネスに使っているツールです。イノベーションを生み出すツールとしても使うことができるでしょう。

神田昌典氏がこのジーニアスコードを使って売り上げた額は、100億円を下らない額になっています。ジーニアスコードは彼だけでなく、会社にも導入した方法です。

イノベーションを起こすアイデアというものは、今までの認識を壊す作業から始まり、頭が真っ白になる状態、新しい認識を作る状態で起きてきます。ジーニアスコードは、この流れを上手く使ったツールです。

これまでイノベーションを起こすためにはどうしたらいいか見てきましたが、今までの延長線上では新しいアイデアというものは生まれません。あなた自身の認識や世界の見方が変わった時に、驚くようなアイデアを生み出すことができるのです。

ではどのようにして既存の考え方を壊していくのでしょうか。それはそれまでの情報を分析・整理していくことで行われます。分析することが考え方を壊していくのです。

そしてジーニアスコードのツールは何か頑張って成果を得るというようなたぐいのものではありません。遊びながら楽しみながら行っていくものになります。

ジーニアスコードは7つのツールからなり、それぞれイメージを使ってアイデアを形にしていくのです。

イメージストリーミング

一つ目のテクニックがイメージストリーミング。自分の内側にあるイメージの流れからヒント得る方法です。これは普段の私達の顕在意識ではなく膨大な量の無意識にアクセスする方法になります。無意識の領域に、アクセスすることで新しいアイデアが生まれてくることになります。

ジーニアスコードは、商品ですのでこれ以上詳細にはお伝えできませんがイメージを使ったアイデアの出し方というものを紹介しましょう。

それはひたすらイメージを紙に書いていくという方法になります。何かお題を書いておき(新しいイノベーションのアイデア等)、浮かんでくるイメージをとにかく書いていきます。そこに意味などはなくていいです。とにかく浮かんできたイメージを描き出してみるということをしていくのです。

そして10分程、絵を書き出したら、その後に、絵の意味について分析していきます。イノベーションに関してどのような関係があるのだろうかと分析していくのです。

例えば「イノベーションのアイデア」というお題で、絵を描き始めたら、

  • スニーカーの絵
  • 少女のイメージ
  • 家のイメージ
  • 電車
  • 大きな洞穴のようなもの

が描けたとします。ここから、例えば、少女が履くスニーカーに関するアイデアかもしれないと考えました。そして電車に乗ってお買い物に行くようなおしゃれなスニーカーであるとともに、洞穴のような探検にもいける丈夫なスニーカーということが分析できるかもしれません。

その他のジーニアスコードのツール

その他には、次のようなツールがあります。

  • オーバー・ザ・ウォール
  • ルシッド・ドリーミング
  • ハイシンクタンク
  • ダイレクト・ラーニング
  • 天才を借りる
  • 高度文明のツールビルダー

例えばオーバー・ザ・ウォールは何か解決したい問題があるときに、壁の向こうからあなたの中に眠る天才が答えを与えてくれるというものです。

ダイレクト・ラーニングは、得たい知識やスキルを本から取得するというものになります。本を絵として取り込むフォトリーディングという方法で、潜在意識の中に情報を写し込んでいきます。

そして質問をすることで、潜在意識の中から答えが浮かんでくるというものです。このようにジーニアスコードは、自分のもつ可能性にアクセスしながら、新しいアイデアを生み出していくというものになります。

ジーニアスコードが無いという人でも、落ち着いた精神状態作り、自分に質問をしながら答え得ていくという方法ならできます。新しいアイデアを生み出してみましょう。

まとめ

イノベーションとは技術革新というイメージを持っている人が多いかもしれないですが、新しいアイデアと商業的成功が必要なものでした。

イノベーションとは、20世紀オーストリアの理論経済学者ヨーゼフ・A・シュンペーターにより提唱された概念。新しいアイデアと商業的成功を収めた変化のことをいいます。

イノベーションには次の種類(段階)がありました。

  • 問題の洗い出し
  • 破壊的イノベーション
  • ブレイクスルーイノベーション
  • 持続的イノベーション

持続的イノベーションとはいまある商品やサービスを改善し既存顧客の満足度を高めることです。持続的イノベーションの例として、最近のセキュリティソフトがあるでしょう。

破壊的イノベーションは、市場が求められているものよりも性能を落として、別の価値を創造するイノベーションになります。最初は性能が低く、既存顧客は見向きもしないことがほとんどです。

しかし既存顧客とは違った顧客に向けて、シンプルで使い勝手が良く、安価な商品やサービスを提供するのが破壊的イノベーションになります。

破壊的イノベーションの例として有名なのが、QBハウスになります。

イノベーションを生み出すには、そのための習慣が必要です。そしてイノベーションを起こすには、前例のないものを生み出す必要があります。そのためには次のような習慣に気を付けるといいでしょう。

  • オフィスから出よう
  • 面白いことに集中・触れ合おう
  • リスクを取り繰り返そう
  • 革新的なゴールを設定しよう
  • 新しいことを取り入れよう

またイノベーションを生み出すための力として、クレイトン・クリステンセンが以下の5つの力を提唱していました。

  1. 問題解決のために新しい質問を生み出す力
  2. 周りの世界を注意深く伺い、物事の仕組みを観察する力
  3. 多様な背景や視点を持った人たちと出会い、繋がる力
  4. 現実の世界を舞台にアイデアを実践、検証する力
  5. 知識分野、産業、地理を超えた意外な結びつきを生み出す力

イノベーションを生み出すツールとして人の持っている潜在的な部分にあるアイデアを引き出すジーニアスコードというものがあります。

ジーニアスコードとはPASONAの法則などで有名なコンサルタントの神田昌典氏がビジネスに使っているツールです。イノベーションを生み出すツールとしても使うことができるでしょう。

神田昌典氏がこのジーニアスコードを使って売り上げた額は、100億円を下らない額になっています。ジーニアスコードは彼だけでなく、会社にも導入した方法になります。

ジーニアスコードは7つのツールからなり、それぞれイメージを使ってアイデアを形にしていくのです。

イノベーションを生み出すために、自分自身の新しい側面を刺激していきましょう。