DANベンチャーキャピタル株式会社は、アメリカやイギリスで成長している株式型クラウドファンディングを運営する会社です。

2015年に日本において金融に関する法律が出来、株式型クラウドファンディングを行うことができるようになりました。

DANベンチャーキャピタルは、若い世代でこれまで資金調達をすることができなかった起業家や、地域に愛される飲食店、高い技術を持つ町工場、伝統工芸などの技術を受け継ぐ人たちが、株式型クラウドファンディングにより新たな資金調達を得ることができることを目指すのです。

株式投資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングの形を使って企業が個人投資家から資金調達する仕組みになります。個人投資家は、その代わりに未公開株を取得することができ、将来売却することでリターンを得ることができるのです。

個人投資家は、株式投資型クラウドファンディングのサイトにある企業の事業計画書などを見ることで、投資するかどうかを決めることができます。

DANベンチャーキャピタル株式会社は、2017年7月第一種少額電子募集取扱業者の登録を終え、2017年9月に株式投資型クラウドファンディングサービスGoAngelを始めました。

DANベンチャーキャピタル株式会社の提供するクラウドファンディング

DANベンチャーキャピタル株式会社の提供するクラウドファンディングとはどのようなものなのでしょうか。

GoAngel(ゴーエンジェル)

DANベンチャーキャピタル株式会社は、アメリカやイギリスで成長している株式型クラウドファンディングを運営する会社です。

2015年に日本において金融に関する法律が出来、株式型クラウドファンディングを行うことができるようになりました。

DANベンチャーキャピタルは、2017年9月に株式型クラウドファンディングを行うことができるGoAngel(ゴーエンジェル)を始めたのです。

始めてから2018年3月までに5社がGoAngelを利用し、全ての会社が目標額を達成することができました。合わせて9200万円の資金調達を成功することができたのです。

DANベンチャーキャピタルの目指すところは、全国にある200万ある株式会社のうち1割の20万社が株式型クラウドファンディングを行うことができる状態になります。

DANベンチャーキャピタルはそれくらい大きな規模で、資金調達することができる可能性があると見ているのです。

そのためにはEXITを前提とした株式の取引から逃れ、個人投資家が企業活動を支援する流れを作ることをしていきます。

そして若い世代でこれまで資金調達をすることができなかった起業家や、地域に愛される飲食店、高い技術を持つ町工場、伝統工芸などの技術を受け継ぐ人たちが、株式型クラウドファンディングにより新たな資金調達を得ることができることを目指すのです。

株式投資型クラウドファンディングについて

株式投資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングの形を使って企業が個人投資家から資金調達する仕組みになります。個人投資家は、その代わりに未公開株を取得することができ、将来売却することでリターンを得ることができるのです。

2015年に第一種金融商品取扱業に少額の投資を行うことができるようになったことで、2017年頃から日本でもサービスが提供されるようになりました。ただし企業は資金調達できるのは1億円未満、投資家は1社あたり50万までしか投資できないという制限があります。今後サービスが広まってくれば、法律も変わる可能性があるでしょう。

個人投資家は、株式投資型クラウドファンディングのサイトにある企業の事業計画書などを見ることで、投資するかどうかを決めることができます。

DANベンチャーキャピタル株式会社は、2017年7月第一種少額電子募集取扱業者の登録を終え、2017年9月に株式投資型クラウドファンディングサービスGoAngelを始めました。

GoAngelは現在、CAMPFIREグループ内で株式投資型クラウドファンディングとして運営されています。CAMFIREはもともと購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」、寄付型クラウドファンディング「GoodMorning」、融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」を行っておりました。

そこに株式投資型クラウドファンディングのGoAngelを継続することとなったのです。

既に多くの起業が株式投資型クラウドファンディングを利用して資金調達をしていますが、今後さらに数は増えていくのではないでしょうか。

まとめ

DANベンチャーキャピタル株式会社は、アメリカやイギリスで成長している株式型クラウドファンディングを運営する会社です。

2015年に日本において金融に関する法律が出来、株式型クラウドファンディングを行うことができるようになりました。

DANベンチャーキャピタルは、2017年9月に株式型クラウドファンディングを行うことができるGoAngel(ゴーエンジェル)を始めたのです。

そして若い世代でこれまで資金調達をすることができなかった起業家や、地域に愛される飲食店、高い技術を持つ町工場、伝統工芸などの技術を受け継ぐ人たちが、株式型クラウドファンディングにより新たな資金調達を得ることができることを目指しました。

株式投資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングの形を使って企業が個人投資家から資金調達する仕組みになります。個人投資家は、その代わりに未公開株を取得することができ、将来売却することでリターンを得ることができるのです。

個人投資家は、株式投資型クラウドファンディングのサイトにある企業の事業計画書などを見ることで、投資するかどうかを決めることができます。

個人でも企業のスタートアップに投資する機会が作られ、さらに株式投資型クラウドファンディングは一般的になっていくのではないでしょうか。