CAMPFIRE Angelsにおいて、資金調達を目指す企業にかかる手数料は、プロジェクトが成立した場合に、株式発行総額の20%(税込み22%)になります。

例えば2000万の資金調達をした場合には、その20%である400万に税金が含まれ440万円が手数料としてかかります。資金調達の募集をする際には、手数料も考えて募集金額を決めるといいでしょう。

一方で投資側は、25万円、50万円の二つのコースから投資することができます。他のサービスに比べてCAMPFIRE Angelsは高めの投資金額です。

振込する際の振込手数料は、投資家の負担となります。そのため、一定回数振り込み手数料が無料である住信SBIネット銀行を利用するのがおすすめです。またその他手数料もかかります。

CAMPFIRE Angelsを利用するメリットは以下の通りになります。

  • エグジットして大きなリターンを得る可能性がある
  • 特典を受け取れるかもしれない
  • 株主総会に参加できる
  • エンジェル税制が利用できる

CAMPFIRE Angels投資のデメリットは、以下の通りです。

  • 投資のハードルが高い
  • 手数料がかかる
  • 損失リスクがある

手数料は銘柄によって変わりますが、最低でも1株あたり5000円の手数料がかかります。25万円の投資をする場合には、2万円程の手数料がかかるというイメージです。

CAMPFIRE Angelsの手数料・メリットやデメリット

CAMPFIRE Angelsの手数料・メリットやデメリットについて見ていきましょう。

企業側・投資側のかかる手数料

資金調達を目指す企業にかかる手数料は、プロジェクトが成立した場合に、株式発行総額の20%(税込み22%)になります。

例えば2000万の資金調達をした場合には、その20%である400万に税金が含まれ440万円が手数料としてかかります。資金調達の募集をする際には、手数料も考えて募集金額を決めるといいでしょう。実際に2000万の資金が必要なのだとしたら、多めに2500万程度の募集をしておいた方がいいです。

一方で投資側は、25万円、50万円の二つのコースから投資することができます。他の株式型クラウドファンディングであるFUNDINNOは約10万円から、ユニコーンは5万円から投資可能であるため、CAMPFIRE Angelsは高めの投資金額でしょう。

また振込する際の振込手数料は、投資家の負担となります。そのため、一定回数振り込み手数料が無料である住信SBIネット銀行を利用するのがおすすめです。また後から詳しく説明しますが、その他手数料もかかります。

ちなみに申込から8日以内であれば申込をキャンセルすることができます。キャンセルした場合は、全額返金されるのです。

CAMPFIRE Angelsを利用するメリット・デメリット

CAMPFIRE Angelsを利用するメリットは以下の通りになります。

  • エグジットして大きなリターンを得る可能性がある
  • 特典を受け取れるかもしれない
  • 株主総会に参加できる
  • エンジェル税制が利用できる

まず出資した企業がM&AやIPOをすれば大きなリターンを得ることができます。出資した額の数倍から数十倍まで大きくなる可能性があるのです。ただしたまに、エグジットしてもマイナスになる場合もあります。

株主優待とは違いますが、企業が感謝の意味を込めて特典を配る場合があるのです。過去にクオカードを配った例があります。

株主になるため株主総会に参加することができるのです。時期になると案内が来て、未上場企業の株主総会に参加できます。

株を購入した時、売却した時のそれぞれにおいて税制上優遇されるエンジェル税制というものがあるのです。CAMPFIRE Angelsの運営会社DANベンチャーキャピタルは、エンジェル税制の認定業者に登録されています。

CAMPFIRE Angels投資のデメリットは、以下の通りです。

  • 投資のハードルが高い
  • 手数料がかかる
  • 損失リスクがある

まず投資のハードルが高いです。CAMPFIRE Angelsは他のサービスに比べて、投資金額が25万円からと高い設定となっています。そのため参加しにくいというデメリットがあります。

さらには手数料もかかるのもデメリットです。手数料は銘柄によって変わりますが、最低でも1株あたり5000円の手数料がかかります。25万円の投資をする場合には、2万円程の手数料がかかるというイメージです。

また株式型クラウドファンディングは、企業が倒産したり、エグジットした場合でも損失が出る場合があるというデメリットがあります。企業が倒産した場合は、ほとんどお金が戻ってくることは無いでしょう。

まとめ

CAMPFIRE Angelsにおいて、資金調達を目指す企業にかかる手数料は、プロジェクトが成立した場合に、株式発行総額の20%(税込み22%)になりました。

例えば2000万の資金調達をした場合には、その20%である400万に税金が含まれ440万円が手数料としてかかります。資金調達の募集をする際には、手数料も考えて募集金額を決めるといいでしょう。

投資側は、25万円、50万円の二つのコースから投資することができます。CAMPFIRE Angelsは、他のサービスに比べて高めの投資金額でしょう。

また振込する際の振込手数料は、投資家の負担となります。そのため、一定回数振り込み手数料が無料である住信SBIネット銀行を利用するのがおすすめです。

CAMPFIRE Angelsを利用するメリットは以下の通りになります。

  • エグジットして大きなリターンを得る可能性がある
  • 特典を受け取れるかもしれない
  • 株主総会に参加できる
  • エンジェル税制が利用できる

CAMPFIRE Angels投資のデメリットは、以下の通りです。

  • 投資のハードルが高い
  • 手数料がかかる
  • 損失リスクがある

手数料は銘柄によって変わりますが、最低でも1株あたり5000円の手数料がかかります。25万円の投資をする場合には、2万円程の手数料がかかるというイメージです。

企業も個人投資家もCAMPFIRE Angelsを利用することで、日本に新しい商品やサービスが生まれる可能性が出てきます。一度利用してみてはいかがでしょうか。