日本を含む諸外国では、今後も少子化が進み、ますます“働き手”が減ってきます。すでにあなたの職場でも、人手不足に陥っていませんか?
仕事は増える一方なのに、会社は人員を増やそうとしてくれない、求人を出しても人が集まらない・・・。結果として、一人当たりの業務量が増え、長時間労働へと繋がり、それに耐えられず退職する人や体調を崩す人が現れ、さらに人手不足が深刻化するという悪循環に陥ります。
そんな“働き方”に関する様々な問題は、実はあなたの職場だけの話ではないのです。

日本人の働き方に一石を投じる“働き方革命”とは

日本人と言えば、勤勉で、真面目で、よく働く。かつて“モーレツ社員”などが持て囃されたように「いつ何時でもとにかく仕事に全力を注ぎ、会社と共に人生を歩んでいく」ことが美徳とされた時代がありました。
しかし、今はこうした旧来通りの働き方は通用しなくなっています
この問題については、政府もすでに動き出しており、2016年9月には安倍総理大臣を議長とした働き方改革実現会議が開催され、日本企業における“働き方”に関する様々な問題についての議論や、制度改革についての検討がなされています。国全体で、日本人の“働き方”を見直す動きが始まっているのです。

1-2

“働き方革命”は、そんな様々な問題を抱えた従来の働き方を変えることによって、次のようなことが実現される可能性を秘めています。

  • 長時間労働が是正される
  • 男女ともに働きやすい環境が実現する
  • 働く個人の生活が充実する

さらに、企業にとっても利益になるように働き方を変えていくというのが“働き方革命”なのです。

革命の柱は“生産性の向上”と“柔軟な雇用形態”

では、どうすれば企業にとっても働く個人にとってもメリットのある新しい働き方を実現できるのでしょうか。
その柱となるのが、

  • 働く一人ひとりの生産性を向上させること
  • 柔軟な雇用形態を企業や社会が受け入れること

の2つです。これらは、働き方の“質”と“量”にそれぞれ対応しています。

1-3

1つ目は、働き方の“質”を高めること。
無駄な業務を洗い出して整理する、属人的に行っていた業務をルール化して誰でも行えるようにするなど、業務の効率化を図る取り組みをイメージするとわかりやすいでしょう。また、IT技術などを積極的に活用することも、生産性の向上に繋がります。新しい付加価値が追従してくる可能性もあります。

2つ目は、働き手の“量”を確保すること。
そのために期待されていることの1つが、フリーランス人材の活用なのです。

今見直される、フリーランスという“働き方”

フリーランスとは、企業に属さず、業務やプロジェクト毎に契約をして仕事を引き受ける働き方です。会社員のように決まった時間に働く必要がなく、自分自身で働き方をコントロールできるという特徴があります。例えば、次のような背景を持つ人は、実際にフリーランスとして活躍できる可能性があります。

  • 育児中のママさん
  • 家族の介護をしている人
  • 自分自身が病気療養中の人
  • 定年退職後でも働きたいと考えている人
  • 会社員であるが余力がある人

雇用する企業側からみても、働き手が減って従業員を確保することが難しくなる現実の中で、フリーランスのような外部の人材を活用することは、不可欠となるでしょう。結果的に、それまで眠っていた労働力を掘り起こすことができるのです。

“働き方革命”で少子高齢化を生き抜く!

では、日本にとって「少子高齢化」が、どれほど喫緊の課題となっているかを考えてみましょう。下の図は、日本の将来人口推計を示したものです。

1-4

全年齢層のうち15歳~64歳を「労働力人口」といいますが、日本の場合、2010年に8,173万人だった労働力人口は、2060年までのおよそ50年間の間に、4,418万人にまで減少すると推計されています。今から50年足らずのうちに、働き手は約半分にまで落ち込むのです!
そんな日本で、この先も生き抜いていくためには、個人も企業も、働き方を大きく変えていく時代となっているのです。

いかがでしょうか。
“革命”なんて大それたことは、ごく一部の人たちの話であり、自分たちには関係ないと思われる方もいるかもしれませんが、それは違います!
“革命”とは、一個人や一組織が起こす“小さな変化”が融合し、やがて大きな流れとなることによって、達成されるものです。まずは、自分ができる小さなことからで構いません。少しずつでも自分の中で変化を起こしていくことが、今後の少子高齢化時代を生き抜く術となるでしょう。