デジタルトランスフォーメーションによる働き方革命

デジタルトランスフォーメーション(デジタルテクノロジーによる変革)の波は、今や我々の生活のあらゆる場面に及んでいます。 そんなデジタルトランスフォーメーションによって、人も企業も、そして社会全体もが幸せになるための“働き方革命”を起こすべく、様々な問題について考えるブログです。

LIFESHIFT
人は自発的に長時間労働をしている?2つの視点で現状を見つめ直す(後編)

前編では、アドラー心理学の視点から長時間労働について考え、“目的論”と“課題の分離”という考え方をご紹介しました。後編では、ラ・ボエシの『自発的隷従論』の視点から、なぜ人は長時間労働をしてしまうのかについて考えていきたいと思います。

LIFESHIFT
人は自発的に長時間労働をしている?2つの視点で現状を見つめ直す(前編)

政府の働き方改革などで注目を集める長時間労働の問題。「仕事が楽しくて仕方がない」という方がいる一方で、多くの方は、様々な理由によって“仕方なく”その状況を受け入れているのではないでしょうか。しかし、そんな“仕方なく”行っているはずの長時間労働は、実はあなたが“自発的”に行っているのかもしれないのです。

LIFESHIFT
ダイバーシティは何のため?デジタル時代を生き抜く2つのポイント(後編)

前回の記事では、デジタル時代を生き抜くための1つ目のポイントである“イノベーション”という観点から、企業におけるダイバーシティの重要性を考えました。後編では2つ目のポイントとして、“カスタマーエクスピリエンス”という観点から、ダイバーシティの重要性を考えていきます。

LIFESHIFT
ダイバーシティは何のため?デジタル時代を生き抜く2つのポイント(前編)

「ダイバーシティを尊重せよ」という社会の流れは企業にも及んでいます。しかし、単に「社会の流れだから」と取り組みを進めても、社内に混乱をきたす可能性もあります。では、何もしなくてもいいのか、と言えばそれは違います。目的意識を持って取り組めば、ダイバーシティは来るべきデジタル時代を生き抜くための鍵となり得るのです。

LIFESHIFT
多様な働き方が選べる時代、必要なのは“肯定的なあきらめ”?

“多様な働き方”は、“働き方改革”の軸と言うべきものです。多くの人が自分にあった働き方を選択し、活躍できる。それは非常に理想的に思えます。一方で、「急に『働き方を選んでいい』と言われても、どうしたらいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。そんな難しい”選択”の問題について考えます。

LIFESHIFT
“デジタルトランスフォーメーション”には、“攻めのIT活用”が必要(後編)

前回の記事では、“攻め”と“守り”という視点からIT活用について考え、“デジタルトランスフォーメーション”を進めるためには、“攻めのIT活用”が必要であるとご説明しました。今回は、そんな“デジタルトランスフォーメーション”を実行していくうえで、人間に何が求められるのか、経営学の視点から考えてみたいと思います。

LIFESHIFT
“デジタルトランスフォーメーション”には、“攻めのIT活用”が必要(前編)

“デジタルトランスフォーメーション”という言葉をご存知ですか?“デジタル”による“トランスフォーメーション=変革”というと、「IT化による業務改善なら、うちの会社でも既にやっているけど」と思われるかもしれません。しかし、“デジタルトランスフォーメーション”には、一歩進んだ“攻めのIT活用”が必要になるのです。

LIFESHIFT
幸せに働くために、ワークライフバランスより働き方革命を!

“働き方の見直し”などと言ったときに、真っ先に思い浮かぶフレーズの1つが“ワークライフバランス”です。最近では、人材の獲得のために、“ワークライフバランスの充実”をアピールする企業も珍しくありません。しかし、ワークライフバランスを実現できたとして、それが本当に幸せに働くことに繋がるのでしょうか。

MAIN
AIは人間の敵か味方か?AIと協働する“ケンタウロス”という働き方

働き方に関するキーワードの中で注目したいものの1つが“AI(Artificial Intelligence; 人工知能)”です。「日本の職業の約半分がAIやロボットで代替可能になる」とも言われる中、果たしてAIは人間の敵となるのか味方となるのか。”ケンタウロス”というキーワードから考えます。

MAIN
”副業解禁”は人材獲得のチャンス!副業人材活用のための2つのポイント

政府の“働き方改革”の一環として、話題の”副業解禁”。実際に副業解禁に向けて検討している企業も多いのではないでしょうか。しかし、ここで検討すべきは、“自社の社員が副業を許可するか否か”だけではありません。“他社で働く優秀な人材を、副業人材としていかに獲得し、活用していくか”について考える必要があるのです。

MAIN
“副業”の一歩先へ!長寿化時代に必要な“パラレルキャリア”とは?

政府が掲げる“働き方改革”のテーマの1つ、“副業解禁”。“副業なんて単なる小遣い稼ぎにしかならない”などとお考えの方もいるかもしれませんが、本業以外の活動をすることは、これからの時代に必要な“パラレルキャリア”を築くきっかけになるかもしれないのです。

MAIN
”働き方改革”だけでは終わらない!巻き起こる“働き方革命”

働き方に関する問題について、メディアで話題になる際によく用いられる“働き方改革”と“働き方革命”という2つの表現。政府が掲げているのは“働き方改革”ですが、では“働き方革命”とは何なのか。今回は両者の違いとともに、“働き方改革”だけでなく、なぜ“働き方革命”が巻き起こりつつあるのかについて考えたいと思います。

MAIN
“みんなの顔が見える”中小企業こそ“働き方革命”を!

2016年、政府が“働き方改革”を掲げて取り組みを始めるなど、“働き方”に関する議論が一気に加速しました。とはいえ、「そういうのは一部の大企業の話で、うちみたいな中小企業には関係ない」などと考えていませんか?実は中小企業にこそ“働き方革命”が必要であり、また、中小企業だからこそ優位に立てる点もあるのです。

MAIN
男性こそ注目!“働き方革命”で変わる女性の働き方

働き方を語る上で、避けては通れない女性の働き方の問題。男女雇用機会均等法の施行に始まり、産休・育休や時短勤務の普及、管理職への積極登用など、女性の働き方はこの数十年で大きく変化してきました。そして、今巻き起こりつつある“働き方革命”も、女性の働き方を変えていきます。その変化は、男性にも無関係ではないのです。

MAIN
他人事じゃない!“働き方革命”で広がるフリーランスという選択肢

今、世の中には“働き方革命”の波が押し寄せつつあります。その柱の1つが“フリーランス”という働き方。一方で、“フリーランスって会社員よりも不安定では?”“自分は一生、会社員として生きていくから関係ない”と思われる方もいるでしょう。今回はそんなあなたにこそ、“フリーランス”という生き方をご紹介します!

MAIN
働き方革命は“生産性の向上”から!

あなたは自らの仕事の“生産性”について考えたことがありますか?「最近よく聞く言葉だけど、実はよく知らない・・・」という方も多いかもしれません。 前回の記事 で少子高齢化時代を生き抜くためには“働き方革命”が必要であるとご説明しましたが、今回はその1つ目の柱である“生産性の向上”について掘り下げたいと思います。

MAIN
少子高齢化を生き抜くために!“働き方革命”2つの柱

日本を含む諸外国では、今後も少子化が進み“働き手”が減ってきます。あなたの職場はいかがですか?仕事は増える一方なのに、求人を出しても人が集まらない。一人当たりの業務量が増え、長時間労働へと繋がり、退職する人が現れ、さらに人手不足が深刻化・・・。そんな“働き方”の問題は、あなたの職場だけの話ではないのです。

PICKUP

”働き方改革”だけでは終わらない!巻き起こる“働き方革命”

働き方に関する様々な問題について、政府が積極的に議論を進める中で、メディアで話題になる機会も多くなりました。その際によく用いられるのが、“働き方改革”と“働き方革命”という2つの表現です。政府が掲げているのは“働き方改革”ですが、では“働き ··· 

デジタルトランスフォーメーションによる働き方革命

Powered by VENTURE NET
https://www.venture-net.co.jp/
03-6265-9581